無料ブログはココログ

« 光ファイバ | Main | 人間大事なのはプライドっすよ。 »

October 01, 2010

敵の敵は味方

表題でTwitter の知財クラスタはどよめき(?)ました。

FSF、特許訴訟でGoogleをしぶしぶ支援

これまでFSF(Free Software Foundation)は、GoogleのAndroidに対するOracleの特許訴訟について静観してきた。しかし今週になって、FSFのコンプライアンス担当エンジニアであるBrett Smith氏は、FSFがこの訴訟に反対していることを述べたが、Googleに対する支援はいくらか消極的なものだった。

2006年にSun MicrosystemsがJavaのオープンソース化にGPLライセンスを採用して以来、FSFはそれが破られる行動がないか常に関心を抱いてきたことに注意しなければならない。Oracleにとっての勝利は、Javaを他のところでも使えるようオープンにしておくこと、そして、GPLに対する、いわゆる「パテントトローリング」への道を開くことだろう。

Oracleの訴訟は、SunがJavaをオープンソース化して以来 「築き上げてきた善意すべて」を脅かすものであるとSmith氏は主張している。

別にそんな騒ぐほどのニュースではないんだよね。敵の敵は味方ということで。

JRubyの開発リーダーであるCharles Nutter氏を含む多くの人が、Oracleの訴訟が根拠としている7つの特許のほとんど、あるいは、すべてが従来技術によってカバーされるはずだと主張した。もちろん、このレターが書かれた時点では、Oracleは今日のようにデータベース市場のトップではなく、Sybase、IBM、Ingresなど確固たる競合と争っており、SQL Server開発のためのAshton-Tate、Sybase、Microsoftのパートナーシップという新たな脅威と直面していた。

まっ、そういうことです(^^;)。ソフトウエアが1業界の問題になることはなくて、多様な分野に汎用性を持つから、「しぶしぶ」でも支援しなければいかんのですなあ。

しかしですね、オラクルの特許をつぶしたとして、他に余波があるんじゃないかと心配しています。その対抗に使った特許で、また既存の他の特許もつぶすとかありそうで。
まだ、そのオラクルの特許を見てないんでなんとも言えませんが。

Charles Nutter氏のブログはおもしろそうです。
http://blog.headius.com/2010/08/my-thoughts-on-oracle-v-google.html

オラクルはこんな性格の悪い会社でしたかね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 光ファイバ | Main | 人間大事なのはプライドっすよ。 »

知的財産」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 敵の敵は味方:

« 光ファイバ | Main | 人間大事なのはプライドっすよ。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30