無料ブログはココログ

« September 2012 | Main | November 2012 »

October 31, 2012

TRIZ、手法より大事なものがある。

導入進む新しいTRIZ
第4回:専任者を設け知財活動に組み込む

日産自動車がTRIZを本格的に導入したのは,1999~2000年にかけてである。そのころ同社は,年間の特許出願件数が1800件にまで落ち込んでいた。そうした同社がTRIZを導入した目的は以下の通りである。

(1)コーポレートブランドにふさわしい特許出願件数を確保する
(2)特許出願件数を確保した後には,より有効な特許網を張り巡らす
(3)そうした特許網をなるべく短い期間で張り巡らす

 当時は,仏Renault社が日産に資本参加し,特許出願件数に対して数値目標がコミットメントとして割り当てられるようになった時期でもあった。2004年には特許出願件数は3000数百件と過去最多を更新し,同件数の増加という目的に対しては一定の成果を収めるに至った。

 そればかりか請求項(クレーム)の数の伸び率が特許出願件数の伸び率以上に向上し,出願している特許1件当たりの請求範囲が拡大しているという。量だけでなく質的にも向上したわけである。

 そしてTRIZの教育を,新入社員に対して行う特許発明活動に関するOJT教育の中に組み込んでいる点が日産のもう一つの特徴である


TRIZとは発明的問題解決手法である。
http://www.idea-triz.com/consulting_top.html

◆膨大な特許分析から生まれた発想手法 ・旧ソ連で、世界250万件の特許を整理分析し、革新的な技術の背景に共通する発想パターンを体系化した手法 ・発想方法論に加えて、膨大な数の特許事例や科学知識を、知識データベースとして備える


おもしろい手法だと思う。しかし特許は創造・開発を経た発明の「結果」だからそれらを蓄積して解析しても発明の手立てはわかるのかなあ、と思っている。発明は思考と実験をかさね、その苦労から生まれるものと思っている。インスピレーション、セレンディピティも何もしない出てくるものではない。手法を学んだからと言って、ただそれだけのものだろう。

と言っても新人教育、特許になれさせるためには意味あることかもしれない。

特許になれさせる発明を生み出す力を育成するには特許公報/公開公報をたくさん読むのが一番いいんだけどね、習うよりなれろ。

大発明創出には長い道のりが必要なのです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 30, 2012

♪できるかな、できるかな♪

Lenovo社、構想設計段階を含むシミュレーション体制を確立


中国Lenovo社は、構想設計、詳細設計、生産準備の各段階の業務でCAEによるシミュレーションを活用する「Highly Valued Workflows(HVW)」を確立、運用していることを明らかにした。構想設計段階ではキー部品の選択やデザインの方針決定、詳細設計段階(金型製作前)は設計案のブラッシュアップと確認、生産準備段階(金型製作後)は最終確認の他、不具合の緊急対応や次機種以降へのフィードバックを目的にしている。仏Dassault Systemes社のシミュレーション・ツール「SIMULIA」部門のイベントを機に来日したLenovo社Advisory CAE EngineerのYuan Chunfeng(元春峰)氏が明らかにした。

 HVWの構想設計段階では、例えばタブレット端末などの厚さや構造を決定する際に実行する。ガラスとしてどのような強度のものを選ぶか、ガラスと液晶ディスプレイとの間隔をどう設定するか、構造部(フレーム)の材質をどうするかなどを通して、全体をどこまで薄くできるかなどを検討、決定する。タブレット端末の上に球を落としたときの状況などのシミュレーションを実行する(図1、2)。

Lenovo_ball

Lenovo_model

アマサイはIBMのThinkPadもってます。てか去年上半期まではそれでブログ更新していました。まだ動きますよ。

ものづくり系特許屋さんとしては大いに興味がありますね。

図にあるように筐体内のデバイス間空間の取り方は難しいのですよ。
それをうまくすることができれば大きなイノベーションとなります。

もっと詳細が知りたいな。

LenovoのThinkpadを買う予定は。。。coldsweats01人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 29, 2012

メイドインジャパンとは?

