無料ブログはココログ

« イグ・ノーベル賞候補と呼んでください! | Main | 敵の敵は味方 »

September 30, 2010

光ファイバ

世界最高速の光可変分散補償動作を実証


独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 野間口 有】を拠点とする「光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点」においてネットワークフォトニクス研究センター【研究センター長 石川 浩】光信号処理システム研究チーム 並木 周 研究チーム長、谷澤 健 特別研究員は、産総研拠点協働機関である株式会社 トリマティス【代表取締役 島田 雄史】と共同で、マイクロ秒オーダーで高速動作する光可変分散補償技術を開発した。

 光ファイバー伝送の阻害要因である波長分散(以下「分散」という)を自動で取り除く技術である可変分散補償は、従来技術では原理的に高速動作が不可能であった。これに対して産総研は新しい原理に基づく独自のパラメトリック可変分散補償方式を提案してきたが、このほど、同方式にトリマティスの小型波長可変レーザーの高速制御技術を適用することによって、従来技術の100分の1以下であるマイクロ秒オーダーの応答時間を達成した。この成果は、産総研が推進する将来の高精細映像情報を極低エネルギーで転送するダイナミック光パスネットワーク技術開発に貢献する。

要は光ファイバ伝送が早くなると(^^;)。

パラメトリック可変分散補償方式の応答速度は、波長変換のために高非線形ファイバーの四光波混合を励起する光(以下、ポンプ光)の波長切り替えの応答速度に依存する。産総研は、およそ10マイクロ秒程度で波長の切り替えが可能な小型波長可変光源の高速制御を開発し、これを用いた高速パラメトリック可変分散補償装置を開発した。図1に産総研の開発した高速動作可能なパラメトリック可変分散補償器の構成と動作原理を示す。信号光(周波数ω0)は、前段の波長依存分散媒質を伝搬後に、高速・小型波長可変光源からのポンプ光(周波数ωp)とともに高非線形ファイバーを伝搬する。縮退四光波混合により、ポンプ光の周波数ωpを変えることで、ω1=2ωp-ω0の関係を満たす周波数ω1の変換光を得ることができる。光フィルターで変換光のみを選択的に取り出し、後段の波長依存分散媒質を伝搬することで、変換光は、変換波長に応じた分散を受ける。この構成が補償する分散は、ω0の周波数における前段の分散媒質の分散と変換後の周波数ω1における後段の分散媒質の分散の差となる。高速・小型可変光源を用いることで、ポンプ光の波長の切り替え、つまり、分散の可変補償を高速に行うことが可能となる。

Sansokenfig2

う~ん、光ファイバって結構複雑なんですね。ちょっとよくわかんないや。


いい加減帰ります。今日はもう疲れた。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« イグ・ノーベル賞候補と呼んでください! | Main | 敵の敵は味方 »

自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 光ファイバ:

« イグ・ノーベル賞候補と呼んでください! | Main | 敵の敵は味方 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31