無料ブログはココログ

« May 2012 | Main | July 2012 »

June 27, 2012

そりゃ、ディスプレイは大事ですが。

技術責任者に聞く、ジャパンディスプレイの強み
ジャパンディスプレイ 田窪米治氏、松島聡氏http://techon.nikkeibp.co.jp/article/INTERVIEW/20120625/224982/

ーーーーーーーーーーーーーーー
東芝、日立製作所、ソニーの3社の中小型パネル事業を統合した新会社「ジャパンディスプレイ」が、2012年4月に事業を開始した。社長の大塚周一氏は、「ジャパンディスプレイの最大の強みは技術力」と言う(大塚社長のインタビュー記事)。同社が競争力の源泉とする技術の強みについて、技術と研究開発の責任者である田窪米治氏(執行役員 CTO 研究開発本部 ディビジョンマネージャー)と松島聡氏(研究開発本部 開発企画部 シニアゼネラルマネージャー)に聞いた。

田窪 われわれの主力製品である中小型液晶パネルは、TFTアレイ、液晶セル、周辺システムの3要素から構成されますが、いずれも統合前の3社が世界最高レベルの技術力を持っていました。これらの要素技術を組み合わせることで、顧客に喜ばれる製品を作ることができます。これが、われわれの技術力の優位性です。具体的に、三つの要素技術について順に説明しましょう。

 TFTアレイについては、高精細スマートフォンのキー・テクノロジである低温多結晶Si(LTPS)技術で、東芝モバイルディスプレイが強い技術を持っていました。LTPS技術は、高精細化で課題となるパネル透過率の確保や、ドライバICなどの外付けチップのコスト削減に有効であり、高精細化が進む中小型パネルの分野ではとても重要な技術です。特にわれわれのLTPS技術は、TFTの安定性、設計技術、プロセス技術は、世界トップ・レベルだと自負しています。TFT特性のバラつきや経時変化が小さく安定しているため、駆動のための回路などをガラス基板に組み込みやすいのが強みです。多種多様な回路を画素内に形成できます。このような内蔵回路を工夫することで、外部回路や外付けチップの負荷を減らし、全体の消費電力を下げられます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
はっはっはっは。旧三社がどのような強みを持っているかは関係あるまい。

それがどのように融合しているかじゃろ。これだけ違う三社が共同してやっていくとは、社長はやり手なんでしょうね!
( ̄▽ ̄)v


JDにはちょいとした恨みがw 人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 25, 2012

代替現実とは?

もう1つの現実を体験する「代替現実システム」を開発 -全く新しいインタラクティブメディア体験システムの登場-

平成24年6月21日
独立行政法人 理化学研究所

ーーーーーーーーーーーーーーー
例えば、バーチャルリアリティー(VR) 技術を使えば、人工的に作った世界を高い臨場感とともに被験者に体験させることができますが、そもそも体験内容が人工的なものだということは分かってしまっているため、現実を疑う「あれ?」というメタ認知の働きは立ち上がりません。上述のJohanssonらの研究では、手品のテクニックを駆使して現実操作を実現していますが、「種」が分かってしまうとその後同じ手法は通用しない、などの問題があります。
研究チームは、予め用意しておいた過去の映像を使って、“現実”のシーンをこっそりと差し替える (substitute)ことを代替現実(Substitutional Reality; SR)と呼んでいます。SRを題材にしたフィクションとしては、「マトリックス」や「インセプション」といったSF映画が有名です。フィクションの世界でしか語られなかったSRを実現することができれば、新しい心理・認知実験手法として用いることができ、今まで踏む込むことが出来なかったメタ認知を含むヒトの複雑な高次脳機能へのアプローチが可能になることが期待できます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
それは新しい技術と言えるのか。
それこそ、手品的な手法ではないのか。AR(拡張現実)のような新しさ新しさは感じられないなあ。

続報を待とう。


また理研かよ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 23, 2012

入力信号が見たい!

【AMF 2012】「DDR3波形の本当の姿を見る」、パナソニックがEDAと計測器を組み合わせて実現

LSIや部品が載ったボードでのデバグで、LSI(ダイ)の入力信号波形を見たい(観測したい)と思うことは少なくない。しかし、ダイはパッケージに封止されていて、普通は、直接プローブを当てられない。そんなときには、LSIに近いボードのパターンにプローブを当てて、そこで得た波形がダイにそのまま伝わっていると信じるか、経験を頼りに波形を補正せざるを得ない。