NHKで『メイドインジャパン 逆襲のシナリオ』なるものが二夜連続でやってました。もう一夜で十分でしたね。『シナリオ』なんて呼べるものは日本メーカにないと感じました。番組作成側もそれがわかっているみたいですね。もう趣旨が「がんばれ!日本企業!」というものです。国営放送にエールを送られる企業って・・・。

もう、拠点をインドとか中国に移して、「グローバル」の観点を変えた方が日本企業の発展になるではないでしょうか。


知財人としては、メイドインジャパンが向上してもらわないとどうしようもないんですが。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 27, 2012

窓ず、その8

【Windows 8発売】MSとメーカー各社が総出で“デジタル”テープカット
Windowsストアも正式公開、パートナーのアプリを多数紹介

 日本マイクロソフトは2012年10月26日、「Windows 8」を一般消費者向けに発売した。東京・秋葉原では、同社とパソコンメーカー各社が勢ぞろいし、発売記念の記者会見とセレモニーを開催した。  続いて、同社業務執行役員Windows本部本部長の藤本恭史氏らがWindows 8をデモ。スタート画面の新しいユーザーインタフェースや、アプリ配信サービスの「Windowsストア」から入手できるWindows 8用アプリの紹介をした。同ストアは本日、正式公開に至ったといい、ニュース記事が読める「日本経済新聞 電子版」のアプリや、MetaMojiの手書きアプリ「Note Anytime」などを披露。また家庭向けのアプリとして、レシピを検索できる「クックパッド」や、地域のチラシを閲覧できる「シュフーチラシアプリ」(凸版印刷)、女性向けの美容情報アプリ「Daily Beauty Navi」(資生堂)などを紹介した。

Win8_pre

なんか、PCユーザは誰も興味ないと思ってるのは私だけ?

だって、iPadにキーボードを常設しただけじゃないの。それは新しくないでしょう。

パソコン買い換えないといけないでしょう。ユーザに負担を強いてメーカがうはうはってありえないでしょう。Macで統一する人が増えるんじゃないでしょうか。

アマサイは少なくとも時期機種はMBAですね。

だって、去年モバイルPC買ったばっかりだぞ(-"-)


日本メーカの爺どもがぬか喜びをしておるわい。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 26, 2012

「国際人」は必要ないけれど

ちゃんと見てなかったんだけど、韓国アイドルグループがなぜ海外で売れるのか、初めから海外で売れることを目的としているから、てな番組をやっていた。

当たり前のことだが、とても大事なことと思った。

海外マーケットを開拓しないで、すっげー製品作りました、東南アジアで売ってきて、それは無理だろう、という話。

なんだか、日本の電機業界が凋落しているのはそのあたりに問題があるような気がする。
我が業界の特許・知財ではどうだろうか。多くの企業では取りあえず日本出願して様子を見て米国・中国等に移行する、という方法が多いように思う。

それは間違いではない。特に資金が限られた中堅・中小企業では致し方ないことである。
しかし、もう海外で売る(出願する)と決めないとどうしようもなくなるのではないだろうか。
(まあ、たとえばカメヤマくんのことだよ)
単一国、共通言語、共通民族で1億を擁するのは日本ぐらいしかない(中国もインドも共通民族ではない)。それで企業は結構回っていく。まだまだそれに甘えているように感じる。

その点、韓国は先見性があるね。国内需要は直に頭打ちなると思って海外戦略してたね、現代もサムスンも。


勿論、海外に無闇に出て行ってもだめである。ビジネスとは難しい。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 24, 2012

High Performance Computing

第2回:「F1ワールド」だったスパコンの世界で「HPC」という言葉に出合った
ものづくり技術者が見た「スパコン」の世界


スパコンの世界で、よく出てくる用語の1つにHPC(High Performance Computing)という言葉があります。著者が最初に出会った時はHPTC(High Performance Technical Computing)という表現も併用されていました。ハイパフォーマンス・コンピューティング…。要約すれば、普段皆さんが必要としている計算(コンピューティング)とは次元の違う大規模な計算を、ごく短時間で行わなければならないということです。では、それはどんな計算なのでしょうか。

 例えば、気象の分野で台風の進路予測を、細かく正確に「シミュレーション」する。計算範囲が関東地方だけではなく、地球を丸ごと分析するとしたら…。しかも、気象予測は「1時間後の進路予測は1時間以内に計算を終わらせないと予測の意味がない」のですから、非常に大規模な計算を「高速に」行う必要があります。そこでHPCとなるわけです。

