無料ブログはココログ

« 端子ピッチが大事です。 | Main | もっぱらコンビニ弁当ですが。 »

October 17, 2012

回復を実感するにはまだまだ。

タイトルが能天気すぎてびっくりしてしまいました。

パナソニックなど堂々たる顔触れ
 開所迫る!知的財産国際取引所
「電機・機械中心に特許出願は回復」(翻訳センター)


山中伸弥教授のノーベル賞受賞を契機にバイオ関連株のほか、特許など知的財産(知財)関連株にも関心が波及。翻訳業界トップで、特許分野については翻訳から出願、権利管理まで手掛ける翻訳センター(2483・JQ)も高値を払ってきた。世界初の知的財産国際取引所「IPXI」(本社シカゴ)が、今秋の取引開始を目指していることもあり、優れた知財を持つ銘柄、知財支援銘柄への関心も高まっていきそうだ。

IPXIは、特許・技術の使用権を売買する市場で、上場された知的財産の利用を希望する企業などが必要量に応じて購入する仕組み。会員制取引所で、ソニー(6758)の子会社であるソニー・コーポレーション・オブ・アメリカや米自動車大手フォード・モーターの子会社、JPモルガン・チェース、シカゴ大学などの企業や大学などが会員に名を連ねているようだ。
(中略)
参考までに、特許分析のパテント・リザルト(東京都台東区)が集計した「米国 特許資産規模ランキング 2012年」の上位10社を表にまとめた。上位10社中、パナソニック(6752)、キヤノン(7751)など日本企業が5社ランクインしており、米国市場において積極的な出願を継続していることがうかがえる。前年との比較では、前回12位だったセイコーエプソン(6724)がトップ10入り。主に08年に出願したインクジェット関連の特許などを昨年度に多く取得したことが背景。

あんまりね、当てにならないですね。出願すべきとこに出願してきたというだけの話で。
証券新聞の記事だし。


翻訳センターによると、「リーマン・ショック後、特許業界は落ち込んだが、電機・機械領域の特許出願を中心にここ回復傾向。出願先は従来は欧米、中国、韓国が大半だったが、最近は東南アジアや南米への出願が増えている。このほか、分野別では、バイオ関連は増加傾向」という。(Q)


Plank20121015_2

アマサイは回復したとは見ていません。コスト削減でも最低限の特許は保持しなくてはいけない企業の苦肉の策といったところでしょう。

「目のつけどころがシャープ」な会社はどうしっちゃったんですか、とか身も蓋もないこと言ってみたりする。

景気回復にはまだかかるでしょう。長い目で見ないと。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 端子ピッチが大事です。 | Main | もっぱらコンビニ弁当ですが。 »

「知的財産」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/55914258

Listed below are links to weblogs that reference 回復を実感するにはまだまだ。:

« 端子ピッチが大事です。 | Main | もっぱらコンビニ弁当ですが。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31