無料ブログはココログ

« やるときゃやるよ、俺たちゃ、ゲーマー | Main | ニュートリノ »

September 22, 2011

ソーシャルテクノロジー

石井裕MIT教授が語るソーシャルテクノロジーの近未来/Tech総研
http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001755

日付9月19日なんで、こないだの講演かなと思ったら、去年のだね。ここ数年毎年リクナビで話しているということか。

──単に高機能のデバイスを作るというだけでは、十分ではないということですね。

 これまではともすると、コンピュータのハードウェアスペック:CPUスピード、メモリ容量とか通信のバンド幅といったミクロなスペックに目が行きがちだった。しかし、これから大事なのは、マクロな視点からみたダイナミックな情報の流れをいかに押さえるかです。

 例えば Apple。iPhoneやiPadの画面の精細さや、その使いやすいインターフェイスに驚いていてはいけない。 Appleがすごいのは、音楽配信の仕組みを、iTunesという完璧に閉鎖的なアーキテクチャで構築し、支配的なビジネスモデルをあっという間に作り上げてしまったことです。彼らは情報の流れをコントロールしていて、音楽配信の分野では誰も容易に参入できなくなっています。

  Apple だけではありません。クラウドコンピューティングのそもそものパイオニアは、GoogleでありAmazonです。Amazonはクラウドベースでビジネスを展開するパワフルなインフラを持っています。それを使って多くの企業がクラウドベースのサービスを始めています。大事なのはデバイスをいくら作っても、いくらよいソフトを書いても、情報が流れるその仕組みをしっかり押さえておかない限り、単なるone of themにしかなれないということです。

まあ、この業界にありがちな、コンセプトを打ち出して名前をつけるということですよ。

♪それが一番大事♪

しかし、その思いつきを真っ先に実装してビジネスを展開したのは、例えば米国西海岸やシアトルの人間達だった。東京じゃなかった。なぜかと聞かれてもよくわからない。しかし事実は事実だ。悔しいけれど。

なぜか、日本ではそのようなことが些末なことと思われているのです。それこそ、なぜかわかりません。こんなに多く事例があるのに。

──日本でも現在ソーシャルゲームが急成長しています。なぜ今「ソーシャル」がもてはやされるのでしょうか。

 それは当たり前の話です。人間はソーシャルな動物であり、常に誰かと一緒にいたい、一緒に語りたい、人と協業したい、つまりコミュニティをつくりたがる動物なのだから。

 かつてダグラス・エンゲルバートは、コミュニティにより可能になる集合知に着目し、「コレクティブ・インテリジェンス」という概念を提唱した。それを可能にするインフラが生まれ、それを可能にするモデルが登場した。例えば Wikipediaです。多くの人の懐疑をよそに、Wikipediaはオープンで誰もが編集できる百科事典として、人々の集合知を結集する場になろうとしている。これは、コレクティブ・インテリジェンスの理想型を示すものなのです。

 FacebookにもmixiにもTwitterにも、もちろんダークサイドはあるでしょう。しかし、コミュニティのなかで情報を共有し、そこから新しい知を生み出したいというポジティブなニーズが、そうしたSNSのコミュニティを支えている。それは人間の根本にあるニーズに沿ったサービスです。

 ソーシャルゲームもまた、単に個人の暇つぶしの娯楽ではなくて、教育やコラボレーション機能をもつもの。ゲームは刹那的なエンターテインメントを超えた、より広い人類への貢献ができる可能性を持っている。ゲームを超えたbeyond gameという視点で考えたらいいと思う。鍵になるのはコミュニティを形成する機能だ。それこそが、これからのアプリケーションやサービスの中心的テーマであることは間違いありません。

まあ、そうですね。そして、協業したいと一番切望しているのは研究者なる人たちですね。交流することで新しいアイデアだとか、新しいアイデアが生まれるので。

演劇も初めはみんなアングラですよね。河原○○と言われたのはそんなに昔じゃないし。あれも何らかのコミュニケーションだし。

Twitter考えた人はすごい賢いなあと思うのです。facebookは創業者のダークな面がありありと。

テクノロジーのユーザーだけじゃなくて、発信者になりたいと思うているアマサイです。

私も能書きを垂れてお金がもらえる人になりたいw。管理人に清き一日一回、人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« やるときゃやるよ、俺たちゃ、ゲーマー | Main | ニュートリノ »

「ものの考え方」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/52800111

Listed below are links to weblogs that reference ソーシャルテクノロジー:

« やるときゃやるよ、俺たちゃ、ゲーマー | Main | ニュートリノ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31