 つまり、ただ「速い」だけでなく「短時間で行う」ということ。まさにトップスピードのみならず、短時間での加速減速を可能にした「F1」という言葉がぴったりなのです。F1が大好きな方なら、なぜF1がサーキットを速く走れるか、その重要な要素がブレーキ性能や加速性能であることをよくご存じでしょう。そのことを考えれば、スパコンに対してなぜ私が「F1」を代名詞として使うのかも、ご理解いただけるのではないかと思います。


蓮舫さんのおかげですっかり有名になったスパコンです。

「計算機」が早くて何がいいんだ?という素人考えが専門家に伝わったのはよかったことだとアマサイは思っています。

iPS細胞の山中チームで実験の「総当たり」をコンピュータ上でできる、ということ想定してもらえれば理解してもらえるでしょうか。

もちろん、iPS細胞は手を使って実験しなくていけないのですが。
また、総当たりでなくてもよいアルゴリズムがあると思いますが。

アマサイもこの記事を見て初めて「短時間で行う」有益さが少しわかりました。

最先端科学を一般市民に理解してもらうのは難しいですね。

でもそれは全ての研究者に要求されて当然と思います。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 23, 2012

特許と社会の関係性

「デザイン特許の適用範囲は限定的に」米控訴裁所長インタビュー

レーダーさんはとても良い人だ。去年のAIPPIのセミナーのとき、早めに来て聴講者に一人一人挨拶をしてくれた。アマサイとも握手してくれた。良い人だ。

レーダー所長は同日、サムスン・アップル間の訴訟で論点となっているデザイン問題について「デザイン特許として保護されるのは、機能的な部分ではなく、装飾的または審美的な要素だ。デザイン保護は限定的でなければならない」と述べた。言い換えれば、機能的に必然的なデザイン、例えば丸くなければ回転しない自動車のタイヤなどは、特定業者がデザイン特許を主張できないという意味だ。

意匠が米国ではデザイン特許とカテゴライズされているのは、問題だとアマサイも思う。日本のように、意匠法と特許法が別な方がむしろ出願人にも得だと思う。

しかし、必須標準特許(FRAND)をめぐる解釈では中立的な立場を示した。FRANDとは、特定の業者が開発したとしても、適正な対価を支払えば、誰にでも公開すべき技術を指す。サムスンは自社の通信関連の特許をアップルが無断使用したと主張しているのに対し、アップルはサムスンの通信関連の特許はFRANDに当たり、特許侵害の主張は認められないと反発している。

これについて、レーダー所長は「FRANDの解釈で重要なのは、(特許侵害の有無や相互契約下で使用しているかどうかではなく)市場価値をいかに判断するかだ」と述べた。

 レーダー所長は、特許の過保護によるデメリット論や消費者の選択が制約されるという論点については「絶対に同意できない」との立場を示した上で「特許保護の結果、価格が上がると主張するが、特許制度がなければ今のような技術進歩はなく、画期的製品は生まれなかったはずだ」と指摘した。


特許の過保護というより、安易に特許にしてあとは当事者の利害調整⇒裁判に委ねるというのが問題である。たぶん、レーダー氏もそのことを指しているのだろう。

米国のプロパテントは誰もが危機感を持っている。
「特許の独り勝ち」は一番いかんことだと思う。

ところで、これ、朝鮮日報の記事なんだね。
レーダー氏が来日したときはこのようなインタビューをしたんだろうか。
記憶にないけど。
(あったような気もするが)

日本には特許制度とその流通に驕りが見られるように思う。
時流に合わせて法改正を可及的速やかにしているしぃ~
各国情報もしょっちゅう流しているしぃ~

でも、一般市民には相変わらず、特許=わかわからん難しいもの、にしているんじゃないのかな。そこを改めないと日本は技術的だけじゃなくて制度的にも韓国に遅れを取るんじゃないか。

要は庁と○○士会の利益しか考えていないんじゃないかということさ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 22, 2012

ハード・ソフトの融合って当然でしょ。

似て非なる「AmazonのTIのCPU事業買収」と「国内10社のルネサス出資」サービス・ソフト・ハードの融合にはユーザー企業の覚悟も試される

 先週、オンライン書籍販売の米Amazon.comが米Texas Instruments (TI) のCPU事業の買収を検討中という報道がありました。なぜ、AmazonにCPUというハードウエアの事業が必要なのか、驚いた方も多いと思います。

