無料ブログはココログ

« 輝け!日本人ノーベル賞 | Main | プリンタ・ゴースト特許お値段7000万円 »

October 19, 2010

生物多様性ですか。。。

ビジネスパーソンのための「COP10の歩き方」

10月に開かれるCOP10の結果にかかわらず、企業が今後、生物多様性の保全を強く求められるのは必至だ。対応が後手に回れば、原材料や商品を安定的に調達できなくなる恐れがあるだけでなく、企業の信頼を損ねかねない。COP10後に、産業界ではどんな動きが広がるのか。4つのシナリオが考えられる。

 第1に、生物多様性保全の取り組みを定量的に評価する「指標」を求める動きだ。自社が生物多様性にどんな影響を与えているかを把握し、対策の優先順位を付けて具体的な行動を起こすには“物差し”が必要になる。

 第2に、「生態系サービスへの支払い(PES)」が挙げられる。COP10を境に自然はタダではないという認識が広まれば、自社が恩恵を受ける森林や河川の保全に資金や人材を提供する企業の評価は高まる。

 第3が、「遺伝資源の利用取得と利益配分(ABS)」だ。生物資源の利用で配慮を怠れば、資源提供国から訴えられたり、国際的な信頼を失い原料の安定供給に影響したりする恐れがある。対応は待ったなしだ。

 第4が、「認証」制度の活用。FSC認証やMSC認証など第三者機関がお墨付きを与えた認証製品の利用は生物多様性を保全している証になり、対外的にもわかりやすい。

 指標作りについては、電機メーカーを中心に既に動きが活発になっている。

これは、エコロジーとか、リサイクル社会、持続可能社会と何か違うんだろうか。

てか、むやみな森林伐採は止めましょう、石油資源は有効に使いましょう、の範疇じゃないかと。

生態に感心を持ってもらうためにネーミングを10年周期くらいで変えていることはわかるがね。

●生物多様性条約[ Convention on Biological Diversity ] 地球上の多種多様な動植物種を保護する条約。地球上には、確認されているだけでも、140万種の動植物がいるが、年間4万種が絶滅している。1992年の地球サミットを機に採択され、94年11月に生物多様性条約第1回締約国会議をバハマで開いた。生態系保全のための技術移転の進め方や資金調達問題などについて議論する。日本はこの条約に基づいて生物多様性国家戦略を95年10月に策定、2002年春には新生物多様性国家戦略を作った。10年10月には名古屋市で第10回締約国会議(COP10)が開かれる。

4万種減っている現状において何が問題なのか、教えてほしいですな。

しかしであるね、昔のアメリカに出てくる、ネイティブアメリカンみたいな服を着て、マリファナ吸って、自然に帰ろうとか言っていたヒッピーが、結局壮大な金儲けを目論み、彼の事業計画書通り動かされている気分になるのはアマサイだけでしょうか。

エコロジストって基本うそつきだから。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 輝け!日本人ノーベル賞 | Main | プリンタ・ゴースト特許お値段7000万円 »

「ものの考え方」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/49786083

Listed below are links to weblogs that reference 生物多様性ですか。。。:

« 輝け!日本人ノーベル賞 | Main | プリンタ・ゴースト特許お値段7000万円 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31