無料ブログはココログ

« 特許VS独禁法 | Main | CSRがモバイル端末向け位置情報LSI »

November 07, 2011

クマゼミと戦う!

NTT西、クマゼミに勝った 光ケーブル被害とめる 2011.11.5 産経新聞

 西日本を中心に生息するクマゼミが、夏にNTT西日本(大阪市)の光ファイバー通信の家庭用ケーブルを、木の枝と間違えて産卵し断線させる被害が平成17年ごろから多発していたが、NTT側が21年に開発した最新型ケーブルは、3年連続で被害が0件だったことが分かった。単純にケーブルの被膜を厚く硬くすればよさそうだが、ケーブルが太く硬くなり過ぎれば敷設工事の障害となる。頭を抱えていたNTT側とセミの攻防は、NTT西に“軍配”があがったが、その裏には猛暑とたたかう研究員たちの苦労があった。

産卵し切断する、ってすごくないですか、クマゼミすごくないですか!

Trd11110522440014n1

光ファイバーケーブルに産卵管を突き刺すクマゼミ(NTT西日本提供)

その結果、ケーブルを覆うプラスチック系被膜を、産卵管でも傷つきにくい硬さに改良したうえ、さらに被膜の最薄部の厚さを約0・4ミリに保つことで、産卵管がケーブルの心線に達しない最新型のケーブルが完成した。

 開発に携わったNTT情報流通基盤総合研究所アクセスサービスシステム研究所(茨城県つくば市)の主幹研究員、高見沢和俊さん(48)は「(被膜を)単純に硬くすれば当然、クマゼミも産卵が不可能になることは分かっていたが、硬くしすぎるとケーブル開通工事の作業効率が落ちるため、そのバランスが難しかった」と苦労を打ち明ける。顕微鏡で0・1ミリメートル単位の刺し傷の深さを分析する毎日だったという

すごい発明ですなあ。

人間常に自然の脅威と戦うわけですな。管理人が喜びます。一日一回、人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« 特許VS独禁法 | Main | CSRがモバイル端末向け位置情報LSI »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/53180225

Listed below are links to weblogs that reference クマゼミと戦う!:

« 特許VS独禁法 | Main | CSRがモバイル端末向け位置情報LSI »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31