いえ、別に驚きませんが。ソフト会社がハード会社買うって昔からでしょう。

今回のAmazonのTIのCPU事業の買収は、そういった、IT融合時代の象徴的な出来事のように感じます。一方、日本はどうなっているのか。先日、経済産業省が主催した「IT融合シンポジウム」(関連URL)が開催され、私も次世代ビッグデータ処理基盤システムに関して講演を行いました。こういった、IT融合の動きが日本にも無いわけではありませんが、アメリカと比べてしまうと、残念ながら、まだまだ鈍い。 (略) 日本では電機産業が経営難に陥り、「もう電機産業は日本ではできない」、「自社で様々な業種を手掛ける垂直統合は悪で、水平分業にすべき」、といった論調が多いです。でもそれは、大きな誤解。これからは、ハード、ソフト、サービスなどの垂直統合が必要とされているのです。

悪って誰が言っていますか?産業構造はそんな簡単なもんじゃないですよ。

 そもそも、日立、三菱電機、NECの3社の半導体部門が合併してできたルネサスに、更に、10社も出資したら、「船頭多くして・・・」となり、再建に向けて、リーダーシップが発揮できるのか、心配です。  出資するトヨタやパナソニックなどのユーザー企業の側にも、どれだけ半導体の事業にコミットすべきか、迷いがあるのではないでしょうか。  サービス、ソフト、ハード融合の時代に変革が求められているのは、ハードウエア企業だけではありません。半導体といったハードウエアを使う、インターネットサービスから自動車産業まで、ユーザー企業の側にも、覚悟と戦略が試されているのです。

この記事は小学生の作文?単体同士の合併だからすんなりいくんですよ。数社が各事業部を差し出したらルネサスになるに決まってるでしょう。


このコーナーは毎回MOTを貶めているな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 20, 2012

リンク集を更新しました。

リンク集「私の行く場所」に以下のブログをリンクしました。
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/about.html
(サイドバーにもでています)

『英文契約書と法務と特許を行ったり来たり』
『名古屋の 商標亭
『経営者のための特許管理』


知財関係の知り合いでブログをやっていらっしゃる方は結構いらっしゃいます。知財関係者リンクを作ろうかと思っていたのですが、めんどくさいw。coldsweats01

今回は、リアル、ネットでお世話になっている方でアマサイからささやかながら応援をしたいという方をリンクしました(アマサイブログにリンクされるとアクセス数が上がるというご意見もありましたので)。

ですから『パテントサロン』であるとか、某不良社員さんのブログなど有名どころ、事務所公式HPなどは特にいれませんでした。

アマサイとネット、リアルでご存じの方でリンクしてほしいという方はおっしゃってください。
m(_ _)m


「私の行く場所」アマサイ共々宜しくお願いいたしますwink。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

アマサイブログもよろしくw

佐藤秀峰 「ブラよろ」二次利用フリーにしたらすごいことになったよ報告。


「ブラックジャックによろしく」二次使用フリー化から1ヶ月が経ちました。

先日のニコ生「月刊 漫画ライブ 10月号」でもお話しましたが、おかげさまでいろんな場所でたくさんの方に作品をご利用いただいております。
放送はアーカイブが残っておりますので、よろしければご覧ください。

二次利用に関しましては、フリーということで僕には直接著作権収入はありません。

では、何も収入がなかったかと言うと、漫画 on Webの閲覧者数が大幅(3~5倍くらい)に伸び、僕個人でいうと「新ブラックジャックによろしく」を始め、他の著作の売り上げが非常に良いペースで伸びています。
二次利用フリー化に合わせて開催した原画展も100万円以上の売り上げがあり、無事成功と言えるものでした。
原画を販売することで製作費を捻出できないかという取り組みでもあった訳ですが、原画は1枚平均12万円くらいでお買い上げいただくことができ、今後の展開に希望を持てるものでした。
クラウドファンディングで資金を募り、さらに地方での原画展を開催できないかと計画中です。

とりあえず、二次利用フリー化で僕自身にはこのような影響がありました。

新規のお仕事の依頼は90件くらいいただいたかな?


