無料ブログはココログ

« 今度は富士フイルムとコダック | Main | 標準規格 »

October 19, 2011

恒星を引き裂くモノ

特許訴訟の話ばかりで暗くなるんで、明るいお話を。

明るいと言えば、天体。

ブラックホールですけどね。

恒星を引き裂くブラックホール

【2011年10月14日 アリゾナ大学】
ブラックホールが、その強い重力によって恒星をばらばらに引き裂いていると考えられる現象がとらえられた。この現象は超高エネルギー宇宙線の発生源という可能性もあり、さらなる研究が期待される。

ブラックホールは非常に重力の強い天体だ。そのすぐ近くを恒星が通ると、恒星のブラックホールに近い側にかかる重力と遠い側にかかる重力に大きな違いが生じ、恒星がばらばらに引き裂かれてしまうと考えられている。

このような現象によって引き裂かれたガスの一部はブラックホールへと落ち込み、数日から数ヶ月にわたって「TDF」(tidal disruption flare:潮汐破壊フレア)と呼ばれる閃光現象を起こすと推測されている。これを観測することは近年の天文学上で重要なトピックだと思われてきた。

これまでX線や紫外線で観測する宇宙望遠鏡がこういった現象らしきものをとらえた例はあったが、誤発見やバイアスを避けるためにはなるべく多くの観測データを使ってたくさんの実例を集める必要がある。今回初めて、地上の可視光望遠鏡による銀河のサーベイデータからこの閃光の実例を複数発見することに成功した。

宇宙で起きる突然明るくなる現象としては、超新星爆発や、ブラックホールを持つ銀河中心の活動銀河核(AGN)の降着円盤からの発光なども存在するため、それらと区別する必要がある。TDFが数日から数ヶ月にわたって発光を続けているのに対し、超新星爆発は短期間で暗くなり、またAGNは何度か発光現象を繰り返すので、継続的に観測を行っていれば区別が可能だ。

そこで研究チームが利用したのがスローン・デジタルスカイサーベイ(SDSS)のデータだ。SDSSには10年以上にわたって繰り返し測定された、200万個以上もの銀河のデータがあり、この中から342例の発光現象を見つけた。そのほとんどは超新星爆発かAGNの発光現象だったが、その中で2例だけTDFが見つかった

アリゾナって砂漠ばっかし?天体観測にはよさそうです。

例のごとく、このニュースが天文学史上どのくらいの意義を持つのかはアマサイにはわかりませぬ。

しかし、天文画像はロマンをかき立てますね。

アルマ望遠鏡が始動しました。どんな報告が見られるか、楽しみです。管理人が喜びます。一日一回、人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« 今度は富士フイルムとコダック | Main | 標準規格 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/53027072

Listed below are links to weblogs that reference 恒星を引き裂くモノ:

« 今度は富士フイルムとコダック | Main | 標準規格 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30