無料ブログはココログ

« January 2014 | Main | March 2014 »

February 25, 2014

スペクトラム拡散はもう古い?

第23回 変調のはなし(3)2014/02/21
佐々木 勇治=サイレックス・テクノロジー

 前回はIEEE802.11a/g以降で使われている直交周波数分割多重変調方式OFDMについて解説しましたが、今回はOFDMと対極をなす(概念でありながらよく混同されている)「周波数拡散方式」について簡単に解説します。

(中略)

さて、こんな良いとこづくめのような周波数拡散方式ですが、今日コンピュータ周辺の通信技術として、あまり多く使われてはいません。その主な理由は(またしても)伝送速度を上げにくいことです。元祖IEEE802.11では1Mシンボル/秒×2ビット/シンボルで最大 2Mビット/秒、改良されたIEEE802.11bではCCKという巧妙なテクニックを採用し注2)チップ周波数も若干上げることによって1.375Mシンボル/秒×8ビット/シンボルの最大11Mビット/秒まで上げました。しかしDS方式による速度向上はそこで頭打ちとなり、より高速を求めてIEEE802.11a/gでOFDMを採用したことは御存知の通りです。

(中略)

 以上、簡単ですが周波数拡散について解説してみました。昨今の無線通信技術トレンドはLTEやら 802.11ac/ad やら、より広い帯域を占有することでより高速なデータ通信を実現する技術の話題が盛んで、周波数拡散は「そういや昔そんなの流行ったよねー」と言われるような雰囲気があります。携帯電話業界ですらOFDMを使うLTEの布教に熱心で、レガシーな音声回線なんか止めてデータ回線のLTEに一本化してしまおうというVoLTEが推進されているほどですから...。


周波数拡散方式に関連する特許は出したことがあります。
ふむふむ、これが噂のスペクトラム拡散か、なんか最先端を扱ってるって感じがするなあ。
確かに速度は見込めませんでしたね。

もうすでに、スペクトラム拡散とかあったよねえ、という時代になったのでしょうか。

技術の進歩は速いですね。その分野から離れるとすぐにトレンドが変わってしまう。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

February 20, 2014

すべては「C」になる。

筐体からICまで「炭化」競争が始まる

Siは半導体材料としては必ずしも性能が高くなく、競合する候補材料が何度も現れるのですが、なぜかずっと勝ち残ってきました。でもそろそろ本当の限界が近づいています。そのポストSiの大本命が、CNTやグラフェンといった炭素材料です。

 これらの炭素材料の特徴はあまりに多くてとても一言では言えませんが、できるたけ簡単にまとめると、数ある電子/半導体材料の中で最も細いか薄く、しかも軽くて強くて熱を伝えやすく、さらに電子が動きやすい、といったところでしょうか。さらに将来は、材料の調達、精製コストがSiに比べて非常に安いという特徴も加わるでしょう。これらの特徴から、近い将来には、軽くてフレキシブルかつ丈夫で超高性能、超高感度のデバイスや機器が格安で作れるようになると考えられています。さまざまな乗り物や電子機器が、筐体から次第に炭素材料に置き換わる「炭化」が進みそうです。10年ほど先には高性能なマイクロプロセッサーまでが炭化している可能性もあります。

いつものように日エレのエディタはおおざっぱです。まるで材料がすべて「炭」になるかのようです。

しかしながらグラフェン、カーボンナノチューブなど注目の材料は、「C」から出来ているのは否めないことです。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140212/333540/

東レは2014年2月12日、単層カーボンナノチューブ(CNT)を用いた塗布型TFTで、キャリア移動度13cm2/Vs、電流のオン/オフ比106という高い動作性能を達成したと発表した。2016年前後の実用化を目指すという。

