無料ブログはココログ

« 映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 | Main | GMOについてディベートしよう! »

April 08, 2012

空飛ぶ望遠鏡

空飛ぶ天文台でとらえた、死んでいく星の姿
【2012年4月6日 NASA】

飛行機に望遠鏡を乗せ、地上のどの望遠鏡よりも高い場所で観測を行う「SOFIA」が、死んでいく星の姿をとらえた。地上では大気が邪魔してできない観測を地球から離れることなく行うことで、科学的な価値はもちろん、新しいタイプの天文台が持つ可能性を示す成果を達成した。
---------------------------------------
NASAの空飛ぶ天文台、「SOFIA」(遠赤外線天文学成層圏天文台)が、太陽のような星が死んでいく際に吐き出す最後の息をとらえた。SOFIAは、口径2.5mの反射望遠鏡を飛行機(ボーイング747SP)に設置し、高度14Kmの空で観測を行う新しい種類の天文台である。

SOFIAが観測した天体は、へびつかい座方向にある「M2-9(ミンコフスキー2-9)」という蝶のような形の惑星状星雲だ。この天体の姿が3種類の赤外線波長でとらえられ、合成画像として映し出された。小さな望遠鏡で見るとまるで惑星のように見えるため惑星状星雲と呼ばれるが、その実体は、太陽のような星が寿命を終えるときに吹き出した物質からなる星雲の一種である。

「SOFIAによる画像は、死んだ星から放出された物質が次世代の恒星や惑星に再利用されることを見せてくれる完璧に近いものです。SOFIAから得られた鮮明なローブ状の姿は非常に満足のいくものでした。これらの初期成果は、重要で新しいタイプの天文台が持つ可能性を証明してくれます」(NASAジェット推進研究所のMike Werner氏)。

Sofia


「SOFIA」がとらえた惑星状星雲M2-9。死期が近づいた太陽のような星の姿だ。クリックで拡大(提供:NASA/DLR/USRA/DSI/FORCAST team)

空飛ぶ天文台というのが何かかっちょいいですが。

銀河の星は減少しているらしいので、消えゆく星は多く見られるのでしょうか。

・2つの輝線で探る宇宙の過去 銀河の星生成は減少傾向に
http://www.astroarts.co.jp/news/2012/04/02subaru/index-j.shtml

でも、飛行機に望遠鏡が載ってるって、、なんだかコメディタッチですね。

実際はこんな感じだそうです。

800pxsofia_with_open_telescope_door


なんか結構安易(^_^;)

NASAでは力入れているプロジェクトみたいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 | Main | GMOについてディベートしよう! »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/54416191

Listed below are links to weblogs that reference 空飛ぶ望遠鏡:

« 映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 | Main | GMOについてディベートしよう! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31