無料ブログはココログ

« 半導体と特許の深い関係 | Main | ピンチ特許US7,844,915 »

November 30, 2012

水星の水

久しぶりにAstroArtsの記事を取り上げます。

水星に大量の水の氷【2012年11月30日 NASA】

太陽にもっとも近いため、温度が高すぎて水の氷など存在しないように思われる水星でも、極域のクレーター内部に水の氷がある可能性は以前から指摘されていた。自転軸の傾きがほぼゼロに近いので、クレーターの内部には1年を通して日が射さないところもあり、温度の条件は整う。月の水も多くはこうした永久影で見つかっている。

1991年、プエルトリコにあるアレシボ天文台のレーダー観測から極付近に点在する明るい領域が見つかり、それが1970年代にNASAの水星探査機「マリナー10号」がとらえたクレーターの位置と一致していたことで、氷の存在の可能性はさらに高まった。

マリナーの探査は水星の全地表の半分以下しかカバーしていなかったが、「メッセンジャー」による昨年から今年はじめにかけての探査で、レーダーで見つかった南北両極の明るい部分が、全て実際に陰となっている部分であることが確認された。氷の総量は「ワシントンD.C.と同じ大きさに広げると厚さが3kmほどになる量」(発表者の一人、David Lawrenceさん)という。ワシントンD.C.を東京の都心部に置き換えてもほぼ変わりはない。

Mercury


水があるってことは生物が生まれる、生まれていた可能性を考えていいのかしらね。

こういうのは有人宇宙船である必要ないわけじゃない?

宇宙飛行士の訓練よりレーダーや無人衛星の開発にお金をかけた方がいいと思うなあ。


月に上陸したからそれでいいんじゃね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 半導体と特許の深い関係 | Main | ピンチ特許US7,844,915 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/56224319

Listed below are links to weblogs that reference 水星の水:

« 半導体と特許の深い関係 | Main | ピンチ特許US7,844,915 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31