無料ブログはココログ

« 職務発明はこれで決着!と思う | Main | 産業のコメは何処に、 »

April 29, 2013

猿橋賞2013肥山詠美子さん

今年の猿橋賞の発表があったようです。

第33回(2013年)猿橋賞
第33回 猿橋賞受賞者 肥山詠美子氏の研究業績要旨

受賞研究題目「量子少数多体系の精密計算法の確立とその展開」

"Establishing an Accurate Calculation Method
for Quantum Few-Body Systems and its Applications"


 集団における構成員と全体との関係は、自然界や人間社会の様々な階層の研究の基本的課題であろう。構成員の離合集散、全体運動の形成、外部からの圧力、または闖入者に対する集団の応答などの興味ある現象を理解するためには、個々の構成員間の関係(相互作用)に基づいて集団的現象を解明して行く適切な研究手法が必要である。

 古典力学において、例えば、太陽と2つの惑星の間に万有引力が働く3体系のニュートン方程式は大変難解であることが知られている。同様に、ミクロな量子力学の世界の基礎方程式であるシュレーディンガー方程式を三体以上の少数多体系で厳密に解くことは困難な課題である。しかし、「厳密さ」ゆえに新しい知見に至ることが多々あるので、革新的な計算理論の提唱・開発は量子物理学の発展の大きな鍵である。肥山詠美子博士の業績は、シュレーディンガー方程式を少数多体系(三体以上)で高精度に解く適用範囲の広い計算理論を提唱・開発し、原子核物理学を始め、多くの分野の課題に適用して成果を上げたことである。

 少数多体系のシュレーディンガー方程式は、多くの場合、変分法(未知の解を既知の基底関数で展開してその係数と固有値を求める方法)を用いて解くことになるが、その際要求されることは、1)全系の物理的状況に適した基底関数を用いる、2)エネルギー行列要素多重積分が容易に計算される、3)エネルギー固有値解の収束が速い、4)適用範囲が広く様々な課題に応用できる、5)計算法を習得し易い、などである。肥山氏は、これらを満たす新しい理論を発案し、(五体系まで)実用化して、原子核物理学、エキゾティック原子分子物理学、冷却原子物理学、ハドロン物理学、宇宙核物理学、ミュオン触媒核融合など多彩な分野に適用し、従来困難であった数値計算を実現し、多大な貢献をして来た。

ううーむ、そういうことですか。
化学の話よりはわかる程度です。
凡人アマサイに最先端の物理学など深い理解があるはずもなく(^_^;)

肥山詠美子理研准主任研究員(42)「猿橋賞」受賞 「母の教え方すばらしかった」
2013.4.27 22:02

 「小学校3年まで、引っ込み思案で勉強もできなくて、人嫌いでした」

 40人学級で成績は下から2番目。「たぶん信じてもらえないから」と記者会見で公開した当時の成績表は、19項目のうち「よい」が2つ、「ふつう」が5つ、残り12項目は「もう少し」だった。

 現在の肩書は理化学研究所の准主任研究員。原子を構成する陽子や中性子の振る舞いを探究する原子核物理の理論計算の分野で、世界を牽引(けんいん)する研究者の一人だ。

 小3の夏休みから小6まで毎日、勉強をみてくれた母親のキヌ子さん(69)が、内向的で勉強嫌いだった少女を変えた。 

母は偉大ですね。
開口一番、母の話をなさる肥山さんも偉大です。
大人になれば本人の努力です。
お母様も別に研究者にするために勉強をみてくれたわけではないでしょう。


物理乙女の活躍が知れてうれしい限りです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 職務発明はこれで決着!と思う | Main | 産業のコメは何処に、 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/57275338

Listed below are links to weblogs that reference 猿橋賞2013肥山詠美子さん:

« 職務発明はこれで決着!と思う | Main | 産業のコメは何処に、 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31