無料ブログはココログ

« February 2012 | Main | April 2012 »

March 29, 2012

SIMカード

ノキア:「アップルの規格が採用されたら、関連特許は提供しない」- 次世代SIM規格争いが過熱


次世代の小型SIMカード--「ナノSIM」("nano-SIM")の規格策定をめぐり、アップル(Apple)と、ノキア(Nokia)など複数の競合端末メーカーとの間で争いが生じていることは既報の通りだが、この件に関して欧州時間29日、ノキアが新たな声明を発表した。

同社はこのなかで、アップルのSIM規格について改めて「欧州電気通信標準化機構(European Telecommunications Standards Institute:ETSI)の必要条件を満たしていない」とした上で、アップルの規格が標準となった場合、ノキアでは自社で保有するSIM関連特許の提供を拒否するとしているという。

アップルは先ごろ、次世代のSIM規格に関し、「自社が推す新型SIMカードの規格が標準に採用された場合、アップルが持つこのナノSIMに必要不可欠な特許をロイヤリティフリーで他の企業にも提供する」という内容の手紙をETSIに送ったことが報じられていた。これに対し、ノキアは「アップルは自社推進のSIMに必要不可欠な特許など何も持っておらず、ロイヤリティフリーでの特許提供という言い分は、単に他のSIM規格の価値を貶めるためのものだ」との声明を出していた。

SIMカード、イマイチわかっていないアマサイです。携帯買い換えたとき入れ替えるマイクロチップですよね。でも海外にいて一時帰国した人が「日本でのSIMは・・」とかツイートしてる意味がよくわかんないです。SIMだけ買ってiPadに入れられるの?

SIMロックについて@wiki

SIMロック (SIM lock) とは電話機側に施される、特定のSIMカード以外は利用できないように制限する機能である。日本の携帯電話の販売体系は、キャリアが携帯電話機メーカーから端末を買い取って販売するという、キャリア主導型である。キャリアのインセンティブ(販売奨励金)により、代理店が端末を安く販売する場合があり、その場合に端末の設定により他のキャリアのSIMカードを差しても使用することが出来ないようにすることが多い。SIMロックがされていないことを「SIMロックフリー」、あるいは俗に「SIMフリー」という。総務省では、2010年4月2日にキャリアや携帯メーカーとSIMロックについて解除することで基本的に合意した。

いずれにしろ、アップルが何か基準になるってまずいですよね。どうやって折り合いをつけていくんでしょうね。欧州ではノキアがまだ強いんでしょうね。

ところで、パテントトロールは国際規格でも構わず警告状送っていますね。あれは犯罪だと思うので取り締まってほしいですな。

iPhone購入でデジタル難民から脱出したと思っていましたが、まだ平民にはなれません。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 28, 2012

三次元対三次元?


http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120323/210090/
アルモニコス、小型3次元デジタルカメラの画像から3次元データを作成するソフト

アルモニコス(本社浜松市)は3次元デジタルカメラで撮影した画像から、被写体の3次元データを作成するソフトウエア「撮測3D(さっそくスリーディー)」を2012年3月30日に発売する。小型の3次元計測用デジタルカメラ「FinePix REAL3D W3M」を用いて撮影した2枚の画像(左側レンズと右側レンズのそれぞれの画像)を処理するもの。処理後の画像上で2点を指示し、その間の立体的な距離を表示させることができる。

 大掛かりで高価な装置を使うことなく、専門知識なしでも、通常のデジタルカメラ同様の操作で3次元計測ができる。手の届かない場所、測定機器を持ち込めない場所などでの計測、人体計測などの用途が想定できる。推奨測定範囲はカメラから10m、測定精度は5m先の被写体で2%程度。

Sassoku

そんなの簡単にできへんのかな、というのと、計算量めちゃくちゃ多くて実用化できてるのかな、と両方思い浮かびます。

あとで、特許公報で調べてみよう。

Tech-Onに出たときから気になっていました。ARとも関連するのかな、とか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 27, 2012

逃亡惑星

銀河系を“逃亡”する超高速度惑星?
Brian Handwerk for National Geographic News \March 26, 2012

最新研究によると、ブラックホールの重力によって銀河系中心部から弾き飛ばされ、天の川銀河を移動する“超高速度惑星”(hypervelocity planet)は、最高で時速4800万キロものスピードに達することが予想されるという。

