無料ブログはココログ

« ソフトウエア特許の未来は明るいよ | Main | 復活の道はあるはず。 »

November 11, 2012

Java vs Java

Java回りってどうなっとるねん。

オラクル、「WebLogic Server」をめぐり特許訴訟に直面
Java裁判の原告であるオラクルが今度は被告に
(2012年11月08日)

 米国Oracleが再び「Java」関連の特許訴訟の当事者となっている。ただし今回は、同社が訴えられた側だ。  Javaミドルウェア・ベンダーの米国Thoughtは10月31日、Oracleの「WebLogic Server」およびその他の製品がThoughtの保有する多数の特許を「極めて広範囲に」侵害していると主張し、同社を提訴した。  カリフォルニア北地区連邦地方裁判所に提出された文書によると、ThoughtはオープンソースのJavaプログラミング言語を利用して、「オブジェクトおよびテーブル情報を格納するレイヤをマッピングするミドルウェアを開発し、データの保持を劇的に簡素化した」という。ちなみにOracleは、Sun Microsystemsの買収によってJavaの監督権限を取得している。  Thoughtはこの技術を自社製品「CocoBase」に組み込んだ。CocoBaseは1997年にリリースされ、以来「長年にわたり数多くの顧客やパートナーがライセンスを取得している」とThoughtは説明した。

 Thoughtの訴状は、同社に勤めるダン・ウィルソン(Dan Wilson)氏が、当時はSunに、現在はOracleに在籍するクレイグ・ラッセル(Craig Russell)氏へ2003年8月に送信した電子メールにも触れている。ウィルソン氏のメールは、「『JDO2』と呼ばれる新たな『Java Data Objects』規格を開発するコンファレンスへ参加しないかというラッセル氏からの招待を拒否するものだった」と、Thoughtは述べている。「ウィルソンは、Thoughtの既存特許および審議中特許に悪影響をおよぼす可能性を考え、コンファレンスへの参加を拒んだ」(訴状より)


なんだ、これって私怨じゃないの?

大抵の訴訟は私怨だけどね。

もう出願しっちゃったら特許審査に影響及ぼさないはずだけどね。

何かソフトウエア技術者には、それ以外の者にはわからない【こだわり】があるようだ。

この記事の翻訳文もわかりにくいし。

訴訟起こされたらし返すのは普通だね。。

どういう範囲で特許を取ろうとしたのか興味深い。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« ソフトウエア特許の未来は明るいよ | Main | 復活の道はあるはず。 »

知的財産」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Java vs Java:

« ソフトウエア特許の未来は明るいよ | Main | 復活の道はあるはず。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

September 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30