無料ブログはココログ

« 水蒸気ディスプレイ | Main | 国際特許出願は効率的に。 »

January 27, 2014

書談:佐久間賢著『交渉力入門〈第3版〉』

現在は第4版が出ています。
http://bizacademy.nikkei.co.jp/culture/books/article.aspx?id=MMACi4000015092011

事例が最新版になっているだけで基本は同じようです。

■『交渉力入門〈第3版〉』
著者:佐久間賢
価格:903円(税込)
出版:日経文庫
発行:2007年
【目 次】
はじめに
プロローグ いまこそ求められる交渉力
I ビジネス交渉を分析する
II 交渉力の基礎理論
III 交渉力理論を活用する
IV 交渉力とリーダー行動
V 交渉力シミュレーション
エピローグ 仕事ができる人とは
参考文献

Nikkeibunko_2

------------------
買ってからしばらく放置していたようです。

途中で数値の入った図が入っていたので難しいそうと思ってしまったようです。

一度講義を聴いたのですっと入ってきました。
・交渉学入門
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2013/12/post-5f0a.html

アメリカでは交渉学が進歩しているのでいろいろな理論があるのでしょう。でも基本は同じような気がします。それと相反するようですが、それぞれの著書から別々のことを学べます。

佐久間氏の主張は仕事ができる人とは、
1)問題点を見つけて
2)それを解決する複数の代替案を考え、
3)各代替案の長所と短所を検討し、
4)その代替案から最適なものを選ぶ、
ことができるのだそうです。

これに反論する人はいないでしょう。

つまり、それぞれの著者がこの手順を達成するために多様な記述をしているということです。

それ以前に交渉する母体がいろんな「引き出し」を持っていないと複数の代替案を持てないということになりますね。

中小企業やベンチャーでもWin-Winの交渉はできるのでしょうか。


交渉人となる我々がこのような本で勉強するのも一つの手段でしょう。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« 水蒸気ディスプレイ | Main | 国際特許出願は効率的に。 »

「ディベート」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/59021844

Listed below are links to weblogs that reference 書談:佐久間賢著『交渉力入門〈第3版〉』:

« 水蒸気ディスプレイ | Main | 国際特許出願は効率的に。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31