 天の川銀河でこれより高速に達することが知られているのは、宇宙線などの亜原子粒子のみだ。

 単独で高速移動する惑星とは、一体どんな世界なのだろうか? まず何よりも、夜空が非常に活発に動いて見えるだろうと、今回の研究の共著者で、ダートマス大学で天文学を専攻する大学院生のアイダン・ギンズバーグ(Idan Ginsburg)氏は話す。

「もしも超高速度惑星の上にいたら、猛スピードで移動しているため、そこから見える銀河は比較的短時間のうちにどんどん遠ざかっていくだろう」。そして最終的に、惑星はおそらく銀河の外へ出てしまうと同氏は述べる。

◆ブラックホールに弾き飛ばされる惑星

 今回の研究は、7年前に初めて発見された超高速度星(hypervelocity star:HVS)にヒントを得たものだ。この恒星は現在、時速240万キロという驚異的なスピードで天の川銀河を脱出しつつある。

 最初の発見以来、天の川銀河では10個以上のHVSが特定されている。高速移動するこれらの恒星は、元は連星系(互いの周りを回る2つの恒星)の片割れだったのではないかと考えられている。

今回の研究成果は、次号の「Monthly Notices of the Royal Astronomical Society」誌に掲載される。

天の川を脱出する惑星。銀河も広いからそういうのもあるでしょうね。それはなんか全体の調和に影響があるんでしょうか。

天文学者って暇なのかなと思わないでもない。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 26, 2012

国際事務機器特許売買部

フェイスブック IBMから特許750件を購入 知財拡大で訴訟対策

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)世界最大手の米フェイスブックは、IBMから750件の特許を購入した。

 知的財産を拡充し、特許侵害などの指摘に守りを固める方針とみられる。関係者1人が明らかにした。

 同取引は未公表だとして関係者が匿名を条件に語ったところによると、取得した特許はソフトウエアやネットワーキングなど多様な技術を対象とする。フェイスブックのこれまでの保有特許は56件、出願中は503件であることから、同社の知的財産の拡大につながる。

 フェイスブックが法的な防衛方針を強化している背景には、より幅広く知的財産を有するライバル企業との対立がある。米ヤフーは今月、プライバシー設定やオンライン広告など重要なウェブサイト機能に関する10件の特許が侵害されたとしてフェイスブックを提訴した。

国際事務機器は特許の卸問屋になったのでしょうかw。

「マスター、ネット関係500件ある?ん、じゃ、特許権取れてるこの100件だけもらっとく。あと用意できたら、電話して」
なんちゃって。(そう大差ないと思うんだけど)

Yahoo!が提訴している特許群の一つがこれと言われています。

http://news.mynavi.jp/news/2012/03/13/075/

United States Patent 6,907,566
McElfresh , et al. June 14, 2005
----------------------------------------------------
Method and system for optimum placement of advertisements on a webpage

Abstract
A method and system for placement of graphical objects on a page to optimize the occurrence of an event associated with such objects. The graphical objects might include, for instance, advertisements on a webpage, and the event would include a user clicking on that ad. The page includes positions for receipt of the object material. Data regarding the past performance of the objects is stored and updated as new data is received. A user requests a page from a server associated with system. The server uses the performance data to derive a prioritized arrangement of the objects on the page. The server performs a calculation regarding the likelihood that an event will occur for a given object, as displayed to a particular user. The objects are arranged according to this calculation and returned to the user on the requested page. The likelihood can also be multiplied by a weighting factor and the objects arranged according to this product.


--------------------------------------------------
Inventors: McElfresh; Charles (San Marino, CA), Mineiro; Paul (Los Angeles, CA),Radford; Michael (Los Angeles, CA)
Assignee: Overture Services, Inc. (Pasadena, CA)
Appl. No.: 09/285,929
Filed: April 2, 1999

What is claimed is:

1. A method of providing placement of a plurality of graphical objects on a page accessible by a user, the graphical objects including graphic and text symbols, the page having positions for receipt of the objects, each object having at least one link to information, the link being invoked by an event identifying the object by a computer pointing device, the method comprising: storing and retrieving performance data associated with the likelihood of the event occurring for each object; and arranging the objects relative to one another on the page according to the performance data.

2. The method according to claim 1, wherein the performance data is used to calculate a likelihood that the event will occur, and the arranging of the objects is prioritized according to this likelihood calculation.

3. The method according to claim 2, wherein each object has an associated weighting factor, the likelihood calculation is multiplied times the weighting factor, and the arranging of the objects is prioritized according to this product.

