無料ブログはココログ

« March 2012 | Main | May 2012 »

April 30, 2012

地底人がいる?!

地球探査船:掘削世界記録…海面下7740メートルに届く 毎日新聞 2012年04月28日

 海洋研究開発機構は27日、東日本大震災の震源域の日本海溝付近を掘削調査中の地球深部探査船「ちきゅう」(約5万6700トン)のドリルが、海面下7740メートルに届き、海底科学掘削で世界最深記録を更新したと発表した。

 船上にある高さ約70メートルのやぐらからドリルパイプ(太さ約20センチ)を下ろして掘削している。21日に作業を始め、23日に水深6883.5メートルの海底に到達。さらにドリル先端部のセンサーで地層の硬さなどを計測しながら海底下を856.5メートルまで掘り進み、25日に世界最深の7740メートルに到達した。これまでの記録は、米国の「グローマーチャレンジャー号」がマリアナ海溝チャレンジャー海淵で78年に達成した7049.5メートルだった。

ライザー掘削システム
(http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/Science/drilling.html)

Drill_chikyu

それだけ掘ると何がわかるのかはやく知りたいものだ。
HPに行ったけどまだニュースリリースが出てないもので。

実地調査は地道な作業だな。

「現代地球科学」を勉強しているので興味がわきます。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 29, 2012

松本清張『遠い接近』

■『遠い接近』
著者:松本清張
出版:文春文庫
発行:1977.07
---------------------
現在ではよく知られた事実だが、先の大戦の召集令状、通称:赤紙は公平に配布されたものではなく、それを担当する役人に口をきいてもらえればいくらでも回避できるものだった。金持ちやその親族は露骨に賄賂を渡して逃れたという話も枚挙暇がない。

反対に、役人に憎まれたら、健康を害していようが、年を多少食っていても、赤紙が来ることがある。この不運を背負ったのが本小説の主人公・山尾信治である。

彼の場合は、自営の印刷屋業務のため軍事訓練を幾度も欠席していた。それが仇となったのである。始めは3ヶ月で帰ってこれると聞いたのが、朝鮮まで出兵される。そのため、妻子、老父母を広島に疎開させなくてはいけなかった。初期訓練で面会したのが最後となってしまったのである。

山尾は終戦後、自分に不当に赤紙を回した張本人を見つけ復讐を計画する。

裏表紙に書いてあるあらすじがいかにも暗い話なので、ずっと避けていた。清張本も未読が少なくなったので、読んでみることにした。のっけから新兵に対するリンチである。最後まで読めば、全体に対して大したページ数ではないのだが、執拗に表現しているので嫌気が指す。

完全犯罪と思いきや、清張らしいどんでん返しが待っている。推理小説のトリック(というほどのもではないかもしれないが)なんてくらでも思い浮かぶんだな、と思った。アマサイには無理ですがw。

解説では、優れた反戦文学として、と書いてあったが、人は理不尽な形で、理不尽な最後を遂げる、と言った程度だろう。死なないまでも、理不尽な目に逢うのは現代でも同じである。戦争という大きな理不尽にあれば、そえは誰の身にも掛かってくることだ。

なかなか感慨深い小説ではある。

案外映像化が少ないですね。いろいろ問題があるからか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】


1335661832366.jpg

April 27, 2012

デザイン革命

グーグルフォンは元々こんなデザインだった?

このコンセプトデザインを見て、なぜアップルがグーグルに盗まれたといってカンカンに怒るのか少し分かった気がする。アップルの作るスマートフォンを見るまで、グーグルには iPhone みたいなものを作る計画はまったくなかったのだ。この 2006 年のコンセプトデザインを見れば、グーグルが盗もうとしていたのは Blackberry だったことが分かる。その後 iPhone を見て、アップルのハードとソフトを盗む方がずっといいと考えたのだ。

Googlephone

革新的デザインというが世の中で一番難しいと思うですな。従来のデザインを組み合わせても、変形しても新しいものはならないからです。

それを単なるネット屋のGoogleにあるわけない。

ブラッドベリー型で発売しても訴えられるわなあ。

回路設計も英語でdesignというので、ハードウエアの持ち分と考えております。

ソフトウエア屋さんの限界ともいうべきでしょう。

まっ、ソフトウエアデザインという言葉もあるがのう(^_^;)。

その点、日本人はイケてるはずなんだがな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 26, 2012

その資源は誰のもの?