佐藤氏の漫画はちゃんと読んだことがないのですが(青年誌の作家はあまり好きな人がいない)、ときどきネット上で物議を醸しだしている方ですな。

しかし、これはデジタル書籍の先駆け的なビジネスモデルかもしれませんね。有名な作家でも、昔の作品は品切れ絶版になっていることがあるのですから、どんどんデジタル公開していけばいいですね。

亡くなった方のご遺族もいっそのこと作品をフリーにすれば、故人の宣揚にもなるのではないでしょうか。

アマサイも自分の「作品」で金儲けしたい。lovely人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 18, 2012

もっぱらコンビニ弁当ですが。

ほっかほっか亭:「ほっともっと」に逆転勝訴 東京高裁

持ち帰り弁当大手「ほっかほっか亭」チェーンを離脱して「ほっともっと」を設立した「プレナス」(福岡市)がフランチャイズ契約に違反したとして、営業管理会社「ほっかほっか亭総本部」(東京都港区)が約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が17日、東京高裁であった。鈴木健太裁判長は「総本部の利益を全て奪いかねず、重大な違反行為」として、プレナス側勝訴の1審東京地裁判決(10年5月)を変更、約11億円の賠償を命じた。

なんだかえげつない事件ですね。
離脱して商標違反とは。
私もほっかほっか亭とほっともっとは同じ会社と思っていました。
商標論からいれば難しい話がいろいろあるんですが、それはあいぎ特許事務所のひろたセンセが説明してくださるだろう。
・名古屋の商標亭
http://blog.goo.ne.jp/aigipattm

ほか弁も今は利用することがなくなりました。

商標を軽く考えてビジネスする人が多いようです。

アマサイも知財人としてもっと商標を勉強しなくては。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 17, 2012

回復を実感するにはまだまだ。

タイトルが能天気すぎてびっくりしてしまいました。

パナソニックなど堂々たる顔触れ
 開所迫る!知的財産国際取引所
「電機・機械中心に特許出願は回復」(翻訳センター)


山中伸弥教授のノーベル賞受賞を契機にバイオ関連株のほか、特許など知的財産(知財)関連株にも関心が波及。翻訳業界トップで、特許分野については翻訳から出願、権利管理まで手掛ける翻訳センター(2483・JQ)も高値を払ってきた。世界初の知的財産国際取引所「IPXI」(本社シカゴ)が、今秋の取引開始を目指していることもあり、優れた知財を持つ銘柄、知財支援銘柄への関心も高まっていきそうだ。

IPXIは、特許・技術の使用権を売買する市場で、上場された知的財産の利用を希望する企業などが必要量に応じて購入する仕組み。会員制取引所で、ソニー(6758)の子会社であるソニー・コーポレーション・オブ・アメリカや米自動車大手フォード・モーターの子会社、JPモルガン・チェース、シカゴ大学などの企業や大学などが会員に名を連ねているようだ。
(中略)
参考までに、特許分析のパテント・リザルト(東京都台東区)が集計した「米国 特許資産規模ランキング 2012年」の上位10社を表にまとめた。上位10社中、パナソニック(6752)、キヤノン(7751)など日本企業が5社ランクインしており、米国市場において積極的な出願を継続していることがうかがえる。前年との比較では、前回12位だったセイコーエプソン(6724)がトップ10入り。主に08年に出願したインクジェット関連の特許などを昨年度に多く取得したことが背景。

あんまりね、当てにならないですね。出願すべきとこに出願してきたというだけの話で。
証券新聞の記事だし。


翻訳センターによると、「リーマン・ショック後、特許業界は落ち込んだが、電機・機械領域の特許出願を中心にここ回復傾向。出願先は従来は欧米、中国、韓国が大半だったが、最近は東南アジアや南米への出願が増えている。このほか、分野別では、バイオ関連は増加傾向」という。(Q)


Plank20121015_2

アマサイは回復したとは見ていません。コスト削減でも最低限の特許は保持しなくてはいけない企業の苦肉の策といったところでしょう。

「目のつけどころがシャープ」な会社はどうしっちゃったんですか、とか身も蓋もないこと言ってみたりする。

景気回復にはまだかかるでしょう。長い目で見ないと。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 16, 2012

