無料ブログはココログ

« おめでとう!ヒッグス粒子、ノーベル物理学賞2013 | Main | ワイヤレスと医療産業 »

October 10, 2013

ノーベル化学賞2013

化学賞は早くからネットに流れていましたが、アマサイ的はほへ?てな感じです。

2013年ノーベル化学賞 巨大分子の化学反応を計算する手法に 2013-10-09 日経サイエンス

 2013年のノーベル化学賞は,タンパク質のような巨大な分子の化学反応を,コンピュータを使って効率よく計算する手法を開発した米ハーバード大学のカープラス(Martin Karplus)博士,スタンフォード大学のレビット(Michael Levitt)博士,南カリフォルニア大学のウォーシェル(Arieh Warshel)博士の3氏に贈られることになりました。

 タンパク質のように巨大な分子がどのようにほかの物質と反応していくかを計算で予測するのは,生命現象を理解したり,薬などを開発する上で強力な武器になります。そうした反応を担うのは個々の原子や電子で,その振る舞いを記述するのは量子力学です。

 しかしタンパク質を構成する原子は数千~数万個を超えます。生物の体内では,そのタンパク質がさらに何万個もの水分子に囲まれています。そうした多数の粒子からなる巨大なシステム全体の振る舞いを量子力学の式を使って計算しようとすると,とてつもない計算量が必要になり,最高性能のスパコンを使っても実行できません。

 この問題を回避し,巨大分子の化学反応をコンピューターで計算する手法を開発したのが,今回化学賞を受賞する3氏です。

 基本方針は「分業」です。原子同士が新たに結合したり,逆に離れたりとダイナミックに相互作用している部分は,量子力学を使って計算します。一方,反応に直接かかわっていない離れた部分は,量子力学を近似する古典力学に従って振る舞うと想定して計算します。こうした2つの計算を組み合わせたハイブリッドな手法を開発し,化学反応を計算で明らかにする道を開きました。

2013nobelchem


そうか、これが化学賞なのかあ、計算化学という分野があるのかあ、ってな感じです。

量子力学を使ってもそれはそれは物理学じゃないのねん。

スパコンにもできません、なるほど、何か特殊なアルゴリズムなのですね。

ここいらへんは「化学者のつぶやき」ブログに詳しいです。

【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!

そのうちバイオインフォマティックスも生物学賞取る日が来るのでしょうか。

今日は文学賞、村上春樹は取らないと思うけどな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« おめでとう!ヒッグス粒子、ノーベル物理学賞2013 | Main | ワイヤレスと医療産業 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/58356802

Listed below are links to weblogs that reference ノーベル化学賞2013:

« おめでとう!ヒッグス粒子、ノーベル物理学賞2013 | Main | ワイヤレスと医療産業 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31