無料ブログはココログ

« クマゼミと戦う! | Main | ウルトラブックって。。。 »

November 08, 2011

CSRがモバイル端末向け位置情報LSI

複数の無線信号で屋内位置情報を正確に把握、CSRがモバイル端末向け位置情報LSIの次世代品でカーナビ向けSoCの新版も発表
2011/11/04 18:19竹居 智久=日経エレクトロニクス


英CSR社は、GPSなどの衛星測位システム(GNSS:global navigation satellite system)や、無線LANなどの無線通信システム、加速度センサなどの外部センサから取得した情報を用いて、屋内外を問わず正確な位置情報を得られる位置情報LSI「SiRFstarV」を発表した。スマートフォンなどの携帯型端末での利用に向ける。同時に、複数の衛星測位システムに対応する位置情報取得回路を集積するカーナビ向けSoCの新版「SiRFprimaII」を発表した(英文の発表資料)。

 SiRFstarVの特徴は、GPSやGLONASS、Galileoといった各種のGNSSの受信回路だけでなく、位置情報を取得するために無線LAN、Bluetooth Low Energy(BLE)、GSMの受信回路を備えたことである。送信回路は持たない。これらの受信回路によって、「どのMACアドレスの無線LANアクセス・ポイントの電波強度がどのくらいか」「GSMサービスのどの基地局の電波強度がどの程度か」「BLEによってどのような位置情報を受信したか」といった情報を集め、それを基に屋内やビルの谷間などにおける位置情報の精度を高める。CSR社はこれを「スニッフィング(sniffing)」と呼んでいる。

 SiRFstarVはI2Cバス・インタフェースを備えており、加速度、角速度、地磁気、圧力といった各種の外部センサを接続できる。GNSSの信号を取得できなくなってからの移動経路を推定する歩行者用推測航法(pedestrian dead reckoning)などのためである

Csrlsi

このあいだまで無線工学の勉強をしていたので、とても興味があります。送信回路を持たない、装置がシンプルになってよさげです。


試験勉強が役に立たないというのは嘘です。理論と実務両方やって技術を深く理解できるのです。管理人が喜びます。一日一回、人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« クマゼミと戦う! | Main | ウルトラブックって。。。 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/53189903

Listed below are links to weblogs that reference CSRがモバイル端末向け位置情報LSI:

« クマゼミと戦う! | Main | ウルトラブックって。。。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31