4. The method according to claim 3, wherein the objects include advertisements and the weighting factor includes the price of the advertisement.

5. The method according to claim 1, wherein the likelihood calculation includes computing a statistical probability that a user will identify the object.

6. The method of claim 5, wherein the performance data for the objects has been grouped and sorted according to user characteristics, and the statistical probability is computed based upon the user information, and upon past performance data for that object.

7. The method according to claim 5, wherein the price of the advertisement is measured by the amount paid by the advertiser for each time a user identifies the advertisement.

Us6907566

なんか発明とは言えない気がしますがね。米国特許、こんなのが多いですけど。


前職の米国弁護士の書くクレームもこんな感じ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 23, 2012

反「理系離れ」論

自称科学作家が、理系嫌いがなんちゃらかちゃらという本を出しているですが。新潮社もよくこんなつまらん本出版するよな。

まず、日本人が理系嫌いということが全く明らかでありません。彼の根拠の1つはを「高校の物理学の履修が30年前には7割だったのに、今は3割に落ちている」ということらしい。

はっ?それのどこが問題なの?理科の科目は確か2教科とればいいはず。物理じゃなくて他の教科とれば問題ないでしょう。
(指導要領が変わって理科の単位数が減ったのかもしれないけど、だったら、尚更意味のないことです)

もう、理科=物理と考えていること自体くるくるぱーですな。

ええ、ワタクシも物理帝国主義者だから物理は理科の中で一番大事と思っています。でも、それ個人的見解ですから。限られた高校授業の中でそれこそ自分の好きな科目をとればいいんじゃないでしょうか。

で、物理7割世代が何かすごいんですか?現在問題になっている原発事故を発生させたのはその世代以上じゃないんですか。高校の履修科目と日本の発展とか全く関係ないじゃない。

しかも、日本人は理科が好きなんでしょう。科学番組は多く企画されているし、サイエンスカフェなるものも盛んです。「はやぶさ」なんて映画化3つもあるし。
(アマサイは一本も見ていないけど( ̄▽ ̄;)

高校理科だけが理系の現象ってばっっっかーーーじゃないの。

こういう偽ライターこそ早く滅んでほしいものです。

昔はまともな本を書いていたんですがね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 22, 2012

さようなら、プリントゴッコのお父さん

プリントゴッコの発明者、羽山昇氏が死去

羽山昇氏 87歳(はやま・のぼる=理想科学工業創業者、元社長)13日、心不全で死去。通夜・告別式は近親者で済ませた。後日、社葬を行う予定。喪主は長男で現社長の明(あきら)氏。

 1946年に前身の「理想社」を設立。77年に家庭用簡易印刷機「プリントゴッコ」を発売し、爆発的にヒットした。82年にプリントゴッコの発明考案で黄綬褒章を受章した。


こういうのを革命を起こした発明というのですよ_φ( ̄ー ̄ )。

アマサイは使ったことないのですが(お金ないので)、年賀状作成には便利ですね。パソコンが普及していなかったころ、簡易とは言え、印刷機っていうのがかっちょいいです。Windowsが成熟する前には、プリントゴッコの方が格が上だと思いましたよ。

羽山さんも自分の子供ような発明の終焉を見届けられて本望だったと思います。

発明精神は理想科学社に受け継いでほしいですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 21, 2012

やほーは金がないらしい。

やっと続報めいたものがでましたね。やほーと顏本の件

シリコンバレー新旧寵児の特許戦争 Yahoo!がFacebookを提訴

 Yahoo!が3月12日にカリフォルニア北部地区連邦地裁に提出した訴状によると、FacebookがYahoo!の保有する10件の特許を侵害して損害を与えたとしている。分野としては、ソーシャルネットワーキング、広告、プライバシー、カスタマイズ、メッセージの主に5つに集約できる。訴状には「Facebookはわれわれの特許技術を使って売り上げとシェアを伸ばしたが、それらの技術を開発するための時間とコストを回収する必要はない。だがYahoo!はこれら技術開発のコストを抱えている」と記されている。

 これに対し、Facebookは「Yahoo!の行為を残念に思う。Yahoo!は以前からのパートナーであり、われわれとの提携により大きなメリットを得てきたはずだ」とFortuneなどにコメントしている。Yahoo!の行動は“当惑させる行為”としながらも、対抗する意思を見せている。Yahoo!は、なぜFacebookを訴えたのだろうか?

