無料ブログはココログ

« 復活の道はあるはず。 | Main | 仁科記念賞2012 »

November 13, 2012

ほんとにスマートなの?スマートシティ

問われる情報発信力――スマートシティは市民に響くか


リーダーを巡る競争が始まる
 スマートシティとは、環境負荷を抑えながらも、市民のQoL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を高めつつ、成長を続けられる都市のことだ。健全な経済活動を継続するには、都市機能が必要だが、都市への人口集中はエネルギー問題を含め、環境負荷も増す。このため、各種行政サービスの整備が不可欠だ。しかし、世界的な経済不況の中で、これまでと同様の方法では、都市は機能的にもコスト的にも成り立たない。

 そこでスマートシティでは、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを導入したり、ICT(情報・通信技術)に代表される技術を積極的に採り入れたりすることで、新たな解決策を模索する。都市の姿が変わるだけでなく、市民の生活様式にも大きな意識改革を迫る。

 都市化に対する、こうした認識が浸透してきたことで、世界各地の首長の意識も変わってきている。すなわち、それぞれの都市が持つ特色を強調する、あるいは逆に目前の課題を解決することで、「我こそがスマートシティのリーダーだ」と宣言する。さらに、そこで構築した新たな都市インフラの仕組みを国内外に売り込んだり、住民をさらに呼び込んだりすることを重視しているのだ。

 実際、シンガポールやスペインなどは、スマートシティに関する国際会議を国を挙げて開催し、全世界に呼びかける動きを強めている。こうした国際会議の動向に詳しい、ある地方自治体の関係者は、「スマートシティのリーダーを巡る国際競争が始まっている」と評する。

何がスマートだかアマサイにちっともわかりませんな。個人や地方自治団体の力に頼りすぎですな。しかもこれって元々原発も「スマート」エネルギーだったんじゃないかな。

どうなったの、京都議定書(^_^;)

新規に都市化する地域は導入しやすいと思うけど、それ以外は無理でしょう。

パナのスマートなんちゃらも、なんだかだし。

あんなにCMに金に使って大丈夫なのか。


ネーミングは大事だけど、こればっかりは名前だけが先走っているな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 復活の道はあるはず。 | Main | 仁科記念賞2012 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/56105703

Listed below are links to weblogs that reference ほんとにスマートなの?スマートシティ:

« 復活の道はあるはず。 | Main | 仁科記念賞2012 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31