小惑星の資源を採掘--Planetary Resourcesが計画発表
2012/04/25 13:03

宇宙開発を行う新興企業Planetary Resourcesは米国時間4月24日、地球近傍の小惑星から水や稀少金属を採掘するという野心的な計画を立ち上げた。この途方もないビジョンを持った創業者らは、同事業によって地球上の社会全体が豊かになり、宇宙開発もさらに進歩することになるだろうと述べている。

 2年前に創業された同社は、シアトル航空博物館においてこの計画を発表した。その席で創業者らが述べたところによると、テクノロジの進歩により、宇宙における貴重な天然資源の採掘は今や経済的に実現可能な域に達しているという。

 地球近傍を通過する小惑星の一部には水が含まれている。水は宇宙船の燃料源として、あるいは宇宙飛行士の生命維持に欠かせない物質である。さらに、資源はそれだけではない。同社によると、幅500メートル程度の小惑星1つには、地球上で今までに採掘された量よりも多くのプラチナが含有されている可能性もあるという。

そんな一企業が小惑星から鉱物取っていいの?大気圏外の不動産、いや動産か?所有権はどこにあるの?アメリカ西武開拓の原理そのままでホントにいいのか?

ます。


早いもの勝ち?人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 25, 2012

液晶プロジェクタにお絵かきしよう。

これはおもしろいですね。


ソニー、投写画面に書き込みができる液晶プロジェクタを発売


 ソニーは、新たに「インタラクティブ機能」を内蔵した超短焦点プロジェクターを発売します。
 付属のソフトウェアをインストールしたパソコンを本機に接続し投写すると、投写画面に付属のペンで文字や 図形の書き込みが行えます。ペンは2本付属しており、同じ投写画面に2名で同時に書き込めます。
 付属のペンはマウスとしても機能し、投写画面上でプログラムの起動やファイルの選択など基本的なパソコン操作が可能です。「インタラクティブ機能」を使用して書き込んだ内容をパソコンに保存し議事録と して利用したり、授業で書き込んだ内容を保存し次の授業で使用するなど、授業や会議の効率向上につながります。

 またこのモデルは、70インチのスクリーンに約42cmの距離で投写が可能なため、限られたスペースの会議室や教室などでスクリーンやホワイトボードの近くに発表者が立つ場合でも、人やノートPCの影が映り込むことなく投写が可能です。同時に発表者自身も光源で目が眩しくなることなく、快適かつ効果的なプレゼンテーションができます。
 さらに、3000ルーメンの高輝度を実現しており、明るい部屋でも快適に使用できます。


プロジェクタを家庭で置くとこはあまりないので。

発想はジョブス的なのだが(てか、ジョブスはソニーをめざしていたわけだが)、応用がね、こういう業務用のでしかないんですかね、という気はします。

もう、大企業でイノベーションというのは無理だね。

日本が再び技術先進国へ!とか言ってること自体ダメダメである。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 24, 2012

太陽極域磁場反転

太陽観測衛星「ひので」、太陽極域磁場の反転を捉えた 2012年4月19日

国立天文台と理化学研究所の研究者を中心とした国際研究チームは、太陽観測衛星「ひので」に搭載された可視光・磁場望遠鏡により、太陽極域の磁場観測を定期的に行ってきました。このたび、極域磁場の極性が予想より早く反転しつつあることを世界で初めて捉えました。

現在、太陽活動は極小期を過ぎ、やや上昇してきています。太陽の南北両極の極性は、2013年5月に予想される太陽活動極大期にほぼ同時に反転すると予想されていました。ところが、2012年1月の「ひので」による観測で、予想される時期より約1年早く北極磁場がほぼゼロ近くになっていることが発見されました。現在太陽の北極域では、逆極性の磁場が大規模に消滅しつつあり、太陽の北極磁場がまもなく反転すると予想されます。一方、南極は安定しており、極性反転の兆候がほとんどみられていません。これらの研究成果は、これまでの太陽極域磁場の極性反転過程に対する認識に変更を迫る、極めて重要な結果です。

20120419polarfieldreversalfig2

例によって例のごとく、アマサイにはこれがどんだけすごいことかはわかりません。

ただ太陽の磁場が変わるなんてダイナミックだなと。

絵柄がきれいだなwと。

放送大学院『現代地球科学』で地球の極性反転は勉強しました。

放送大学TVで『太陽系の科学』というのをやっています。みなさん、見ましょう。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 23, 2012

広中平祐

広中先生、お元気なんですね。

数学者・広中平祐さん、山口・岩国高校で特別講義

山口県岩国市出身の世界的な数学者、広中平祐さん(81)が17日、岩国高校で特別講義をした。合併した岩国市の最初の名誉市民に今年2月に選ばれたことを記念した講義。広中さんは「どんな人でも自分の持っている能力の10分の1でも発揮できればすごい。その喜びを一度でも経験して下さい」と生徒らに語りかけた。

 講義に先立ち市役所で名誉市民証書などの贈呈式があった。証書や名誉市民章のメダルを受け取った広中さんは「外国暮らしが長かったが、誰でも自分の家に帰ったらうれしいし、ほっとする。(名誉市民に選ばれたことは)僕の人生で一番うれしい」と喜んだ。