 1つは、特許ポートフォリオの活用だろう。低迷状態が長期化するYahoo!は存続の危機にさらされている。2011年9月にCarol Bartz 氏をCEO職から解任。CFOによる暫定CEO期間を経て1月にeBayからScott Thompson氏をCEOに迎え入れ、何度目かの再建を図っている。

訴訟なんて金のため以外にはありません。どこの知財部も「特許で金儲けしてこいや!」と言われているに違いないです。

知財人は別に不思議には思わないでしょう、競業他社なんだからこうなるのは見えていました。

しかもeBayからCEO迎えるなんてうぷぷぷ・・(^w^)
↓こういうことがあったので。
http://www.sughrue.com/files/Publication/adbff064-bdbe-4b55-9bd0-00ffef89cccb/Presentation/PublicationAttachment/b939c99f-a076-4938-a40e-038f932b0366/miku.pdf

やほーの勝ちのシナリオはあまり考えられない(←私見です)

適度に争って、和解するんじゃないかな。

早く侵害と主張している特許を知りたいな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 19, 2012

成膜Au膜

結局応物学会には行けませんでしたorz

【応物学会プレビュー】はんだをスパッタで成膜しAu膜を不要に、アルバックがパワー半導体などに向けて開発

アルバックは、Si基板上に作製するパワー半導体などにおいて、従来は蒸着法や印刷法を用いてきた「はんだ成膜工程」をスパッタリングで実現する技術を開発した(リリース)。この手法では、各種デバイスの電極膜として使うAu膜を、スパッタリングで成膜したはんだ層に置き換えられる。このため、膜材料コストを「従来比で50%以下に低減できる」(アルバック)という。

 Si基板上に形成した各種デバイスの裏面電極には、大きく二つの役割がある。Si基板とのオーミック・コンタクトを取ることと、放熱基板にはんだペーストで接合する際の濡れ性を確保することである。これらを実現するために、通常は(1)Alやシリサイドによるオーミック・コンタクト層、(2)Tiバリヤーメタル、(3)Ni膜、(4)Au膜、という4層構造を取る。ここでNi膜は、はんだとの合金を得るための接合膜として用いる。Au膜は電極表面の酸化を防ぐとともに、はんだの濡れ性を高める役割を担う。はんだ成膜は通常、デバイス製造が完了した後に、デバイスを大気下に取り出してから蒸着法や印刷法で行う。

Alvac

半導体製造装置は、事務所時代よく扱いましたから、懐かしい感じがします。

Au膜の重要性は、よく認識していませんでしたが。

2009088323【0002】
半導体デバイスのアルミニウム製電極パッドに接続される配線層の構成材料として、金又は金合金が用いられる場合が多い。この場合、金とアルミニウムが互いに反応して脆い金アルミニウム合金からなる高抵抗相が形成される。その合金相の発生を防止するため、従来、アルミニウム電極と金配線層の間にこれらの反応を抑制するバリア膜を介在させている。バリア膜を構成する材料には、例えば、チタン又は窒化チタン膜が用いられている。
【0003】
図4は、半導体基板(チップ)41上に形成された電極の概略構成を示している。電極膜42は、下から、Al膜43、バリア膜44およびAu膜45の3層構造を有している。バリア膜44は、チタン(Ti)又は窒化チタン(TiN)で構成されている。半導体の電極形成には一般に、スパッタカソード(ターゲット)と基板(ステージ)との間における2極放電スパッタ法が用いられる(非特許文献1参照)。しかし、化合物半導体の分野では、デバイス製造工程におけるプラズマによるデバイスへのダメージの問題を回避するために、電極形成に蒸着法が用いられている。

接合層として大事なようですね。φ(..)メモメモ

液晶表示装置を精度向上に役立つようです。

来年こそは学会に参加してみたいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 18, 2012

技術的保護回避には罰則規

今国会提出の著作権法改正案を公表、「技術的保護回避には罰則規定」など 2012/03/16

著作物利用の円滑化に向けて、著作権の制限規定を改正する。例えば、いわゆる「写り込み」(付随対象著作物としての利用)に関する規定を整備する。写真撮影や録音、録画などによって著作物を創作する場合に、撮影の対象となる事物から分離することが困難な付随著作物がある場合は、創作の際に付随著作物の複製や翻案ができるようにする。さらに創作著作物に伴って利用することも可能にする。

 著作権の技術的保護手段についての規定も整備した。現行法で著作権の技術的保護手段の対象となっている保護技術(VHSなどに用いられている「信号付加方式」の技術)に加えて、暗号型技術(DVDなどに用いられている技術)についても対象にする。そのうえで、暗号型技術の回避を規制するための規定を整備する。法案の要綱では、「技術的保護手段の回避に係る罰則規定などについて整備を行うこと」としている。

罰則規定がない法案なんて意味ないですしね。

でも著作権改訂して改訂して意味あるんですかね。

もうデジタルコンテンツが旧CopyRightで保護できないというのは明らかなんですが。これ以上どうしろと?

