無料ブログはココログ

« 特許マネジメントは誰の責任? | Main | ドラマ 小池真理子原作『恋』 »

December 16, 2013

カラーディスプレイチケット

QRコードはもう古い! 新電子チケット「ColorSync」は人間が色を見る21世紀のモギリ

QRコードでも紙のチケットでもない、全く新しい電子チケット方式「ColorSync」をイベント管理サービスのPeatixが開発した。言葉で説明しなくても、以下のコンセプト動画をみれば「なるほど!」と分かる人も多いかもしれない。


一目瞭然というのは、まさにこのことだ。仕掛けを説明すると、以下の通り。

イベント主催者側が用意したタブレットやスマフォなどの端末と、会場に入場する人々が手にしているスマフォに表示される色が、すべて1秒程度で同期しながら変化する。色は赤→青→緑→灰色などとランダムに変化するが、全ての端末がサーバにぶら下がる形となっていて、同じタイミングで同じ色を表示する。同一イベントなら色の変化は同期しているので、カラフルに変化する色の波間にある「仲間はずれ」(チケットを買ってない人)は、人間が見れば一瞬で分かるというわけだ。

QRコードのように1人ずつリーダー端末でチェックしなくても良く、特に入場者数の多いイベントで威力を発揮するのだと、開発したPeatix CEOの原田卓氏は語る。

「Peatixを立ち上げて2年半ほどチケットサービスをやってくるなかで、多くのイベントの現場を手伝ってきました。今はQRコードを使っていますが、30分間に何百人もの人を入場させなきゃいけないというような状況では、恐怖を感じることがあるんです」

QRコードでは、紙のチケットよりも「モギリ」が遅い。QRコードは電子的に発行できるため管理は容易だが、入場ゲートにリーダー端末を複数用意する必要があるほか、読み取りが上手くいかない場合にもたつくという問題もあるという。

Orinoco Peatixの原田卓氏が開発したと書いてあるのですが、該当する特許が見つかりません。
http://www.orinoco.jp/about/index.html

まだ公開されてないのかもしれませんね。

ColorSyncというのはアップルの商標だそうです。

●特開2009-171164(P2009-171164A)
【発明の名称】カラープロファイル作成装置、方法及び記録媒体
【出願人】株式会社リコー
【技術分野】
【0001】
本発明は、任意のカラー画像信号をガマットが制限されたカラー画像出力装置の色に変換するといった各種ガマット圧縮で生成されるカラープロファイル作成装置、方法及び記録媒体に関する。
【背景技術】
【0002】
ホストコンピュータを中心とするマルチメディアシステムにおいては、入力装置と出力装置の間で、画像データの色合わせ処理を行うカラーマッチングシステム(CMS)の開発が盛んである。代表的なCMSの枠組であるApple社のColorSync(商標)は、入力装置に依存する色空間(Device Dependent Color Space)の画像信号を、装置に依存しない色空間(Device Independent Color Spece)へ変換し、更に、装置に依存しない色空間の画像信号を、出力装置に依存する色空間へ変換することで、システム上で共通のCMSを実現している。この変換処理のための変換特性を表すデータはプロファイルと呼ばれ、デバイスごとにホストコンピュータ内に用意され、変換の際に自動もしくは手動で選ばれたプロファイルの変換特性に応じて画像信号の色空間が変換される。
【0003】
上記カラーマッチングシステムでは、装置に依存しない色空間を介して入力信号を出力信号に色変換するため測色的に一致した色再現を行うことができる。しかし、一般的に電子写真、インクジェットプリンタのガマットは、テレビジョンやCRTディスプレイ等のガマットに比べて狭いため、従来から、入力カラー画像が有するガマットと出力装置のガマットが異なる場合にも色の見え方をなるべく一致させるガマット圧縮に関連する色補正方法が提案されている。例えば、特許文献1では、高彩度の色の潰れを低減した手法が開示されている。
------------------------
カラーマッチングの方式のようですね。

それを一定のタイミングでディスプレイに表示してそれを認識させる。

なかなか良いアイデアです。

センサ会社にいたのでコード記号には興味があります。

スマホやタブレット端末がこれだけ普及するといろんな認識方法が提案できますね。

いろいろ出ると標準もつくりづらいので苦労もありますけど。

バーコードはシンプルで応用範囲が広いので無くなることはないと思います。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« 特許マネジメントは誰の責任? | Main | ドラマ 小池真理子原作『恋』 »

「知的財産」カテゴリの記事

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/58766628

Listed below are links to weblogs that reference カラーディスプレイチケット:

« 特許マネジメントは誰の責任? | Main | ドラマ 小池真理子原作『恋』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31