無料ブログはココログ

« トポロジカル超伝導 | Main | 日本の半導体よ、どこへ行く。。。 »

January 05, 2014

仮想「右傾エンターテイメント」

石田衣良氏 「右傾エンタメ作品」ばかりが売れる社会を分析

たとえば僕がいる小説の世界で言うと、フロー(新刊)は売れてもストック(古典)が全く売れないんです。いま生きている作家でも死んだら途端に売れなくなります。あまり表に出てないですが、リーマンショック以降、作家の3分の1は厳しい状況ですよ。でも出版界全体の売り上げはピーク時の3分の1が落ちたところ。音楽CDのように半減していませんから、これからもっと落ちるかもしれない。

 原因みたいなのが二つあって、まず読者全体が「右ぶれ」しているな、という感想があります。去年、僕が選考委員している小説賞の最終候補のうち5編のうち2編が戦争末期のテーマだったんですよ。敵の女スパイを拷問してみたいな描写があって、みんなどうしちゃったんだろうと思いました。僕は「右傾エンターテイメント」と呼んでいます。


以前は絵空事で現実逃避が出来たけど、現実が厳しすぎてそれすらやる気力がないといったところですね。

右翼はいつだって元気ですよ。景気がよかろうが、悪かろうが。だってそれって人間の本質じゃないのかな。反戦モノが左翼ってわけでもないよ。右かぶれっていう分析は違うと思うね。

どうせなら、世界がひっくり返る何かが起きてほしいと思うは普通の感覚じゃないかな。

「ここではないどこかへ」ですよ。

小説はその役目を果たせずにいる。

石田さんの小説もそうだね。私は彼の書くものにはうすっぺらさを感じて好きになれない。

5編のうち2編が戦争モノだからなんなのよって思うよ。

他の小説が売れないだけで、軍事モノは安定低空飛行してるだけの話だよ。


小説家は作品でしか語れない。もう彼らの言説を信じるほど我々はナイーブではないのだ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« トポロジカル超伝導 | Main | 日本の半導体よ、どこへ行く。。。 »

「ものの考え方」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/58892425

Listed below are links to weblogs that reference 仮想「右傾エンターテイメント」:

« トポロジカル超伝導 | Main | 日本の半導体よ、どこへ行く。。。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30