登録制度だけでも設ければいいと思うが、それじゃ、素人考えなのかな(―_―;)


著作権学者の居る数だけ学説があるってどうにかしろ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 15, 2012

量子ドット型太陽電池

【応物学会プレビュー】非集光の量子ドット型太陽電池でセル変換効率18.7%、東大とシャープが最高値を更新

東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構の荒川泰彦氏(同機構長 兼 生産技術研究所 教授)および田辺克明氏(同機構 特任准教授)らはシャープと共同で、非集光時に18.7%、2倍集光下で19.4%のセル変換効率を備える量子ドット型太陽電池を開発した。非集光時の18.7%というセル変換効率は「量子ドット型太陽電池として業界最高」(荒川氏)とする。従来の最高値は、ロシアRussian Academy of Sciencesのグループによる18.3%だった。

東京大学とシャープが開発した量子ドット型太陽電池は、量子ドットを3次元的に並べた超格子構造を作製し、赤外光を吸収するミニバンド(中間バンド)を形成して変換効率を高める「中間バンド方式」。荒川氏らのグループが2011年に行った試算によれば、中間バンドを4個以上設けることにより、理論的なセル変換効率を80%近くにまで高められるという。

 今回は、GaAs基板上にInGaAs/GaAs系の量子ドット層を5層積層した構造を、MOCVD(有機金属気相成長法)で作製した。高いセル変換効率を得られた理由は大きく二つあるという。第1に、量子ドットのサイズなどを最適に制御することにより、電子をトラップして変換効率を低下させるエネルギー準位が形成されるのを防いだ。第2に、セル表面に設ける光の反射防止膜(MgF2/ZnS膜)の設計を最適化した。


5層ってのがすごいんですかね。

Quatundot01

Quatundot02

太陽電池もいろいろやってますが、なかなか決定打が出ないですね。

量子ドットってこういうやつかな。

【特許番号】特許第4817255号(P4817255)
【登録日】平成23年9月9日(2011.9.9)
【発明の名称】光半導体素子及びその製造方法
【出願日】平成18年12月14日(2006.12.14)
【公開番号】特開2008-153260(P2008-153260A)
【国等の委託研究の成果に係る記載事項】(出願人による申告)平成18年度、文部科学省、科学技術試験研究委託費 光・デバイス技術の開発、産業再生法第30条の適用を受ける特許出願 平成18年度、新エネルギー・産業技術総合開発機構、「フォトニックネットワーク技術の開発事業」委託研究、産業再生法第30条の適用を受ける特許出願
【特許権者】富士通株式会社
【特許権者】国立大学法人 東京大学
【発明者】
【氏名】羽鳥 伸明 国立大学法人東京大学内
【氏名】山本 剛之 富士通株式会社内
【氏名】荒川 泰彦 国立大学法人東京大学内

【0030】
図2Aに示すように、半導体基板15の表面に、行列状に配置されたチップ領域30が画定されている。図2Aでは、チップ領域30の境界線を破線で示しているが、この境界線は仮想的なものであり、半導体基板15の表面に境界線が形成されているわけではない。1つのチップ領域30内に、1つの光半導体素子が形成される。後に形成される回折格子は、チップ領域30内の行方向(図2Aにおいて横方向)に関して周期構造を持つ。同一行に配置された複数のチップ領域内の回折格子は、列方向に関して同じ位置に配置され、同一列に配置された複数のチップ領域内の回折格子は、行方向に関して同じ位置に配置される。回折格子パターンの端部から、チップ領域30の外周線までの距離は、図1A及び図1Bに示した低屈折率領域26の長さLBと、間隔LCとの合計値にほぼ等しい。すなわち、行方向に隣り合う2つの回折格子パターンは、LB+LCの2倍の間隔だけ隔てられている。
【0031】
マスク層21をエッチングマスクとして、コンタクト層20及び上側クラッド層19を、活性層18の上面まで、または上側クラッド層19の途中までエッチングする。このエッチングには、例えば塩素系ガスを用いたドライエッチングが採用される。