端子ピッチが大事です。

2020年の配線/接合の基盤技術を解説(1) 須賀 唯知=東京大学 教授,大塚 寛治=明星大学 名誉教授・特別顧問


2020年におけるデバイス実装の基盤となり得る配線/接合技術を開発した。数十Gビット/秒の高速伝送を端子のピッチが数μmの高密度パッケージで実現する。

 この実装技術は,(1)ペア線路による高速信号伝送と(2)常温での接合を要素技術とする。(1)のペア線路は,隣接配線間のクロストーク(干渉)を抑制する。これによって,従来からの2値伝送による簡素な入出力インターフェースを利用できる。(2)の常温接合は,固体材料の表面活性を利用して150℃以下の低温での接合を実現する。材料同士を直接接合させるため,界面層をなくし,高信頼かつ低コストにできる。

 これらの技術を含んだ実装基盤技術を「IMSI Model Ⅱ」と名付けて体系化した。そして,産学の共同研究機構であるIMSI実装工学コンソーシアムを通じて特許などを公開している1)。

Mems_strip

図1 ストリップ線路より強いカップリングで伝送 既存のストリップ線路と今回の内層スタックト・ペア線路を,信号伝送時の電界強度を可視化して比較した。内層スタックト・ペア線は,ペア線間ではカップリングが強力である一方,隣接する線路に電磁界は達しておらず干渉が少ないことが分かる。著者のデータ

配線は大事です。実装技術はそこに大きく寄与しますから。マイクロ波を勉強していたので、ストリップ線路はなんだか懐かしい気がします。

連載のようですので次号が楽しみですね。

この分野で仕事があればバリバリ発明発掘するのですが。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 15, 2012

飛行場のハイローテク

バードストライクって何かと思いました。


「羽田空港でバードストライク低減に向けて適用中」、NECが鳥位置検出支援装置を発売


NECは、航空機が離着陸する際に、鳥が航空機に衝突する「バードストライク」の危険性を軽減するための装置群「鳥位置検出ソリューション」を発表した(ニュース・リリース)。国内外で広く販売を開始する。同装置群は、東京国際空港(羽田空港)に採用されている。

 現在、羽田空港では、バードパトロール員が空港を巡回し、目視で鳥を見つけるたびに防除作業を実施しているという。新製品の導入によって、空港及びその周辺を常時監視し、早期に鳥を発見することにより防除作業の効率化を図ることが可能になる。

 特に、目視による鳥の検出が難しい夜間では、バードストライク発生の抑制に大きく貢献しているとする。さらに、鳥の検出データを蓄積し、鳥の動静を把握することで生態等の分析が可能となり、その分析結果から防除対策の検討・実施を支援できるという。

Nec_bird


案外、機械でできそうでしてないことがあるんですね。
確かに鳥が巻き込まれて事故になるとは聞きますね。

しかし、大音響を出して鳥を追い払うって、案山子レベルのアナログ性(^_^;)。

デジアナ技術ってこういうこと?!

こういうのもバイオインフォマティックスなのかな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 14, 2012

茗荷谷祭@放送大学

何度か書いていますが、働きながら放送大学大学院の選科履修生という身分でもあります。

他の大学と同様学園祭的なものがあります。
放送大学は全国にあり、スクーリングや試験を行うために学習センターという施設があります。私は文京区にあるセンターに所属しており、今日はその近くの駅の名をとり「放送大学文京学習センター茗荷谷祭」というものが開催されました。全国でも今日やっているところは多いようです。

1_4


そこを中心に学生同士の交流、サークルなどもあります。その展示会といった感じで一般大学のような派手ものはありません。私は「科学サークル」というものに属しているので(これは全国の学生が所属しているのですが、普段の活動は文京学習センターでしています)そこに顏を出しました。ちょうど数学勉強会をしていました。

2


今日来たのは、朽津耕三東大名誉教授(前放送大学教授)の量子化学ゼミの参加のためです。

3


休憩時間で、他のサークルでコーヒーを飲んでいるのでだれもいませんw。


昔、学部に所属したのを入れると10年くらい放送大学にいるはずですが、文化祭に参加するのは初めてかな。

まあ、こういう行事も楽しいかな。

渋谷区にもセンターがあるのですが、そこはもっとにぎやかなかな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 13, 2012

オラクル、オラクル、るるるる。

Java使いには気になる事件です。

オラクル、「Java APIを著作権の対象と認めず」判決を不服とし上訴へ--対グーグル訴訟

データベース界の巨人であるOracleは、米カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に対して「上訴通知書」を提出し、OracleのJava APIが著作権の保護対象とならないというWilliam Alsup判事の判決を控訴審で見直すよう求めた。