 DDR信号を扱うボードのデバグでは、このような旧来の手法に限界にきていることを、パナソニックの木下智博氏(材料・プロセス開発センター 基盤技術開発グループ デジタルEMC開発チーム 主任技師)が示した。「アジレント・メジャーメント・フォーラム 2012(AMF 2012)」(2012年6月19日と20日にパシフィコ横浜で開催)で同氏が行った講演で見せたスライドが、それである。DDR2 400ではボード上の波形もダイの入力端の波形もほぼ同じだが、DDR3 800では差が出てきている。DDR3 1600になると、波形が全然違う(図1)。

Pana_ddm1_2


アマサイも入力信号波形見たいです(^_^;)
まあ、素人レベルですけどね。
それをプロが真剣に開発してるとはなんかうれしいです。

(企業で発明出しても全部波形が取れるわけじゃないんですよ。シミュレーションいじってこんな感じ、で出してくるので)

パシフィコ行きたかったな。

横浜の展示会はなかなか行けません。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 22, 2012

ミリ波通信チップ

【AMF 2012】「今度こそミリ波通信」、パナソニックがAgilentのEDAでWiGigチップを開発中/

パナソニックは、モバイル機器への搭載を想定して、60GHz帯を使うWiGig(Wireless Gigabit)チップセットの開発を進めている。ミリ波通信への思いや、米Agilent Technologies, Inc.のEDAツールを使って設計した送受信ICの回路などについて、パナソニックのエンジニアが講演した。

しかし、今度こそ、60GHz帯のミリ波通信がブレイクすると同氏は言う。1ビット当たりの消費エネルギーがpJレベルで、既存の無線通信技術に比べて1/10と小さく、これが生きるアプリケーションがあるからだ。具体的には、モバイル機器でHDコンテンツを扱うようになり、それを据え置き型機器や他のモバイル機器との間でやりとりする。ミリ波通信ならば既存の無線LANの20倍の速度を提供できる。例えば、30分程度のハイビジョン映像を10秒以下で送ることが可能だという。

 同氏は、こうしたミリ波通信時代の到来を想定して、60GHz帯通信用のチップセットの開発を進めている。2011年6月には、第1世代品を開発したことを発表した(Tech-On!関連記事)。2012年3月には、第2世代品を発表し(当時のニュース・リリース)、「IEEE VTC(Vehicular Technology Conference Vehicular Technology Conference )2012-Spring」(2012年5月に横浜で開催)でデモンストレーションを行った。第2世代の送受信ICは、第1世代のそれに比べてチップ面積を半減させた。

1340352069084.jpg


もっと速くもっと大量データを、ということですか。
だからチップ面積を小さくして携帯に適用ということですね。

アマサイは「無線女子」であるからにして興味津々です。早く実現するといいなあ。

ミリ波通信いい感じだな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

Continue reading "ミリ波通信チップ" »

June 21, 2012

二位でOK!

スパコン「京」首位陥落 津波予測など成果カギ 次世代機構想、推進に不可欠
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120619/biz12061906580004-n1.htm?view=pc
2012.6.19 06:58
-----------------------
 スパコンの世界ランキングで「京」が3連覇を逃したことは、開発競争の熾烈(しれつ)さを改めて浮き彫りにした。関係者は次世代機で巻き返しを目指すが、厳しい財政状況の中で膨大な開発費への風当たりが強まるのは必至。南海トラフで起きる巨大地震の津波予測や画期的な抗がん剤、電子デバイスの開発など、まずは京の利用で着実に成果を挙げていくことが求められる。

 「さまざまな研究分野で成果を出すことが大切で、真価の発揮はこれから」。理化学研究所の平尾公彦計算科学研究機構長は13日、こう意気込みを語っていたが、完成目前に首位陥落という皮肉な結果になった。
-----------------
日経は「二位へ転落」とか酷い書きようです。いまこそ、スパコン関係者はその意義を語るときではないですかね。

一位のセコイヤを讃え、意欲を燃やすのです。

それが科学者というものでしょう。

こうなるのは予想出来たはず、理研には戦略がないらしい。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 18, 2012

ブログ引越し予定のお知らせ

長いことココログniftyでブログを更新してきましたが、ここにこだわる理由を失いつつあります。他のサービスに移動しようと思っています。

ブログは、みなさんとの交流の場であり、私の貴重な財産です。無くすことはありません。そのまま過去のデータを保持して更新していきます。今のところfc2を候補としています。

詳細はまたお知らせいたします。

尚、掲示板はそのまま同じURLで使用していく予定です。

生きているということは変化するということですからね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 16, 2012

