無料ブログはココログ

« 野沢那智、逝去 | Main | りんごちゃん、反撃すっ! »

November 01, 2010

こくご

Twitterで国語教育についてつぶやいてみた。

--------
自分の学校時代を考えても、源氏物語なり、夏目漱石の世界に憧れて国語教員になった人ばかりのようでした。作文教育がイマイチ充実しないのは教員自体が作文が嫌いなのかも。指導がめんどくさいからね。
posted at 16:26:23

文科省はTOEIC世界何位を気にしても、国語力の低下は意に介さないようだ。学校教育が一番子供の国語力に寄与しているはずだが。国語力がないのに英語を学ばせても、挨拶以上に発展しないというのは自明だと思うが。
posted at 16:34:49

私もそう考えています。教員の意識も問題です。高校の時「昔は女子で国語が苦手な子っていなかったけど」という言葉が思い出されます。日常的に小説をよんでいればわざわざ学校で教えることもないという考えです。そういう牧歌的な時代は終わりましたよね。
posted at 18:34:29

日常的に読書していれば、国語教科が必要ないというのは賛成なのさ。だって、古典を除くと、教員の固有の思想を語っているだけでしょ、国語の授業って、そうならないために、外国語に似せた体系にした方がいいかもしれない。
posted at 18:39:07

外国人への日本語教育と連携して考えたらどうかなと思います。英会話のイギリス人講師の日本語テキスト見せてもらったら、論説文なんかが教材でした。やはり国語教育を反映してるようでした。
posted at 19:27:00

ディベート教育に一番馴染まないのは(文学系)の国語の先生でしょうね。文学鑑賞はとても大事ですけれど。
posted at 19:29:51

今の人は明治~昭和前期の小説を極端に読まないみたいなので、鑑賞の仕方みたいのは国語で教えないといけないかなと思います。これから何十年も、漱石・鴎外等でいいのかという疑問はありますが。
posted at 20:19:38

漱石3部作なんて不倫の話でしょ。あんなの中学・高校の推薦図書でいいのか、という疑問はあります。でも、それによって、情緒教育、性教育?までまかなっているのかしら。疑問はあるけど、これらの文学を否定する有効な反論は持っていません。
posted at 20:24:17

男子より女子の方が国語能力に長けているのは疑いようが無いと思います。基本おしゃべりだし←重要、今でも交換日記みたいのしてるらしいし、物語を空想するのも読むのも好きな子が多いです。これは万国共通みたいですね。
posted at 20:32:52

と言っても私は不完全文学少女だったのでそんなには読んでないです。米原万里さんは父君に、帰国したとき恥ずかしくないよう日本文学全集を読みなさいと言われたようです。そういう教育でも受けないと全部は読まない。で、帰国して高校の同級生は、米原さんの半分も読んでいなかったそうです。
posted at 20:42:30

国語教育以上に大事なものなんて学校ではありません。。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 野沢那智、逝去 | Main | りんごちゃん、反撃すっ! »

教育一般」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/49903743

Listed below are links to weblogs that reference こくご:

« 野沢那智、逝去 | Main | りんごちゃん、反撃すっ! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30