無料ブログはココログ

« DHC、ファンケル訴訟 | Main | グラフェンとスピントロニクス »

July 15, 2013

書談:松本清張『花実のない森』

■『花実のない森』
著者:松本清張
出版:光文社文庫
発行:2013年6月12日
定価:560円(税込み)
--------------
会社員の青年・梅木隆介はある夜、夫婦と名乗るヒッチハイクの男女を車に乗せた。高貴さをも漂わせる美女と粗野な中年男は、まるで不釣り合いなカップルだった。好奇心が燃え上がる梅木は、車に残された万葉の古歌が彫られたペンダントから女の正体を突き止めようとする。だがそれは、甘い死の香りが漂う追跡行だった。謎が謎を呼ぶロマンチック・サスペンスの傑作
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334765842
--------------

1373902704118.jpg

プレミアムミステリーのこの前のやつ『アムステルダム殺人事件』があまりおもしろくなかったので、このシリーズのことはちょっと忘れていた。
なんか読みたいなと思って文庫売り場に行った。

値段も手頃ですぐ読めそうなので買ってみた。

梅木が女を探して追跡する過程は非常におもしろかった。『ゼロの焦点』や『砂の器』での追跡模様を彷彿とさせる。

その女が高貴な生まれとあって、どのような背景があるのか興味津々だったが、予想してたのとちょっと違ってがっかりした。

そういう性癖はままあるもんなのかいな。

それよりも、万葉集にちなんでということで、もっと雄大な結末を用意されていてもよかったはずなのに。気が抜けてしまったなあ。

やまぐち地ブログ

松本清張のベストセラー小説「花実のない森」を ご存知でしょうか? ロマンチックスリラーとして1965年に映画化された この作品が このたび 柳井でサルベージ上映されることになりました!

どうして柳井なの?
「花実のない森」の中でクライマックスシーンの舞台として柳井の町並みが登場しています


当地では石碑ができるほど知られているらしいです。

花実のない森 劇場公開日 1965年1月23日
http://eiga.com/movie/70216/
スタッフ
監督 富本壮吉
キャスト
若尾文子 江藤みゆき
園井啓介 梅木隆介
江波杏子 節子
船越英二 浜田
田村高廣 楠尾英通
角梨枝子 山辺菊子

映画としてはおもしろそうです。まだ映画が全盛期の大映ですからね。若尾綾子はみゆきにぴったりです。

池袋の文芸坐とかでやらないかな

ちい兄ちゃんの『真夏の方程式』を見に行かねば。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« DHC、ファンケル訴訟 | Main | グラフェンとスピントロニクス »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/57799984

Listed below are links to weblogs that reference 書談:松本清張『花実のない森』:

« DHC、ファンケル訴訟 | Main | グラフェンとスピントロニクス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31