4817255


適用技術は違いますがこんな感じですな_φ( ̄ー ̄ )。

応物学会行きたいな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 14, 2012

やほーvs顔本

ヤフー、特許侵害でフェイスブックを提訴


広告、プライバシー、カスタマイズ、ソーシャルなどに関する特許10件を侵害されたと主張
(2012年03月13日)

 業績不振にあえぐ検索大手の米国Yahoo!は3月12日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス大手の米国FacebookがYahoo!の10件の特許を侵害しているとして、米国カリフォルニア北部地区連邦地裁に提訴した。

 「ユーザーがプロフィールを作成してほかのユーザーや企業などと交流できるFacebookのソーシャル・ネットワーク・サービス・モデル全体が、Yahoo!が特許を取得済みのソーシャル・ネットワーキング技術に基づいている」と、Yahoo!は同地裁に提出した訴状で述べている。

 Yahoo!は、広告、プライバシー、サイトのカスタマイズ、ソーシャル・ネットワーキング、ソーシャル・ネットワーキングにおける統合型コミュニケーションに関連する技術をカバーするYahoo!特許を、Facebookが侵害していると訴えている。

 Yahoo!は訴状で、Facebookのさまざまな機能がYahoo!の技術を使用していると主張している。例えば、Facebookの「ニュースフィード」(友人の行動記録を見る主な方法)はYahoo!のカスタマイズ特許を侵害しており、Facebookのプライバシー対策はYahoo!のプライバシー関連特許を侵害しているという。

やっほーには、早くどの特許か明かしてほしいものです。
ニュースフィードはどうやって特許を取っているんでしょうね。
Facebookを訴えて勝てばたくさんお金もらえそうですね。
和解勧告で済むような気がしますが。

またウォッチすべき事件が増えてしまった_φ( ̄ー ̄ )。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 13, 2012

書談:『科学英語の基礎―これならわかる英文読解術』

Kagakueigokiso


■『科学英語の基礎―これならわかる英文読解術』
著者:平田 光男
出版:化学同人 (2003/08)
発売:2003/08
価格:¥ 3,360

基本編 英文を構成するパーツを見ておこう
Ⅰ節 動詞の特性を理解しよう
A項 自動詞
B項 受動態
Ⅱ節 悩ましい冠詞の使い分け
Ⅲ節 名詞の単数,複数に注意
A項 可算名詞,不可算名詞
B項 代名詞
Ⅳ節 名詞をひきたてる形容詞
Ⅴ節 多彩な働きをする副詞
Ⅵ節 覚えておきたい準動詞の働き
A項 不定詞
B項 分詞
C項 動名詞
Ⅶ節 文を結びつける接続詞
Ⅷ節 科学論文で使われる仮定法
Ⅸ節 おさえておきたい関係詞の使い方
Ⅹ節 さまざまに使われる前置詞
応用編 長文にチャレンジして読解力をつけよう
----------------------------------
英語を使って何をやるかによって、勉強法が違いますが、アマサイは構文集というのが結構すきです。
今のところ、この例文をカード書き写しています。科学というより化学の文章が多いです。化学物質の名称はややこしいので、書くことによって頭にも入ります。

こういう本は書くための訓練とされますが、読むときもプレゼンするときに役に立ちます、
例文を何度か音読するだけでもスピーキングに練習になります。

決まり文句は役に立たないとも言われますが、定型文の蓄積とアウトプットを繰り返すことによって、最適な英語が出てくるようになるわけです(アマサイも修業中ですが)。

勉強の目先を変えたい人はお試しあれ。

書談:『例文でみる英文化技法』
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2006/02/post_f545.html

弊ブログ「語学・語学学習法」もご覧ください。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 12, 2012

書談:中丸満著『源平興亡三百年』

Bit120111_colnakamaru01

■『源平興亡三百年』
著者:中丸 満
出版:ソフトバンク
発行:2011.11
価格:798円

序章 武家の棟梁をめぐるバトル・ロワイアル
第1章 源平の登場--将門の乱からすべては始まった
第2章 飛躍する平家--時代を拓いた二つの戦い
第3章 平清盛の夢--平家政権の樹立と幻の国家構想
第4章 逆襲の源氏--義仲、義経、頼朝それぞれの戦い
第5章 武家の世の完成--鎌倉幕府の内部抗争
おわりに--源平動乱がもたらしたもの