 Oracleは、GoogleのモバイルOSである「Android」で使用されている37件のJava APIの使用に関連して、Googleを著作権侵害で訴えていた。Googleは、プログラミング言語Javaが自由に使用できる以上、この言語を使用するうえで必要となるAPIも自由に使用できると主張していた。Oracleは、GoogleがSun Microsystemsからライセンスを取得することなしに、意図的に該当APIを使用したと主張している。なお、Sun Microsystemsは2010年にOracleによって買収されている。


著作権侵害ねえ、それをAPIで問うのは難しくないですかね。

地裁の見解は正当だと思いますよ。


Alsup判事はその後、APIは著作権の保護対象にならないという裁定を下し、Oracleの著作権侵害の申し立てを棄却していた


特許侵害が認められなかったからって(US6061520等)著作権侵害だなんて、弁護士の言いなりですな、オラクルさん。

まあ、それで米国司法界は成り立っているのでしょうな。日本もそうすればロースクール卒の無職者なんて出ませんな。

(新人弁護士とベテラン弁理士がタグを組んで、訴訟をバンバンするというビジネスを思いついた。もうだれかやってるかなw)

プログラミングも勉強してるアマサイです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 12, 2012

文学と平和

ノーベル文学賞は村上春樹でなかったようですね。文学なんか優劣を競えないと思うのですが。科学関係は実績を残し長生きした人の誰に当たるかな的なものですけど(文学賞はそんな要素はない)。今回の医学生理学賞は、山中先生の実績はもちろんですが、同時受賞のジョン・ガードン博士が結構なお年だからでしょ。

歴代の受賞者を見ていると、各国の文化を世界に知らしめるという目的があるように思います。ここで春樹が取ったところで「追認」でしょう。

春樹氏の作品は3冊くらいしか読んでいないです。それなりにおもしろかったけど、日本にはもっと良い作家がたくさん居るのに、なぜ春樹氏だけがそんなに人気があるのでしょう。

「春樹」と書いてあることでお察しいただけるかと思いますが、私は村上龍のファンです。って言っても読んでいたのは90年代までですけどね。タレントになっちゃったら良いものは書けません。

芥川賞受賞当初からいろんなことをやっていた人ですけれど。

今回の文学賞は中国人ということで中国の政治や悪さ?だけでなく文学の日の目を見たのはよいことです。全く海外の現代文学には無知なアマサイですが。

今日は平和賞の発表でした。「平和賞なんてなくてもいいでしょう」という意見が多いですが、アマサイはあってよいと思います。飽くまでノーベル委員会の見解ですが、「平和とは何かを考える」きっかけとなります。

EUがなにしたっていうの?という議論は非常に有益ですし。

(無くてもいいのは経済学賞だな(^_^;))

日本が翻訳大国でほんとうによかった。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 10, 2012

続き、ノーベル賞とか、特許とか

今日はノーベル化学賞の発表だったそうです。生化学分野であることしかアマサイにはわかりません。

これは専門家におまかせします。

RT @popeetheclown: ノーベル化学賞2012を140字で解説する:私達が周りの空気を読むように,細胞は細胞膜に配置したGタンパク質共役受容体=GPCRを使って,周りの環境や遠く離れた細胞からのシグナルを読み取り,その情報を細胞内に伝える.レフコウィッツ,コビルカ両博士はGPCRが働く仕組みを解明した.


今日のツイートの中で、研究状況についてよく知っていらっしゃる方が、おそらく山中研究室のことでしょうが、「知財で研究費くらい出ないの」と書いていました。

ノーベル化学賞をとった根岸英一氏、鈴木章氏は「研究結果を特許にしなかったのは自由につかってほしいからだ。だから特許で儲けはいない」と言っていたようです。今回は山中先生自身が特許取得に力を入れていると名言しているですから、じゃあ、儲けがあるでしょう、と考えても仕方ないですね。

iPS細胞に焦点を当てた「特許会社」なるものも報道されてましたしね。

当事者でないので、特許の運用はわからないのですが、世間一般が思う「儲ける」とはほど遠いのではないでしょうか。

でなかったら、正規雇用研究者、職員がもう少しいそうですから。

しかし、京大とその周辺はがんばってると思います。

「儲け」なくてもいいですが、大学知財をより良い方向に導くきっかになると思います。


山中先生の知財発言は、知財関係者をも勇気づけるものです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 09, 2012

