無料ブログはココログ

« インクジェット用有機半導体 | Main | 深く広く、どっちも大事 »

February 05, 2013

4Kテレビってどうなん。

<テレビ>
4Kに未来を託す、有機ELや映像配信に脚光


 「4K」「4K」「4K」…。今回のCESで大手家電メーカーがこぞって力を入れたのは、4K×2K(3840×2160画素)映像(4K映像)を表示できる大画面テレビ関連の展示だった。4K映像を示す「UHD(ultra HD)」の文字が日韓中の大手メーカーの展示ブース内に踊った。

 価格低下に悩むテレビ分野で、4Kテレビを次なる収益の柱に育てようという思惑が散りばめられた形だ。55~85型の新機種を各社が拡充し、110型の試作機も登場した。放送や通信で4K映像を家庭に届ける技術開発が本格化したことに加え、携帯端末やビデオ・カメラで4K映像対応が進んだことも、今回のCESの特徴だった。4K映像関連の技術開発は、2013年の大きなトレンドの一つになりそうだ。

有機ELで4Kテレビに挑む
 中でも関心を呼んだのは、パナソニックとソニーが出展した大画面テレビ向けの4K有機ELパネルである。酸化物半導体TFTを駆動素子に用いる56型のパネルを両社がそれぞれ試作した。

 発光素子の形成では、パナソニックが印刷技術を用いて有機EL材料を塗布した。この技術は、現在主流の蒸着技術に比べて生産工程を簡易にしやすい。今回用いた有機EL材料は高分子材料で、住友化学が開発した材料をベースにした。パナソニックは2012年10月に同社の姫路工場に試作ラインを構築。ほぼ同じ時期にソニーから供給を受けた駆動素子を用いて急ピッチで試作したという。

 ソニーは蒸着技術で有機ELパネルの発光素子を形成した。試作機では、テレビ受像機としての完成度を高めることに力を注いだ。テレビ用の回路を試作機に組み込み、色ムラを抑える画像処理や、パネルの寿命を長くする技術などに工夫を加えた。

4K、4Kと騒いでますな。先日もブログ同士で反論しあっているのをみました。地デジ化でほぼ全ての国民のテレビを総とっかえさせたのにそんなに新しいテレビ売れるわけないですよね。4Kって、超々高細密画質ってことですかね。

既存の製品をバージョンアップしても経済効果は難しいと思いますね。真に新しい製品を作らないとね。


そのブログでの論争は取り上げるまでもない下らないことでした。勢いだけでモノがうれれば誰も苦労しないね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« インクジェット用有機半導体 | Main | 深く広く、どっちも大事 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/56705572

Listed below are links to weblogs that reference 4Kテレビってどうなん。:

« インクジェット用有機半導体 | Main | 深く広く、どっちも大事 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31