源氏、平家は結構読んでいるのでこれと言って新しい知見はなかった。しかし、このように源平もまとめた本は類を見ないので価値ある一冊である。

平安時代から鎌倉時代初頭まで書いてあるのは源氏ファンにとってうれしい限りだ。

冒頭に出てくる「武士とは結局やくざと同じ。やくざ映画を読み解けば武士の思考がわかる」的な(飽くまでそのような記載)発想は斬新であると思う。

源平の抗争は将門の乱から始まるというのもその通りであると思う。学術者はその通りストレートに言えない(論証が何段も要る)ので、ライターである中丸氏の特権であろう。

前に読んだ平家もので清盛の偉大さはわかった。通説のように驕っているのは一部であり、知性も教養もあり、武芸にも達者なのであろう。それに比べ源氏はちょっとおっちょこちょいが多いw。

しかし、アマサイの源氏好きは本書で益々高まった。やはり、関東武士団と源頼朝の影響が大きい。源平交代説をもったとしても実質的に武士の世を作ったのは源氏である。鎌倉幕府、室町幕府にしてもそうである。

また、その源氏の輝きも平家あってこそである。

現代において学校の運動会でさえ、源平を模した白組、紅組で対戦することからしても、両者の出目と変遷は非常に興味深いものである。

参考:【中丸満氏インタビュー】経済人としても偉大な平清盛――源平の相克から見えてくるもの
http://www.sbbit.jp/article/cont1/24395


清盛ブームで読む本がたくさん店頭に出ていてとてもうれしい。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 09, 2012

生化学自動分析装置特許

生化学自動分析装置の特許総合力ランキング、1位は富士フイルム---パテント・リザルトの調査より

パテント・リザルト(本社東京)は、微生物・酵母・核酸の自動分析装置に関連する特許を質と量の両面で分析した「特許総合力」のランキングを発表した(ニュースリリース)。同装置は、試料分注・試薬混入・測定・検出・解析などのさまざまな操作を自動化した生化学自動分析装置の中でも主要な分野の1つである。1位は、DNA(デオキシリボ核酸)を分析対象とした特許を多数保有する富士フイルムだった。同社の特許で注目度が高いものとしては、検出精度が高く検出誤差の発現が少ない「DNA分析用マイクロアレイの製造方法」などが挙げられるという。

現時点でのランキングの2位にはキヤノン(2006年時点は3位)、3位には島津製作所(同33位)が入った。キヤノンの特許で注目度が高いのは、装置内部で最適な流路を使い分けて試薬や液体検体などの移動を確実に行う「生化学反応カートリッジ及びその使用方法」などである。島津製作所は、ここ5年で出願した反応容器に関する特許によって特許総合力が大幅に向上した。注目度が高い特許としては、リザーバの容量を増やしつつサンプル間の汚染の可能性を低減する「電気泳動部材用リザーバ部材及び電気泳動部材」などがある。


富士フイルムは生命科学に力を入れていますらなあ。

アマサイはこげな技術に無知なのですが、装置はやはりお高いんでしょうね。研究目的でござんしょうか。

おもしろいのはこの図です。

120307pr3

これは一体どういう基準から・・・

こういう解析を売るのがこの会社の業務なのでしょう。

まっ、社会工学の話ですよね。。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 08, 2012

書談:松本清張『高校殺人事件』

1331133845660.jpg

『高校殺人事件』
著者:松本清張
出版:光文社文庫
発行:2011.03.20
価格:552円+税

題名があれなんで少し避けていました。原題は『赤い月』というそうです。清張なのに~殺人事件はないよね(しかし意外にそういう題名多い)。1959~1960年に高校生向け雑誌に連載されていたそうです。昔はあったんよ、中学生/高校生コースとかいう雑誌が。
後にも先にも清張のティーン向け小説はこれだけです。

場所は昔ながら東京武蔵野の地、林の中で高校生・羽島の友人・ノッポが殺されて沼に埋められる。彼の死をさぐる英語教師中村先生も出勤したまま行方不明。林の中の寺、亨光院では住職が万葉集にも歌われたむらさき草を鉢植えをしている。中村先生は、むらさき草を口実に羽島らと共に享光院を訪れていた。全ては亨光院につながる。羽島は仲間とノッポの死因を求めて、享光院を探る。

古代の関東史あり、戦争の傷あとあり、建設業の汚職あり、【清張成分】一杯です。

アマサイは推理ものというより昭和中期の日本の風俗に浸りたくて清張作品を読んでいます。

まだ、文庫で復刊していないものあるので、それを楽しみにしています。

今年は松本清張没後20年なんでなんかしてくれるんじゃないかと楽しみにしています。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 06, 2012

デジタル著作権

フランスの新法は合法的電子書籍の窃盗か?

