無料ブログはココログ

« 特許権は必要でしょう。 | Main | 銀河くんの勝ち、いまんとこ »

July 29, 2012

書談:東野圭吾『プラチナデータ』

Platinadata

■『プラチナデータ』
著者:東野圭吾
出版:幻冬舎文庫
発刊:2012年07月

久しぶりに東野作品を読んだ。東野さん作風変えたかな?と思ったが、いつもの圭吾りんだった。

神楽龍平が多重人格と記されているので、どれかは次の人格なんだろうな、と思った。登場からなんとなくわかったが。

DNA登録システム、あり得るでしょうね。指紋と同じで全市民というのは不可能だと思います。照合はスパコンを使えばできるでしょう。

どうやら映画化がすでに決まっているらしい。
神楽龍平:二宮和也
浅間玲司:豊川悦司
浅間、年齢いきすぎでしょう。せいぜい40くらでないとね。
どうやってあのアクロバット的な格闘をするのか。

浅間はなかなか活躍しますな。最後のどんでん返しは東野作品ならではですな。

蓼科兄妹は、登場人物というよりファクタなんですな。

今回も東野圭吾、うらぎりのないおもしろさでした。

アマサイブログまだまだ続きます。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 特許権は必要でしょう。 | Main | 銀河くんの勝ち、いまんとこ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/55309516

Listed below are links to weblogs that reference 書談:東野圭吾『プラチナデータ』:

« 特許権は必要でしょう。 | Main | 銀河くんの勝ち、いまんとこ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31