広中先生は、フィールズ賞を取られ、中高生の数学教育にも熱心でしたから、名前はよく存じ上げていました。

それになんと言っても自伝的エッセー『生きること学ぶこと』が印象大です。

51q4wevpxjl__sl500_aa300_

こちらは今年出た新装版なんですが、私が読んだのはこっち方でした。

21kp2fjxttl__sl500_aa300_


これの方が親しみがあっていい感じがする。

例のごとく、内容はほとんど忘れてしまったのですが、必ずしも優秀でなかった(そんなはずはないとは思うのですが)ご自身が数学と格闘する姿に心身ともワカモノであったアマサイは勇気がでました。藤原正彦氏の一連のエッセイを読む前ですから、私の数学観は広中数学で固定されました。

幾何学はいいですよね。日本人にも高い業績を上げやすい。

私も本書を読みなおして、さらに創造的に生きるか(^_^)v

来世は数学者になってフィールズ賞を取るw 人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 20, 2012

デザインだけでは勝てません

特許訴訟の話ばかり書いている性格が悪くなるので。。。


数字が語るアップル「デザイン経営」のすごみ 設備投資に5900億円

 市場に投入する商品は常に世界的な注目を集め、コンピューターを多くの人から愛される魅力的な商品に変えた。ディズニーに匹敵する世界のトップブランド、それがアップルだ。同社が世界に類を見ないほどの人気ブランドへ成長した秘密は、一体どこにあるのだろうか。その答えの一つは、アップルの「デザイン力」にある。


■顧客とのあらゆる接点を細部までデザイン

顧客との接点すべてに目を光らせろ  ジョブズ氏は、顧客とアップルとの接点となるあらゆる場面に配慮し、アップルが提供する豊かな体験そのものをデザインした。そのプロセスは、実は日本人が持つ「もてなしの心」を体現したものと言って良い。(イラスト:濱口博文)
 もちろん、企業の成長エンジンをデザインに求めたのは、アップルだけではない。ソニーやパナソニック、シャープなど国内のエレクトロニクスメーカーもまた、質の高いデザインを生み出そうと、これまで多くの投資を行い、デザインと向き合ってきた。


 しかしその結果はどうだろうか。アップルの好調の陰で、国内のメーカーはいま軒並み苦戦を強いられている。互いにデザインの力を重視しながらも、両者の差は開く一方。なぜアップルだけが成功したのか。実はそこには、両者のデザインに対する認識の差はあったのだ。


 国内の多くのメーカーが手がけたのが、「良いデザインの商品を作ること」だ。それは、ビジネス全体のある1点だけにデザイン資源を投入したに過ぎないアプローチ方法だ。


 これに対してアップルがデザインしたのは、商品の外観のみといった狭い範囲のものにとどまらなかった。アップルがデザインしたのは、「顧客とのあらゆる接点」だ。商品の存在を知り、商品を買いに行き、実際に使って生活する。そのすべての場面で消費者が得る一連の体験を丹念に作りこみ、いかなる場面でも顧客を迷わせず、がっかりさせず、そしてそのうえで顧客の予想を超えるようなサプライズを用意したのだ。


 そのために、アップルはあらゆる場面のデザインに対して膨大な費用を投じている。

これはさ、いくら論じてもアップルがジョブスの個人企業であったということではないの。ジョブスが居ないアップルに未来はあるのか、ということに集約されはしないの?

デザインも技術開発も、よきデザイナー、よき発明者がいなければ、金かけてもしょうがないじゃん。

それにアップルは特許もたくさん買っているしね。

日経らしい記事ですが。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 19, 2012

技術の評価は現場で、特許は裁判所で

Twitter、“武器としての特許”回避を目指す「Innovator's Patent Agreement」を発表

 

米Twitterは4月17日(現地時間)、新しい特許契約「Innovator's Patent Agreement(IPA)」のドラフトを発表した。特許を訴訟の武器として使う最近の風潮を憂慮し、特許を本来の目的であるイノベーションの保護にのみ役立てることが目的としている。

 同社がGitHubで公開したドラフトによると「IPAは特許を(発明者である)エンジニアおよびデザイナーのコントロール下に保つための新たな特許契約方式」で、「Twitterは発明者の同意なしには特許を攻撃的な訴訟に利用することはない」という。ただし、自衛目的では同意なしに利用する。この契約は、Twitterが特許を他社に売却しても有効で、特許を買収した企業はその特許の訴訟での利用の際、発明者の同意を得る必要がある。

 TwitterはIPAを年内に履行する計画だ。IPAは過去の特許にさかのぼって適用される。同社は他社にも同様の取り組みを検討するよう呼び掛けているという。

発明者がやりたいと言ったら訴訟するわけですよね。発明者の利益になるわけだから、あまり否定する人がいなそうですけど。前に書いたように、米国は特にそういうことに肯定的なわけですから

それに、訴訟する特許権者は皆、自分の権利を守る自衛のためだと思っているはずですよ。

どこまでこの契約に実質的な効力があるのかよくわかりませんね。

「一石投じた」ということでは評価します。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 17, 2012

