無料ブログはココログ

« 書談:『改訂新版 科学論の展開』 | Main | CCDのお父さんウィラード・ボイル »

April 24, 2013

タブレットなら4Kもいいかな

【麻倉怜士IFA・GPC報告4】Samsungが4K×2Kの問題点を指摘、マーケティングにつなげる巧みさも

Zoeller氏は「放送用チューナーの仕様もまだ決まっていません。またチューナーとつなぐインタフェースのHDMI2.0は必要ですが、新しいDRMの仕様は決まっていません。ストリーミングでのコーデックのHEVCも60Pや3Dへの対応は、まだです」と、またもや鋭く問題を指摘。ところが、ここからの話の展開がうまく、自社製品のメリットに誘導した。「というわけですから、今、4K×2Kテレビを買っても、それらの問題に対応できない製品では宝の持ち腐れです。Samsungの4K×2Kテレビなら、4K×2K用の強力なCPU、GPUとインタフェースを備えたKITボックスを後に販売します。4K×2Kに心配はご無用」と。

 4K×2Kテレビの購入者は、4K×2K放送が始まったら、KITボックスをテレビの専用スロットに差し込むだけで、4K×2K世界が楽しめることを強調し、「S9」という型番の85型 4K×2Kテレビの発売を発表。さらに「ここだけの話ですが、秋のIFAには85型より大きな、また小さな4K×2Kをデモする予定です」と、記者が飛びつきそうな内緒話で講演を終えた。

4K2K【4K】(4Kテレビ)

横4000×縦2000ピクセル前後の高解像度の映像・表示技術。「K」は1000を意味する単位の接頭辞「キロ」(Kilo)の頭文字。フルHD(1920×1080)の約4倍の画素数にあたる。具体的に、3840×2160や4096×2160といった解像度を意味する場合もある。

標準規格がきまっちゃう前に売っちまえってことですかね。

4Kテレビ、マーケットを日本に限る必要はないですね。世界市場で展開すればいいわけですから。

でも、テレビ事業(部分的に)から撤退する企業も出ているようですが。
この超高解像度を安価に提供するのは難しいそうです。
しかし、今テレビ開発展開を止めると完全に技術トレンドから外れていくわけですね。
まあ、アマサイは今家にあるやつでいいですけど。

やっぱりテレビもタブレットですかね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】
≪コメントは応接室にお願いします。≫

« 書談:『改訂新版 科学論の展開』 | Main | CCDのお父さんウィラード・ボイル »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/57241478

Listed below are links to weblogs that reference タブレットなら4Kもいいかな:

« 書談:『改訂新版 科学論の展開』 | Main | CCDのお父さんウィラード・ボイル »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31