2000年以前の絶版書のデジタル出版権を文化省が強制掌握する法律がフランス議会で可決された。この法律で損なわれる権利にはどのようなものがあるだろうか。

この新法をざっと解釈すると、2001年1月1日前に出版された出版物はすべてフランス国立図書館、Biblioth?que Nationale de Franceとフランス文化省の所有物ということになる。政府の法案では、本の権利を出版社と著作者の要件に合致するよう意図された管理グループに譲渡するが、出版社との関係がもはや存在しないなら、これが著作者にとって果たして有益なのかということについて一部の評論家は懸念を表明している。また、基準となる期日より前にフランスで出版された国外の著書の作品もこの法律の対象となる。

 新法の説明によると、この法律が損なう主な権利は著作者が既刊書タイトルを自主出版する権利だ。何人かのベストセラー作家はKindleプラットフォームを通じて初めて自らのタイトルを電子書籍化しているので、Amazonが踏み込んでくるだけの影響力を持つ可能性のある1領域だ。Amazonはこの法律の標的になっているとして、この新法の英語版サマリーの中で特に言及されている。

結果いいか悪いかは別にして、もうこれだけデジタル社会になったら、著作権法になんらかのメスを入れないとダメだよね。

印刷が著作物のメインだった法律にキリバリキリバリしてきたんだからね。

そりゃ、権利だから得する人も損する人もいるだろうよ。そこは割り切らないないとね。寧ろ、日本の音楽なんちゃら協会みたいに濡れ手に粟的なビジネスしてる方が問題だ。

日本もどうにかしろってんだ。

フランスはさすがに文化の国ですな。orz人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

March 02, 2012

サムスン電子の知財戦略

これだけサムスンが伸びてるんなら、サムスンの勤務してるとか、出願したことあるという友人がいてもよさそうなんですが、アマサイの周りにそげない人、いません。

特許経営にもスピード感、サムスン電子
第11回JIPAシンポジウム(1)

組織面では、2010年にこれまで携帯電話、テレビ、液晶ディスプレイ、半導体といった事業部門ごとに分かれていた知財管理機能を一元化して「IPセンター」を新たに創設した。「以前は、事業部門ごとに出願からライセンス、訴訟まで個別に対応していた。IPセンター設立後、開発から出願までは事業部門の部隊が研究開発と密接に連携しながら行うが、ライセンスや訴訟などの知財管理、戦略面はIPセンターが統轄し、知財マネジメントの効率化を図っている」(パク氏)。同センターには、現在400名以上の専門人材が従事していると言われている。

近接した技術ですから、横断的に管理してないとまずいでしょうね。大企業の知財はそこいらへんどうしているんでしょうね。

80名以上の米国弁護士が活躍  人材育成面では、社内教育のほか海外研修への派遣を通じて専門人材を積極的に育成、採用してきた。「米国ロー・スクールのJ.D.課程やLL.M.課程をはじめ、1年で10名以上の社員を海外研修に派遣し、米国弁護士資格を持った社員を育成している。即戦力となる米国弁護士も多く採用しており、現在社内では80名以上の米国弁護士が活躍している」(パク氏)。また、研究開発部門に対しては、知財教育と併せ、特許情報システムを整備することで、高品質特許の創出を図っている。

日本企業もそうしていたらしいんですが、最近はあまり聞きません。知財は大事といいながら、人材育成に手抜きをしているような気がします。

 こうした取り組みの成果の一端は、米国特許登録件数にも表れている。2005年の1641件(5位)から2011年には4894件(2位)へと3倍に増大。また、英国インターブランド社が実施する世界ブランド価値ランキングにおいても、異業種の並み居る世界ブランドの中にあって2011年には17位にランクインし、米国特許登録件数と同様、着実に上昇している。「ブランド価値は、マーケティングや技術力など様々な経営的要素が反映されるものだが、技術に裏打ちされた形でブランドが確立されてきていると考えている」(パク氏)

Samsung2012


米国に出さないと始まらないでしょう、とアマサイも思うであります。

サムスンにできることが、なぜ日本メーカーではできないか。不思議です。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« February 2012 | Main | April 2012 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31