ベンチャーの生きる道

 グーグルなど13社を訴えた 国産ベンチャー驚異の実力

2011年4月、米国テキサス州で、特許侵害に関するある大きな訴訟が起こされた。

 訴えられたのは、グーグルやヤフー、AOL、AT&T、そしてアカマイ・テクノロジーズなど、検索サービス大手からインターネット接続事業者、コンテンツ配信企業に至るまでの13社だ。

 こうした世界のIT産業をリードする企業を訴えたのは、実は日本企業。しかも、社員わずか8人のイーパーセルというベンチャー企業だ。

 無名のベンチャーが世界のトップ企業に訴訟を起こすとは、「なんと無謀な」と一笑に付す向きも多いかもしれない。

 しかし、6月から本格的な訴訟手続きに入ると、8月には早速“白旗”を揚げる企業が現れる。

 携帯端末「ブラックベリー」を製造するリサーチ・イン・モーション(RIM)だった。

 イーパーセルはRIMと特許ライセンス契約を結び和解し、事実上の“勝利”を収めたのである。

 その後も立て続けに3社と和解、ライセンス契約を結んでいる。他の企業とも現在争ってはいるが、いずれも勝てる公算が大きそうだ。

 日本のベンチャーが世界の大手企業に特許侵害で勝つ例はなきに等しい。なぜ、このベンチャーは勝つことができるのであろうか。

こんなのどんどんやればいいんです。米国特許法は、ばかすか特許にして、文句があるなら、当事者同士で話し合ってね→裁判所でね、って話だから。

てか、これくらいのことでニュースになる自体、いや、この媒体にしか載ってないからニュースにはなっていないね。
(^_^;)

米国出願数1位ってバカみたい。そうじゃなくて、訴訟数を誇るべきですね。勝手も負けても。訴訟起こされるいうことは注目されているということだから(まあ、警告状レベルで解決されているんでしょうね)。

訴訟なんでどんどんすればいいんじゃない>投げやり。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 16, 2012

GaN系半導体薄膜素子

NTT、GaN系半導体薄膜素子をサファイア基板から剥離するプロセスを開発

日本電信電話(NTT)は、LEDなどに使われるGaN(窒化ガリウム)系半導体薄膜素子を成長用サファイア基板から容易に剥離するプロセスを開発したと発表した(ニュースリリース)。今回の技術を用いることで、2μm厚といった、薄いGaN系半導体薄膜素子を低コストで作製できるようになるという。可視光を透過して紫外線のみを効率よく吸収する太陽電池の開発や、200μm程度の薄いLEDの作製など、GaN系半導体薄膜材料の応用範囲の拡大が期待できるとする。さらには、剥離する薄膜素子の面積を大きくすることで、大面積の薄膜素子上に別の材料を積層して新たな機能を持つ薄膜素子を大量生産するといった応用も考えられるとしている。

 成長用サファイア基板上にGaN系半導体薄膜素子を積層し、加工してデバイスを作る際、NTTによれば基板の厚みが0.5mm程度、必要になるという。このため、加工後に成長用基板から薄膜素子をきれいに剥離し、別の基板に貼り付ける研究が世界中で進められている。NTTの物性科学基礎研究所では、グラファイトと同じ層状の結晶構造を持つBN(窒化ホウ素)に着目して研究を進め、MeTRe法(メートル法:Mechanical Transfer using a Release layer)を開発した。MeTRe法では剥離後の結晶面をきれいに保てるため、従来提案されてきた転写方法では必要となる、剥離後に表面を削って平らにする工程が省けるという。また、剥離するための大規模装置や薬剤が不要になり、作製時間や作製コストの大幅な削減が期待できる。


工業用サファイヤと言えばあの会社かなと思ったものですから。

NTTとも共同開発しとるしな。
太陽電池は急成長産業ですな。

Ntt3safaiya


アマサイ、薄膜、だーいすきー。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 15, 2012

映画『スーパー・チューズデー 正義を売った日』

『スーパー・チューズデー』を見てきました。大統領選を巡って党内の派閥ではめられたり、陥れたり、そういう話です。

「モラルなき闘いが始まる」と唱い文句にありますが、モラルある闘いってどっかでやっているんですかね。実社会に出てん年経つアマサイは、それって別に政界に限らないようなー、ビジネスや技術の世界でもあるし、まあ、政治ほど大きな利権はないからそれなりの悪事だけどねー、えげつなさは政界の右に出ることはないけどねー、と冷めた感じで見ておりました。

アマサイは、バリバリハリウッドよりこういう市井の人の生活が見える映画が好きなので満足でした。

まだ、アメリカでは、宗教が個人レベルから国家に至るまでStock issueなのねん、とか当たり前のことを感心したりしていました(これが結構全体を貫くテーマだったりもします)。

この荒波の社会を生き抜くには、個人の信念しかないと思ったりします。足下を掬われるようなことがあろうとも、踏ん張る力、派手に転んでも立ち上がる力、その人の心でしかないから。

そういう意味では価値的な作品でした。

まあ、みなさんは、『クレヨンしんちゃん』『ジョン・カーター』とかスカッとするものをご覧になった方がよろしいと思いますが。
(^_^;)。


ライアン・コズリングは注目俳優でございますな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

1334498259474.jpg

April 13, 2012

文理の壁なんか無い!