IGZOトランジスタインバータ回路

【VLSI】ルネサス、多層配線に埋め込めるIGZOトランジスタでインバータ回路を形成

「2012 Symposium on VLSI Technology」のセッションT14「Novel Passive and Active BEOL Technologies」では、ルネサス エレクトロニクスが多層配線に埋め込めるIGZO(InGaZnO)トランジスタを用いてインバータ回路を形成し、動作を確認した結果について報告した。講演タイトルは、「Operation of Functional Circuit Elements using BEOL-Transistor with InGaZnO Channel for On-chip High/Low Voltage Bridging I/Os and High-Current Switches」である[講演番号:T-14.3]。

 ルネサスはこれまでも多層配線(BEOL)の中にトランジスタを作り込む「BEOLトランジスタ」と呼ぶ技術を開発してきた。チャネルにIGZO、ゲートやソース/ドレインに多層配線用のメタル材料を利用することで、わずか1枚の追加マスクでトランジスタを形成できる。また、IGZOはワイドバンドギャップ材料であることから10~100V程度の高耐圧トランジスタを形成しやすく、外部との電源インタフェースを論理LSI上に集積できるという特徴を持つ。


Tranzistor

Tranzistor2


♪ソース、♪ドレイン、♪ゲート、トランジスタと聞くと無闇に喜ぶアマサイ

多層配線なんてどこまで可能なんでしょうね。不思議です。

VLSIシンポジウムか。オイラも行ってみたいな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 14, 2012

こえが、おくれて、聞こえるよ。

◆会話をジャマ!UFOで特許…エンジニアのオモロ開発


2009年、産業技術総合研究所の栗原一貴氏は日本科学未来館に出かけた。理由は「好き」だからだ。そこで目にしたのが聴覚遅延フィードバック(DAF)の機器。マイクから収集した話者の声を、少し遅延させてスピーカーから聞かせる仕組みで、吃音者の吃音矯正に効果があるという。驚いたのは、デモを試すと自分の声が止まってしまったこと。
「口調がなぜか『もごもご』となり、しゃべれなくなってしまいました」
 後で調べると、人は話すときに言葉を耳で確認しつつ発話を補正しているので、遅れて聞こえると違和感を覚えて発話がしにくくなるとわかった。そしてその後、お茶の水女子大学の塚田浩二氏にある学会で出会った。塚田氏は当時をこう語る。
「指向性のスピーカーとマイクを組み合わせた機器で、まあ、遊んでいたんです(笑)。数十メートル離れた人に声を飛ばせる、いわばレーザーポインタの音声版。僕はモノづくりが好きなので、気が付くと『ちょっと面白いもの』をつくっています」

公的研究所にはまだこのような自由度があるんですね。

しかし、吃音矯正機とは。


おもしろいことを考える人がいるのですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 11, 2012

反転くまモン

くまモン、中国で“にせモン” 黒白反転の商品 2012年06月09日


県のPRキャラクター「くまモン」の黒白を逆にしたキーホルダーが中国・上海で販売されていたことが8日、分かった。県は、国内での製造や販売に限って、くまモンのイラストやデザインの利用を許可しており、海外での販売は認めていない。県は、くまモンの名称やデザインの著作権登録を急ぐほか、外国企業などによる商標権侵害を防ぐ対抗策を検討する方針。

白黒反転ってすごい裏ワザ(^_^;)。

そこまでニセモノに「こだわる」のか。

その上海業者に関心するアマサイであった
(-。-)y-゜゜゜


ニセモンはやだモン。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 09, 2012

統合検索と構造リンクとな?

アップル、サムスン「Galaxy S3」の米国販売差し止めを請求--2件の特許侵害で

http://japan.cnet.com/apple/35017894/

知的財産追跡ブログのFOSS Patentsが発見した新しい裁判所提出書類によると、Appleは、同社が保有する2件のソフトウェア機能関連特許をサムスンの「Galaxy S3」が侵害しているとして、S3の米国における販売差し止めを求めているという。

 Appleは米国時間6月5日に提出されたその申立書の中で、「Galaxy S3には、『Galaxy Nexus』で既に争点になっている、特許侵害に当たる機能の2つが含まれているため、Galaxy S3はGalaxy Nexusと明確な違いがない」と述べた。

 問題になっている2件の特許は、米国特許番号8086604と米国特許番号5946647である。前者は「統合検索」、後者は「構造を対象とするリンク」に関するものだ。

Us5946647

Usp8086604

「絵」だけ出しておきますが、こんなんで特許取れちゃう的なものですね。59はともかく80番代もこれっていいんでしょうかねえ。

これは多くは言及できないですな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 06, 2012

デザインはエライ

Twitter、ウェブデザイン企業ncludの知的財産を買収
http://m.japan.cnet.com/#story,35017775
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 Twitterは、小規模なウェブデザイン会社であるncludの知的財産(IP)を買収した。買収金額は明かされていない。