ノーベル賞とか、特許とか。

今期のノーベル物理学賞は量子光学だそうです。。。アマサイはまだ趣旨を理解しておりません。賢い方がきっとまとめてくださるので、それを待つことにします。

しかし、今日の7時、9時のNHKニュースは冒頭から山中先生夫妻の記者会見です。

あのう、物理学賞発表されたはずですが。

伝聞によると「今年の物理学賞は日本人ではありませんでした」というのがニュース原稿で読まれたそうです。

それはニュースではなかろう。

まあ、気持ちもわかります。物理の受賞理由を聞いてもわからない。医学・生理学ならわかるということはないでしょうが、どうやら、病気治療に将来役に立つことらしい、となったら人々の興味もそちらに固定されてしまうでしょう。

それに山中先生は紳士であるし、人柄も良いという大評判。どっかの爺と違って「日本にいたからこそ取れた賞」と徹頭徹尾謙虚。「これからは応用に向けてがんばっていかなければなりません」ちょー前向き。「国民のみなさん、プレスの方々のご理解」と周りへの配慮も忘れない。

山中先生及びそのチームは素晴らしい。

しかし、今日は物理学賞の発表日なんですが。

また、iPS細胞と特許についても取りざたされておりますが、これはこれで一口では言えません。京都大学側の対処が万全であったとも言えないでしょう。が、日本の研究にしては知財関係者はがんばっていたとは思います。

知財人の一人として、研究、その発表も大事だが、世界で勝負するにはまず海外特許を取得、取得すべく努力することをiPS細胞の事例で、研究者の方々に学んでいただきたい。

ノーベル賞取ったからと言っても、研究費を倍増とか無理でしょう(他にも大事な研究はあるし)。しかし、特許出願関係費は、国から出してもいいんじゃないかな。他分野についても同様です。


山中先生、関係者の皆様、本当におめでとうございます。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

October 08, 2012

全てはボーアさんのおかげです。

山中伸弥先生がノーベル医学・生理学賞を取られたそうでおめでとうございます。

Twitterをやっていらしゃない方には、アマサイ死亡説が、別に流れていないと思いますが。
(^_^;)

ブログ書けないほど忙しいという状況を初めて体験しました。
科学、技術、知財ニュースもTwitter以外では見ていません。

昨日のGoogle表紙はニールス・ボーアであったので、久方ぶりに書いてみました。
(それでも24時間経ってしまいましたがね)

Bohr11hp


引用にはwikiが一番無難ですな。

コペンハーゲンに生まれ、1903年にコペンハーゲン大学に入学。1911年にイギリスへ留学、キャヴェンディッシュ研究所のジョゼフ・ジョン・トムソンのもとでの研究後、1911年にマンチェスター大学のアーネスト・ラザフォードの元で原子模型の研究に着手した。コペンハーゲン大学に戻り、マックス・プランクの量子仮説をラザフォードの原子模型に適用して、1913年にボーアの原子模型を確立した。1921年にコペンハーゲンに理論物理学研究所(ニールス・ボーア研究所)を開き、外国から多くの物理学者を招いてコペンハーゲン学派を成することになる。原子物理学への貢献により1922年にノーベル物理学賞を受賞。 その後も、ヴェルナー・ハイゼンベルクらの後進とともに、量子力学(行列力学)の形成を推進。エルヴィン・シュレーディンガーが波動力学を発表したときには、コペンハーゲンに招きよせ、討論に疲弊して倒れたシュレーディンガーの病床で議論を続けたことは有名である。アルベルト・アインシュタインが量子力学に反対するようになると、尊敬するアインシュタインとも論争を続けて説得しようとした。
量子力学も基礎から勉強せねばいかんと思っているアマサイです。 ぼちぼち初めております。

取り敢えずこれでございます。

■『量子力学―ランダウ=リフシッツ物理学小教程』 (ちくま学芸文庫)
L.D. ランダウ (著), E.M. リフシッツ (著), L.D. Landau (原著), E.M. Lifshitz (原著), 好村 滋洋 (翻訳), 井上 健男 (翻訳)

_


今日もエイエイオーってな気分で勉強いたします。

またなるべく更新いたします。生暖かく見守ってくだせぇ。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« September 2012 | Main | November 2012 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30