無料ブログはココログ

« インクジェット印刷で有機半導体デバイス | Main | 生物多様性条約 »

September 04, 2011

『山と渓谷』

ヤマケイ、『山と渓谷』という山好きのためが雑誌があります。
アマサイは高校のとき登山部だったので、そのころは読んでいました。

詳細言うならば、アマサイが高校のときはワンダフォーゲル(最近そう言わないな)は下火で、部員が一年生3人だけだったのだ。2年生の先輩は、すまなそうなに退部していった。そしてアマサイ達が進級するときにそのうちの一人が辞めたいと言いだし、新入生も入る様子がなくて、解散ということになったのであった。

大会(昔は登山のチームワークを競うワンダーフォーゲル大会というのがあった)に上位を連ねた歴史ある部活だったんだけどね。

それが、ハイキング部というのが併設されていて、そっちはそこそこ部員がいたのだ。その当時は、娯楽も少ないから、それこそ、ハイキングコースで女子が語りながら歩き、お弁当を食べるのはなかなかよい趣味であった。辞めた子はそっちに入部したのだ。裏切り者と思わないでもなかったが、やはり、ハイティーンの女子に「登・山・部」というのは重い感じだったのだ。かる~いことがもてはやされた時代だったから仕方がない。

アマサイは、廃部になったからと言って宗旨変えなどできるか、と思ったが、やはり野山を歩く魅力には勝てず、2年の三学期にハイキング部に入部したのである。

2年の3学期って、普通部活引退する時期だろ、と皆に言われたが( ̄▽ ̄;)
毎日トレーニングとはするわけじゃないんで、受験生にも気分転換は必要、ということなのである。

で、整体の待合い室にあったのがヤマケイの3月号。こんなタウン誌みたいになっちゃったのか。

Photo

山ガールの時代だからな。と思ったらバックナンバーは普通に山と渓谷の写真だった。

http://www.yamakei.co.jp/products/list.php?pcid=1&cid=1

今考えれば、楽しい高校時代だったなあ。そして今の管理人の喜びは、一日一回、人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« インクジェット印刷で有機半導体デバイス | Main | 生物多様性条約 »

「趣味」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/52641261

Listed below are links to weblogs that reference 『山と渓谷』:

« インクジェット印刷で有機半導体デバイス | Main | 生物多様性条約 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31