 Twitterの広報担当者は電子メールの中で、「ncludチームの何人かのメンバーが現在Twitterで働いていることは事実だ。Twitterはncludという会社自体を買収したわけではなく、そのIPを買収した」と述べた。一部報道として、Twitterがncludを完全に買収したと伝えるものもあった。

 ncludのIPには何が含まれているのか、そして、同社チームの10人のメンバーのうち何人が現在Twitterで働いているのかということについて、Twitter広報担当者はコメントを控えている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Webデザインの会社なんか売れるんですね。日本ではそんなことないよね。単なるデザインだけの知財ではないかもしれません。各種ノウハウとか。

アマサイは、デザイナーを尊敬しています。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 02, 2012

やっぱり仲良くしようよwww

ノキア、パテントトロール問題でグーグルに反論


Googleは、NokiaとMicrosoftがデバイスメーカー各社に「Android」の採用を思いとどまらせるため、共謀してパテントトロールを利用していると批判している。これを受けて、NokiaはGoogleに対し反撃に出た。

 Nokiaで広報を担当するMark Durrant氏は現地時間6月1日、Reutersの取材で次のように述べた。「当社ではまだ申し立ての内容を確認していないが、NokiaとMicrosoftが知的財産権に関して共謀しているというGoogleの主張は誤りだ。両社とも独自に知的財産権のポートフォリオや戦略を有しており、別個に運用している」

 Googleは米国時間5月31日、NokiaとMicrosoftが共謀してパテントトロールに資金を供与することで、Androidにダメージを与えるだけでなく市場における競争をも阻害しているとして、欧州委員会に申し立てを行った。パテントトロールとは、製品やサービスは提供せず、特許のライセンス契約や訴訟を収益源とする組織のことだ。

Googleの逆恨みではないのw
まあ、Microsoftは欧州委員会に告発される(?)常習犯だからね。
Nokiaはもっとまともではないのかな。
2社の共通の敵は、Googleだからね。

敵の敵は味方であるわけだけどね。
Googleも言ってみただけって感じかな。

Nokiaもなかなかビジネスが厳しいみたいですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

June 01, 2012

中小企業知財戦略

特許侵害でデルを提訴へ 日本圧着端子製造
日経新聞 2012/5/30 23:37

 電子部品製造の日本圧着端子製造(大阪市)は31日にも、同社の特許を侵害したとして米デルに損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こす。デルが台湾の電子機器の受託製造サービス(EMS)に製造委託するノートパソコンの部品に、日本圧着端子製造の特許を侵害した模倣品が使われたため。中国でも同様の訴訟を起こす方針で、請求額は合計で数億円規模になる見通し。日本の中小企業の模倣品被害は増えているが、世界の大手企業を相手に損害賠償請求に踏み切る例は珍しい。
中小企業こそ、特許で戦わないといけないんじゃないか。


例えばこんなのあります。

【特許番号】特許第4903630号(P4903630)
【登録日】平成24年1月13日(2012.1.13)
【発明の名称】コネクタ及び電気的接続装置
【出願日】平成19年5月21日(2007.5.21)
【特許権者】日本圧着端子製造株式会社
【特許請求の範囲】
【請求項1】
嵌合要素を支持するソケット要素に対して接続可能なコネクタであって、
前記嵌合要素に対して電気的に接続される被嵌合要素を支持し、前記ソケット要素に嵌挿され且つ前記ソケット要素に係合するプラグ要素と、
前記嵌合要素を電気的に短絡させる短絡片を有し、前記ソケット要素に取り付けられる短絡要素と、
前記プラグ要素に対して第1の掛け止め位置及び第2の掛け止め位置で掛け止めされる掛け止め要素であって、前記第1の掛け止め位置及び前記第2の掛け止め位置の間で移動可能であり、且つ、前記プラグ要素が前記ソケット要素に嵌挿された状態において、前記第2の掛け止め位置にあるときに前記短絡片が非短絡位置へ移動した状態となる掛け止め要素と、を有し、
前記掛け止め要素及び前記短絡要素の一方は、突出形成された掛け止め部を有し、他方は、当該掛け止め部と係合するように形成された掛け止め用受け部を有し、
前記プラグ要素が前記ソケット要素に嵌挿された状態において、前記掛け止め要素が前記第2の掛け止め位置にあるときに、前記掛け止め部と前記掛け止め用受け部とが係合することを特徴とするコネクタ。

4903630


特許出願だけしろしろ、というのは中小企業支援としては間違っているな。
他社を侵害しないように、だけではなく、侵害されたら訴えましょう、の意気込みがないと!

今の日本の風土では難しいけれど。

業界の掟が自由競争を阻んでいる。

特許活用ってずいぶんときれいごとだよね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« May 2012 | Main | July 2012 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30