無料ブログはココログ

« ロザリンド・フランクリン | Main | NECとエルピーダ »

July 30, 2013

無線屋さん

アマサイはアマチュア無線からテクノロジーに目覚めたので、仕事も無線関係がいいなと思っていました。今は近距離無線通信であるBluetooth、ZigBee等、携帯、PHS等は、電子機器には必須ですからエレクトロニクスメーカーに勤めれば自ずと学ばねばいけません。

今さら聞けない無線の話 第1回 無線屋さんのおしごと(1)

また、アンテナの変更や外部アンテナの追加などの要求に対して、これらPC部品メーカーは、まず取り合ってくれません。ならばと自分で勝手に配線を追加したりアンテナを外付けしたりした場合、厳密に言えば電波法違反になります。無線LANは、そもそも国が定めた基準性能で動作することを前提として無線局の申請や免許の所持を除外されている(技術基準適合証明)のですから、電波性能に関わる変更を施すことは「不法改造」になってしまうのです。変更を施した後で再測定を行い、その性能が基準値以内に入っている証拠を添えて申請すれば合法的に運用できますが、この作業には、それなりの装置・設備・知識が必要です。さらに、この基準は「国が定める」ものですから各国ごとに異なり、輸出を前提とした製品の場合は、仕向け先ごとに適切な規格の認証を取得しなければなりません。無線規格は数年ごとに改定されますから、常に最新の情報を把握しておくことも必要です。
 ここで一旦まとめると、我々無線屋さんのおしごとは、
・目的仕様に即した部品の選定
・小ロット、長期供給に対応した無線モジュールの製造供給
・カスタマイズ要求への対応と、それに応じた規格認証の取得・申請
といったところになります。しかし、これはまだハードウエアに関するお仕事だけです。

特許がらみをやっていた一番気になるには電波法のことです。近距離は問題ないとは思いますが、その他のことはどうなっているのでしょうか。アンテナが電波法違反になり得るとは初めて聞きました。もちろんそれらはR&Dで処理されているのだと思います。

無線屋さんのお仕事、わくわくするなあo(^O^)o


無線規格に則っていてもいちゃもん(特許侵害警告)がつけられることはままあります。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« ロザリンド・フランクリン | Main | NECとエルピーダ »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/57897315

Listed below are links to weblogs that reference 無線屋さん:

« ロザリンド・フランクリン | Main | NECとエルピーダ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31