お友達の法学修士出弁理士さんが、知財の集まりで、文系だとわかると露骨に蔑まれることがあると、嘆いていました。

弁理士試験をパスしただけで立派だと思うのですけれど。アマサイはリーガルマインドがイマイチないので、法学部卒の人が羨ましいですけどね。

また一方で、アマサイは自分が工学部出だろということが密かな誇りです。数学とか理科が飛び抜けて出来たわけではなく、好きなことを専攻したいために努力しました。そこでできた克己心ともいうべきものでしょう。そんなことは、世間的には何の特異性もないことはわかっています。内なる自信なだけです。

上記の文系を蔑む知財人は自信がないのでしょう。多数派の驕って他者から何も学ばない人でしょう。特に法学を知っている知財人からは教えを請うことがたくさんあるでしょうし。

それは相手が、経済出でも文学出でも同じです。いろんな専攻の方が集うのが知財のいいところです。

今のところ、文系・理系の区分けは悪いことにしか働いていないようです。

垣根は人が作っている。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 12, 2012

小澤の不等式とは!

1334236948388.jpg

「小澤の不等式」の小澤正直先生が自ら理論を解説した講演会に行ってきました。量子力学の歴史から説明され、「ハイゼンベルグの関係式」の限界と「小澤の不等式」についての関係がよくわかりました。東工大の情報学科のときに科学哲学も勉強されていたと聴き、私も勇気づけられました(放送大学在学時は科学哲学を学んでいたので)。

名誉教授である吉田夏彦先生のお話も聞けました(小澤氏は吉田研究室に通っていた)。私の真後ろに座っていらしただけど、話しかけるネタもなかったし。

修論のテーマを考える材料にもなり、とても充実した時間でした。

物理学ってすごい!再確認もしました( ̄▽ ̄)v

東京に住んでいるとこういう機会がいくつもあるからいいですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】

April 11, 2012

昔はお理工さんの揶揄されたものです。

数学受験の文系大卒は高収入、物理得意の理系も

「理系なら物理が得意」「文系では大学受験で数学を選択した人」。こうした人たちの卒業後の所得は、相対的に高い傾向にあるという調査結果を京都大学の研究グループが発表しました。

 京都大学経済研究所の西村和雄特任教授らが、今年2月に日本の大学卒業者約1万3000人を対象に調査しました。理系の学部出身で、物理を得意としていた人は、化学などほかの科目を得意としていた人に比べて最大で約90万円平均年収が高いことが分かりました。物理を得意とした人は、大企業に正規採用される割合や役職に就く比率が高いということです。

こんなものは、要素の取り方でなんとでもなるんじゃないですかね(-_-;)。

『最大で約90万円平均年収が高い』
最大でねえ。。。

だからって物理習得率が上がるとは思えませんが。


西村先生は物理取ったんですかね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 10, 2012

ソフトさんとは不仲ではありませんbyパテント

特許制度の危機が不可避な理由--ソフトウェア特許をめぐる問題

しかし、この2社が互いを訴える際の対象となっている特許のいくつかに、筆者は非常に驚いている。Yahooの特許の1つは、「ウェブページにおける広告の最適な配置」に焦点を当てており、一方Facebookの特許2件は「ネットワーク上でのユーザープロフィールの配信を制御するシステム」を対象としている。Yahooは、「ネットワーク上でのインタラクションの有効性を判断する手法」についての特許を保有しているが、「ソーシャルネットワークのメンバーのためにパーソナライズされた記事のフィードを生成する」特許はFacebookが持っている。
 近ごろは、ほぼどんなことについてでも、ソフトウェアの特許が取得できるようだ。
 ただし、特許をかき集めて、まるで備蓄されている核兵器であるかのように圧力をかけているのは、FacebookとYahooだけではない。この2週間で大きなニュースになった特許争いだけでも、Appleとサムスン、MicrosoftとMotorola、Research In Motion(RIM)とNXP、OracleとGoogle、TiVoとMotorolaなどがある。
 歴史を通じて、特許は発明者の知的財産の保護と革新の促進において、重要な役割を果たしてきた。しかし、ソフトウェアの場合、特許の有用性は非常に限定的なものだ。さらに最近では、獲得した知的財産で小規模なテクノロジ企業を訴え、楽に大金を得るパテントトロールの存在によって、特許は単に革新を阻害するだけのものになってしまっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
門外漢の方々には、ソフトウエアで特許が取れるというのがなかなか想起できないようですね。前職でも、俺のノウハウを明かすのはヤダとかいう技術者が少なからずいましたね。

