無料ブログはココログ

« デザイナーベイビー? | Main | おめでとう!ヒッグス粒子、ノーベル物理学賞2013 »

October 07, 2013

ノーベル生理学・医学賞2013

今週はノーベル賞ウィークですね。

2013年ノーベル生理学・医学賞 細胞内の物質輸送の解明に 2013-10-07
日経サイエンス

 2013年のノーベル生理学・医学賞は,細胞内の物質輸送を解明する研究で成果を上げたイェール大学のロスマン(James E. Rothman)博士,カリフォルニア大学バークレー校のシェックマン(Randy W. Schekman)博士,スタンフォード大学のスドフ( Thomas C. Sudhof)博士に授与されることになりました。
 理科の教科書で,細胞の絵を見たことがあると思います。細胞の中には様々な小器官が入っていて,それらが互いに連携して機能を発揮しています。この複雑な仕組みをきちんと動かすには,細胞内で作られたタンパク質を,それを必要とする各小器官に正確に届けなくてはなりません。タンパク質を作るのはリボソームですが,そこからタンパク質は小胞体に入り,膜にくるまれた小胞となって出てきて,ゴルジ体などを経由し,細胞膜から外に出て行きます。もちろん全部が出て行くわけではなく,経路の途中,必要とされるところでちゃんと止まり,利用されます。
 日々生成される膨大な種類のタンパク質を,細胞はいったいどうやって見分け,目的の場所に輸送しているのでしょうか? その解明に大きく貢献したのが,今回受賞する3人です。
 シェックマン博士は高温にすると物質輸送ができなくなる酵母の変異体をたくさん作り,どの遺伝子が機能しなくなるかを調べました。そうすることで物質輸送に重要な役割をする遺伝子を23個発見し,この分野の研究に先鞭を付けました。
 ロスマン博士は,動物細胞から精製した小器官やタンパク質を使って試験管の中で物質輸送を再現し,どんなタンパク質が輸送を担っているかをつきとめる新たな実験手法を確立しました。また小胞と目的の器官などの膜が融合してタンパク質を放出するには,両者のSNAREタンパク質が複合体を作る必要があり,その組み合わせがタンパク質の行き先を制御しているとする「SNARE仮説」を提唱しました。
 スドフ博士は2人が切り開いた物質輸送の仕組みが,ニューロン(神経細胞)が必要なときだけ必要な神経伝達物質を分泌するのにどのように関与しているかを明らかにしました。

Twitterにバイオの人が多いのでネタがすぐ廻ってきます。
これは日経サイエンスメールのリンクなんですけどね。
小胞輸送って何かしらん、と思いましたが、なんとか理解の範疇です。

去年は応用だったから、今年は基礎、とか物理学みたいに交代交代とかあるんですかね。
教科書から最先端の話ができるって楽しいですね。

でも生物の進歩ってすごいですね。
高校の教科書レベルがどんどん書き換えられる(ってほどでもないのかな)。
明日、生物の先生はみなさん、このお話なさるんでしょうね。


生物は宇宙と同じくらい雄大だ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« デザイナーベイビー? | Main | おめでとう!ヒッグス粒子、ノーベル物理学賞2013 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/58342183

Listed below are links to weblogs that reference ノーベル生理学・医学賞2013:

« デザイナーベイビー? | Main | おめでとう!ヒッグス粒子、ノーベル物理学賞2013 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31