無料ブログはココログ

« ノーベル賞とか、特許とか。 | Main | 文学と平和 »

October 10, 2012

続き、ノーベル賞とか、特許とか

今日はノーベル化学賞の発表だったそうです。生化学分野であることしかアマサイにはわかりません。

これは専門家におまかせします。

RT @popeetheclown: ノーベル化学賞2012を140字で解説する:私達が周りの空気を読むように,細胞は細胞膜に配置したGタンパク質共役受容体=GPCRを使って,周りの環境や遠く離れた細胞からのシグナルを読み取り,その情報を細胞内に伝える.レフコウィッツ,コビルカ両博士はGPCRが働く仕組みを解明した.


今日のツイートの中で、研究状況についてよく知っていらっしゃる方が、おそらく山中研究室のことでしょうが、「知財で研究費くらい出ないの」と書いていました。

ノーベル化学賞をとった根岸英一氏、鈴木章氏は「研究結果を特許にしなかったのは自由につかってほしいからだ。だから特許で儲けはいない」と言っていたようです。今回は山中先生自身が特許取得に力を入れていると名言しているですから、じゃあ、儲けがあるでしょう、と考えても仕方ないですね。

iPS細胞に焦点を当てた「特許会社」なるものも報道されてましたしね。

当事者でないので、特許の運用はわからないのですが、世間一般が思う「儲ける」とはほど遠いのではないでしょうか。

でなかったら、正規雇用研究者、職員がもう少しいそうですから。

しかし、京大とその周辺はがんばってると思います。

「儲け」なくてもいいですが、大学知財をより良い方向に導くきっかになると思います。


山中先生の知財発言は、知財関係者をも勇気づけるものです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« ノーベル賞とか、特許とか。 | Main | 文学と平和 »

理系の現場」カテゴリの記事

「知的財産」カテゴリの記事

「自然科学・工学」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/55862566

Listed below are links to weblogs that reference 続き、ノーベル賞とか、特許とか:

« ノーベル賞とか、特許とか。 | Main | 文学と平和 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31