まあ、ソフトウエアは特許出願するかしないかは微妙ですけどね。しかし、中小、ベンチャー企業の場合、ノウハウで保持するより特許出願した方が有利な場合が多いですね(って以前にも書いた気がしますが)。

「核兵器」というのはオーバーですね、そういう威力はないと思うのですが。


別にソフトで特許制度の危機というほどの問題は起こっていない。

認識の違いかなあ。


最も制度とは疲弊するものであるけどね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 09, 2012

GMOについてディベートしよう!

モンサント社の特許からは逃げられない?

taraiok 曰く、

モンサント社の特許問題で根の深い問題が露呈している。

モンサント社は 1994 年に自社の「ラウンドアップ除草剤」に対抗できる遺伝子組み換え作物の特許を取得、その作物をさまざまな場所で販売した。この遺伝子組み換え作物の耐除草剤特性は種子にも遺伝する。種子を (隠し持って) 保存して次の年に撒いて育てれば、新たにモンサント社から種子を買わなくても同じ特性を持つ作物が作れる。このためモンサント社は「seed police」と呼ばれる調査機関を作り、1997 〜 2010 年の間に毎年約 500 農園を調査、特許料を払わずこうした作物を作った農民を訴え、そして裁判に勝訴してきた 。

そして今週、アメリカの最高裁判所は「農民が公開市場で買った大豆を植えるのは特許権侵害を引き起こしますか」という質問書をオバマ政権に対して出した。この質問の意図はモンサント社の遺伝子組み換え大豆の特性を持った種子が市場に出回っており、それを知らずに植えた農民がモンサント社に訴えられるという事例が発生していことから来ている。裁判所は一度は過去の事例から鑑みて、モンサント社への特許侵害に当たるという判決を出したものの、最高裁への上告の過程で政治的な判断が必要として、先ほどの質問書をオバマ政権に優先度の高い内容として出すことになった。

そりゃ、モンサント社の管理が悪いだけじゃないの。

不正競争防止法の範疇じゃ、、、

判例できちゃえば、それに従うんだろうな。

いや、農家は弱い者、という観念も違うかしれん。結構したたかなのかも。

アマサイの悪い頭ではどう解釈したらいいかわからんとです。


因みに表題、GMO(genetically modified organism)の是非定番ディベート論題の1つであることを意味しています。

遺伝子組み換え作物を特許法で守ること自体無理があるんではないだろうか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 08, 2012

空飛ぶ望遠鏡

空飛ぶ天文台でとらえた、死んでいく星の姿
【2012年4月6日 NASA】

飛行機に望遠鏡を乗せ、地上のどの望遠鏡よりも高い場所で観測を行う「SOFIA」が、死んでいく星の姿をとらえた。地上では大気が邪魔してできない観測を地球から離れることなく行うことで、科学的な価値はもちろん、新しいタイプの天文台が持つ可能性を示す成果を達成した。
---------------------------------------
NASAの空飛ぶ天文台、「SOFIA」(遠赤外線天文学成層圏天文台)が、太陽のような星が死んでいく際に吐き出す最後の息をとらえた。SOFIAは、口径2.5mの反射望遠鏡を飛行機(ボーイング747SP)に設置し、高度14Kmの空で観測を行う新しい種類の天文台である。

SOFIAが観測した天体は、へびつかい座方向にある「M2-9(ミンコフスキー2-9)」という蝶のような形の惑星状星雲だ。この天体の姿が3種類の赤外線波長でとらえられ、合成画像として映し出された。小さな望遠鏡で見るとまるで惑星のように見えるため惑星状星雲と呼ばれるが、その実体は、太陽のような星が寿命を終えるときに吹き出した物質からなる星雲の一種である。

「SOFIAによる画像は、死んだ星から放出された物質が次世代の恒星や惑星に再利用されることを見せてくれる完璧に近いものです。SOFIAから得られた鮮明なローブ状の姿は非常に満足のいくものでした。これらの初期成果は、重要で新しいタイプの天文台が持つ可能性を証明してくれます」(NASAジェット推進研究所のMike Werner氏)。

Sofia


「SOFIA」がとらえた惑星状星雲M2-9。死期が近づいた太陽のような星の姿だ。クリックで拡大(提供:NASA/DLR/USRA/DSI/FORCAST team)

空飛ぶ天文台というのが何かかっちょいいですが。

銀河の星は減少しているらしいので、消えゆく星は多く見られるのでしょうか。

・2つの輝線で探る宇宙の過去 銀河の星生成は減少傾向に
http://www.astroarts.co.jp/news/2012/04/02subaru/index-j.shtml

