無料ブログはココログ

« 携帯があればそれでいい。 | Main | 分子雲で宇宙を探る。 »

December 05, 2011

歯の幹細胞

歯の幹細胞で脊髄損傷治療 神経再生し、運動機能回復

 人の乳歯や親知らずから取り出した、骨や神経などさまざまな細胞に成長する幹細胞を、脊髄を損傷したラットに移植すると、中枢神経が再生し下肢の運動機能が回復することを、名古屋大の上田実教授(顎顔面外科)らの研究チームが明らかにし、1日付の米医学誌電子版に発表した。

 ラットの実験では、歯の幹細胞は移植しても腫瘍は形成されなかった。上田教授は「胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療よりも倫理や安全面のハードルが低く、脊髄損傷の治療に新しい可能性を提供でき、医療廃棄物の有効利用も可能」と話している。

K大のPセンセがこの記事を取り上げていたので、重要なのかなと。「(iPS細胞)を使った再生医療よりも倫理や安全面のハードルが低く」というのがキモなのですかね。まだこれらは、危険性を払拭できていません。これは京大の山中教授も認めるところです。

医療技術で安全性を担保することは非常に困難に思えます。

医療研究は人の命を預かるものですから、慎重にかつ大いにやってほしいものです。一日一回、人気ブログランキングぷちっとな。【押す】≪コメントはここ

« 携帯があればそれでいい。 | Main | 分子雲で宇宙を探る。 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/53408327

Listed below are links to weblogs that reference 歯の幹細胞:

« 携帯があればそれでいい。 | Main | 分子雲で宇宙を探る。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31