無料ブログはココログ

« クールジャパンの本質 | Main | 有機EL益々盛ん »

September 15, 2013

イプシロン\(^o^)/

イプシロンが成功したようですね。


2013年9月14日 更新
イプシロンロケット試験機、打ち上げ成功!
9月14日(土)14:00に、惑星分光観測衛星を搭載したイプシロンロケット試験機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げました。
イプシロンロケットは正常に飛行し、打ち上げ約61分39秒後に惑星分光観測衛星を分離したことを確認しました。

で、イプシロンって結局のとこなに?

イプシロンロケットが拓く新しい世界

イプシロンロケット開発での我々の狙いは、シンプルな固体ロケットとコンパクトな射場の組み合わせで宇宙開発の未来を拓こうというものです。その中でも、打上げ前の準備作業が少ないため射場における運用性が良いという固体ロケットの強みに着目し、この強みを最大限に活用して世界一の運用性を目指すことをイプシロンロケットの目標にしています。具体的には、第1段ロケットを発射台に立ててから打上げ後の片付けまで7日間、衛星に最終アクセスしてから打上げまで3時間という目標を掲げており、これが実現できれば世界一になります。

 この高い目標を達成するための重要な技術は、自動化・自律化技術です。イプシロンロケットでは、これまで人が実施していた電気系点検作業や結果評価を、機体と地上設備のコンピュータが瞬時に実施することを計画しています。そのために、従来は地上設備が受け持っていた点検支援機能の一部を機体搭載化して機体をインテリジェント化する即応型運用支援装置(ROSE)と、コンパクトな発射管制システムを、新たに開発しています。例えば、ロケットの火工品回路を点検する際には、これまでは準備・点検・後処置に相当な手間と時間を要していました。イプシロンでは、点検のための特殊セットアップや後処置が不要となると同時に、点検と結果評価が瞬時に実行できるようになります。このような自動化・自律化を実現するためには、技術者に蓄積されてきたノウハウなどをソフトウェアに落とし込む必要があり、難度の高い技術開発です。


JAXAさんのHPに行けばいろいろ書いてあります。

宇宙開発の視野を広めるってことでしょうかねえ。

日本にはNASAのようなことを望むべくもなく。
(米国には軍事技術の基盤がありますからね)

宇宙開発市場に最小予算最大効率で臨む、という感じがいたします。

概ね国民にも好評です。
(それなら復興支援に使えという話もありますが、それは別のことだからね。)

日本はこのようにオンナ・こどもが喜ぶ微笑ましい、宇宙開発がいいね。

バシバシ、ロケット放って軍拡と間違われても困りますから。

アマサイとしては無人飛行には概ね賛成です。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« クールジャパンの本質 | Main | 有機EL益々盛ん »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/58201279

Listed below are links to weblogs that reference イプシロン\(^o^)/:

« クールジャパンの本質 | Main | 有機EL益々盛ん »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31