でも、飛行機に望遠鏡が載ってるって、、なんだかコメディタッチですね。

実際はこんな感じだそうです。

800pxsofia_with_open_telescope_door


なんか結構安易(^_^;)

NASAでは力入れているプロジェクトみたいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 06, 2012

映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

話題のメリル・ストリープ主演の『マーガレット・サッチャー』を観てきました。

話は現代です。アルツハイマー病になったマーガレットは時折亡くなった夫デニスの幻影を見ます。まだ、デニスで出会う前、少女のころ、市長でもあった父アルフレッド・ロバーツの経営する食料品店で育ちます。ロバーツ家は、敬虔なメジストでもあります。家業を手伝い勉学に励みマーガレットは名門オックスフォード大学に合格します。

24歳のとき下院議会に出馬するもおしくも落選。翌年ロバーツと結婚。彼のプロポーズは「君は当選すべき人だ、落ちたのは食料品店の娘だから。ビジネスマンの妻になれば下院議員になれるよ」でした。

1959年に下院議員に初当選。1970年にヒース内閣で教育科学相に着任。どこまでいっても紅一点の彼女は「マダム」としてしか扱われません。マーガレットは男たちのふがいなさに腹を立てます。アイスブレイクとして党首選に立候補します。側近は「出馬するからには当選して首相を目指せ」と駆り立てます。

首相になると、経済の建て直し、フォークランド紛争、労働組合の抑圧、次々と政策に取り組みます。

その時々に、夫デニスと娘のサポートがあったのです。

なにか非常に励まされる映画でした。鉄の女サッチャーは特別な女性ではなく(非常に優秀ではありますが)どこにでもいる一般家庭の娘なのです。私も庶民の娘、努力と信念さえあれば、何事か成し遂げられるはずと思います。

今期おすすめの一本です。

サッチャーさんは理系女子だったんですね。大学では化学を収め研究者であったそうです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

1333693440052.jpg

April 05, 2012

顔本の逆襲

Facebookが逆襲、10件の特許を侵害したとしてYahooを反訴

米Facebookは4月3日、カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所で米Yahooを特許侵害で提訴した。これは3月のYahooによる提訴への回答と言え、IPOを控えたFacebookがかつてのネットベンチャーに強気の姿勢を見せた。

Facebookは訴状で、10件の特許をYahooが侵害したと主張している。この中には、訴状を提出した同じ3日に米国特許商標庁(USPTO)の認可を受けたばかりの特許、同社設立前にMark Zuckerberg氏の名前で申請していた特許、米IBMから取得した特許などが含まれている。

特許内容としては、デジタルメディアのタグに関する手法、ユーザーがアイテムをフェッチするための手法、ユーザーに推奨するためのシステムなどがあるようだ。

Yahooは3月12日、Facebookがソーシャルネットワーキング、広告、プライバシー、カスタマイズ、メッセージングの5分野で10件の特許を侵害したとして提訴した。Facebookは3月22日にIBMより約750件の特許を取得している。

まあ、当然でしょうね。今ノリノリの会社だしね。

その有力特許の1つがこれみたいです。
-------------------------------------------
United States Patent 7,945,653
Zuckerberg , et al. May 17, 2011

Tagging digital media

Abstract
A method for tagging digital media is described. The method includes selecting a digital media and selecting region within the digital media. The method may further include associating a person or entity with the selected region and sending a notification of the association the person or entity or a different person or entity. The method may further include sending advertising with the notification.

What is claimed is:

1. A method comprising: receiving from a device of a first user a selection of an item of digital media, wherein the item of digital media is stored in a database; receiving from the device of the first user an identification of a person associated with the selected item of digital media; responsive to receiving the information identifying the person, sending a notification to a device of a second user that the person has been identified in connection with the item of digital media; and enabling the identified person to reject the identification, wherein the identified user is different from the first user.

2. The method of claim 1, wherein the notification comprises an email.

3. The method of claim 1, wherein the digital media is accessible in a social networking system, and the identified person is a user of the social networking system.

4. The method of claim 1, wherein the item of digital media comprises a digital image.

5. The method of claim 1, wherein the item of digital media comprises at least one of digital video, digital audio, and digital text.

6. The method of claim 1, wherein the second user is the person who has been identified in connection with the item of digital media, whereby the person identified in connection with the item of digital media is notified of the identification.

7. The method of claim 1, wherein the second user is a person other than the person who has been identified in connection with the item of digital media.

(continue..)

