無料ブログはココログ

« ありがとう、やなせたかしさん | Main | 坂本幸雄氏と半導体 »

October 17, 2013

次はウエアラブルバレー

最近、シリコンバレー=半導体という図式はないように思うんですが、どうなんでしょうか。

時代はハードウエアへ、「シリコンバレー流ものづくり」とは


 こうしたハードウエアの起業家を支える環境は、シリコンバレーに整いつつある。今回のGlazedイベントは比較的小規模な展示会だったが、ベンチャー企業を支援する製品やサービスを展示している企業が多かった。例えば、EMS(電子機器受託生産)企業であるPCH International社は、PCH Acceleratorというプログラムを2011年5月から開始していて、ベンチャー企業を対象にハードウエア設計や生産を手助けする。ハードウエア設計・生産の苦労をある程度は気にしせずに、ソフトウエアやサービスに注力してハードウエア製品を開発することができる。シリコンバレーは歴史的に半導体やハードディスク、パソコンといったハードウエア技術が中心だった。しかし、インターネットの誕生からシリコンバレーの注目はソフトウエアやサービスに移ってきた。そして今、インターネット時代に育った若手技術者は、再びハードウエアに注目しつつある。
(中略)
 この流れを作っている中心の一つは「Wearables(ウエアラブル)」だ。Wearablesの定義は厳密に決められていないが大雑把に言ってしまうと、「人体を被う装置」だ。このジャンルには、「Google Glass」に代表されるHMD、「Fitbit」が代表する体に掛かるフィットネス用センサー、Google社に買収されたWIMM Labsが手がけていたスマート・ウォッチなどがある。こうした装置のほとんどは、スマホを周辺機器にしている。

半導体⇒ソフトウエア、パソコンの組み立てはアジア地域でやってますよね。
そんなソフトとハードの発祥の地なのですからウエアラブルの発展には期待ですね。

いろんな技術が盛衰を繰り返しながらシリコンバレーを作っているんですね。

シリコンバレーの日本人技術者@アマサイブログ

書談:『シリコン・ヴァレー物語』@アマサイブログ

一度行ってみたいな。誰か正体してくれない。

確か、シャープさんもシリコンに倣って液晶なんたら作るって言っていたけど・・・。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« ありがとう、やなせたかしさん | Main | 坂本幸雄氏と半導体 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/58401362

Listed below are links to weblogs that reference 次はウエアラブルバレー:

» ウェアラブルは何を変えるのか? |佐々木俊尚 [ベストアンサー]
ウェアラブルは何を変えるのか?佐々木俊尚佐々木俊尚 刊発売日 2013-12-2... [Read More]

« ありがとう、やなせたかしさん | Main | 坂本幸雄氏と半導体 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31