無料ブログはココログ

« 放送大学創立30年記念シンポジウム | Main | 訃報:岩谷時子 »

November 01, 2013

秋の夜長の思索

時間があると禄でもないことを考える。

例えば、
メーカーで一番偉いのは誰か?
とかだ。

役職ではない、職種のことだ。

開発は製品やサービスが作り出されなければメーカーとしての意味をなさない、というだろう。

それを大量生産するのは、生産管理、品質管理の仕事、それがなかったらどうする。

まてまて、製品があっても営業がいなければ売れないし、利益がでない。一番偉いのは営業だ。

そもそも人は石垣、人は城、人事がいてこそ会社でしょう、という意見もある。

アマサイの一つの回答は、

【 製 品 企 画 】

が一番偉いのではないかということだ。

一番有名なのはみなさんが大好きなスティーブン・ジョブス。

彼は正に、新しい製品を企画し、ライフスタイルを変えた、製品企画の天才である。あとのメンバーは彼の言う通りモノを作り、売ればいいんである(アマサイは密かにアップル社で一番偉いのは、ジョブスのわがままを受け入れた開発部長だと思っているのだが)。
しかし、ジョブスは一人でいい。

よく「なぜ、日本でジョブスが生まれなかったか」とかくだらないこという輩がいるが、あんな人間、世界一人で十分である。あとの者らは彼の追従し、亜流品を作ればいいんである。

ということは企画屋さんというのは、一社に一人天才がいれば御の字ということになる。
だが、またしかし、そんな天才はそうそう居ないのだから、凡人が頭をつきあわせて無い知恵を絞るというのが大方のところだろう。

そこにはもう、どの部署が偉いということはなくて、どの部署もがんばってもらわんと困る。どこもそこそこ大事、という結論に至る。

で、その中で知財部の重要性はというと、ひたすらリスクヘッジをしているだけで無きゃこまるが、自分たちが思っているほど大層な仕事をしているわけではないということは、忘れんほうがよいね。

知財部の意義とかは別項で。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« 放送大学創立30年記念シンポジウム | Main | 訃報:岩谷時子 »

「ものの考え方」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/58496512

Listed below are links to weblogs that reference 秋の夜長の思索:

« 放送大学創立30年記念シンポジウム | Main | 訃報:岩谷時子 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31