Us7945653_3b

Us7945653_fig8


こんななまくらな特許あっていいんでしょうか。いいんでしょうね。サービスも現前としてあるわけだし。文句があるなら、関係者で解決してね、というのが米国特許法のようなので(訴訟推進ともいう)。

両者ともがんばってください。。。


不毛な感じは否めませんけど。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 04, 2012

書談:岡嶋二人『ダブル・プロット』

■『ダブル・プロット』
著者:岡嶋二人
出版:講談社文庫
発行:2011.02.15
価格:743円税別

岡嶋二人のひさびさの【新作】です。
・記録された殺人
・こっちをむいてエンジェル
・眠ってサヨナラ
・バッド・チューニング
・遅れてきた年賀状
・迷い道
・密室の抜け穴
・アウトフォーカス
・ダブルプロット

未収録作品を3つ加えた新装版だそうです。
(岡嶋は解散してしまったの実質的新作はあるはずもなく)

表題の「ダブル・プロット」は、解説の裏話を見ればおもしろいと思いますが、そうでなければ、なんだか楽屋落ち的な。

「記録された殺人」は、今だったらコンピュータでやっているんだろうなというネタでした。岡嶋はこういうネタを拾ってくるのがうまい。

一番おもしろいと思ったのは「迷い道」かな。ありふれているといえばそうなんですが。なんだか松本清張の短編にもありそうな気がします。最大のトリックは女心というのは普遍的ですね。

どれも80年代の匂いぷんぷんで楽しめました。岡嶋の片割れ、井上夢人氏の作品も凝っていておもしろいですが、こういうまったりしたユーモアがあるのは岡嶋二人ならではの作風です。


徳山諄一氏は今何をしてらっしゃるんでしょうか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫
1333525053894.jpg

April 02, 2012

3Dカメラ

アップル、iPhoneやiPadへの3Dカメラ搭載を検討か--特許出願書類より明らかに

Appleの「iPhone」と「iPad」に搭載されたカメラは必ずしも市場で一番のものではないかもしれないが、カリフォルニ州クパチーノに本拠地を置く同社は、ここ数年でそれを変えていく可能性がある。

 Patently Appleは米国時間3月29日、iOSベースのデバイスに搭載されたカメラで3Dイメージを撮影する方法を記載したAppleの特許出願書類を発見した。Appleのすべての特許と出願書類を追跡している同ブログによると、この技術はレーダーやライダーをのように「深度検出センサー」を利用し、最新で高性能の輝度センサーを使用して、イメージの色をできる限り正確に再現するという。写真の撮影時には、フル3Dイメージが提供される。

 業界全体で3次元が流行していることの重要性を考えると、AppleがiPhoneとiPadへの3Dの組み込みを検討していることは驚きではない。現在発売されているテレビで、3Dをサポートしないものを見つけるのは難しい。また、モバイルの世界では、より多くの企業が3D機能の組み込みを始めている。


別段、発見したというほどのものじゃないはずなんですが。毎日米国特許庁のDBにAppleと入れればそのうち出でくるので(原文がfoundって書いてあるんでしょう)

日本と同じで、出願から1年半経つと公開されます。

IMAGE CAPTURE USING THREE-DIMENSIONAL RECONSTRUCTION

20120075432
Bilbrey; Brett ; et al. March 29, 2012

Abstract
Embodiments may take the form of three-dimensional image sensing devices configured to capture an image including one or more objects. In one embodiments, the three-dimensional image sensing device includes a first image device configured to capture a first image and extract depth information for the one or more objects. Additionally, the image sensing device includes a second imaging device configured to capture a second image and determine an orientation of a surface of the one or more objects.

Apple3d

ちょっと読んだだけではどこに特許性があるのかようわかりませんが。3Dの理論を書いてあるだけなんじゃ、、、

当然、製品に3D機能入れるつもりなんでしょうね。

まだ、特許ではないので様子をみましょう。

まっ、自分の分野の特許公報を読んでいるのは楽しいですよ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

April 01, 2012

仲良くしようw

アップルとサムスン、特許訴訟で和解案を検討か

「Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は、すべての敵をたたきのめすことに前任者ほど情熱を注いでいないようである」と同記事は付け加えている。「Cook氏は、訴訟は必要悪であり、無限の復讐のための手段ではないと考えているようだ」(Bloomberg)

Walter Isaacson氏が執筆し、2011年に出版した伝記の中で、Appleの共同創設者である故Steve Jobs氏は、Googleの「Android」OSを「盗用による」製品であるとみなし、それを葬り去ることを個人的な使命としてとらえていたと記されている。

Bloombergが記事の中で指摘しているように、同社は、Googleではなく、まずはHTCを提訴し、後にサムスンへと訴訟の対象を拡大することによって、その長い戦いを間接的に開始した。Appleが引き続きサムスン最大の顧客であり、サムスンの部品が最新「iPad」を含むApple製品の代表的な機能を担っていることを考えれば、それは奇異な行動であると同記事は指摘している。

初めから、そういうシナリオという気がしないというわけでもないです。レッドオーシャンからは何も生まれないですから。スマートフォンOSを盗用って無理がありますからね。その訴訟費用って機器購入費用に上乗せされるわけですからね。


iPhone買いましたが、林檎教に帰依したわけではありませんw。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« March 2012 | Main | May 2012 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31