安い軽いというのは材料として魅力的ですからかね。

日本は高い技術水準がありますが、他国にいつ抜かれてもおかしくない状態です。


産学官連携がうまくいくといいのですが。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

February 18, 2014

EUVリソグラフィ

キヤノンがMolecular Imprintsの半導体事業を買収

ナノパターニング・システムとソリューションの市場と技術をリードするMolecular Imprints Inc.(MII)は14日、同社の半導体インプリントリソグラフィー装置事業を日本のキヤノンに売却する合意に調印したと発表した。キヤノンは現在、KrFエキシマおよびi-Line露光リソグラフィー・プラットフォームを製造、販売している。キヤノンは2004年、最先端の高解像パターニングのためのリソグラフィー装置市場に参入するため、ナノインプリント技術の研究を開始した。同社は2009年から、MIIおよびMIIのJet and Flash(商標)Imprint Lithography(J-FIL、商標)を使用する大手半導体メーカー1社と大量生産を目指して合同開発に着手した。 (中略) Molecular Imprintsは、オースティンにあるテキサス大学でSV・スリーニバサン、グラント・ウィルソン両教授によって開発された技術に基づいて創設された。Molecular Imprintsはこの数年間、キヤノンをはじめ半導体産業インフラストラクチャー・パートナーと共同研究を続け、業界が光学およびEUVリソグラフィーが抱える解像度の限界と膨らむコスト負担を回避することによってムーアの法則を堅持することを可能にした。J-FILを使った最初の製品は、2年間以内に高度なフラッシュ・メモリーに採用される予定である。

リソグラフィー装置はキヤノンの技術で十分なような気がしますが、常に先取りしていきたいということですかな。

というか、EUVリソグラフィは今難所にきておるわけですな。

EUVは本当に実用化できるのか?

一方、EUV(極端紫外線)リソグラフィ技術は、現在もまだ開発中の段階にある。このEUVリソグラフィについては、多くの半導体メーカーが、実用化されればすぐに移行を進めるという考えを明らかにしている。しかし、いくつかの半導体メーカーは別の見解を示している。それは、より高い屈折率の液体を使う液浸リソグラフィやマルチパターニングなどを193nmリソグラフィと組み合わせることにより、ITRS(国際半導体技術ロードマップ)で最終点とされている8nmプロセスを実現できる可能性があるというものだ。

技術の世界は広いので一つの記事ではなかなか理解できません。

半導体製造技術と言ってもいろいろです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

February 15, 2014

エライ金属結合

ホンダ、鋼とアルミ合金の接合技術を使ったサブフレームで大河内記念技術賞を受賞
2014/02/14


 ホンダは、異種材料である鋼とアルミニウム合金をアーク溶接並みに強固に接合する技術を使ったフロント・サブフレーム(以下、サブフレーム)の開発において、優れた生産工学や生産技術を表彰する大河内記念会の「第60回大河内記念技術賞」を受賞したと発表した。従来の鋼製サブフレームに対して25%の軽量化を実現し、接合時の電力消費量を50%削減できた。同社が2012年9月に発売した北米仕様の「アコード」のサブフレームで初めて実用化した。

 この接合技術では、摩擦撹拌接合(FSW)向けの工具を高速回転させつつ、鋼に重ねたアルミ合金の上から押しつける(『日経ものづくり』2010年10月号FOCUS「ホンダ、鋼とAl合金の接合技術を開発、新型『アコード』で量産化」)。すると、工具のプローブ(突起部)がアルミ合金に入り込み、摩擦熱でアルミ合金を撹拌して、内部に含まれる微小な空気を追い出して接合面に活性の高い新生面を生成する。一方で鋼の接合面も、プローブにより塗膜や酸化膜を剥がされ、新生面がむき出しになる。その結果、接合面でアルミ合金と鋼が金属結合することで、両材料が強固に接合する仕組みだ。接合工程には産業用の垂直多関節ロボットを使っている。

0217honda11

・ホンダニュースリリースより
http://www.honda.co.jp/news/2014/c140214.html?from=copy

Honda0217


・大河内記念会公式サイト
http://www.okochi.or.jp/hp/top.html

接合面が金属結合なのか。これはなかなかの技術ですね。
産業ロボットで行っているのは壮観だな。

小学校の社会科見学で日野自動車の工場に行った。事前に写真などは撮ってはいけないと先生から説明があったんだけど無問題でしたね。時代が大らかだったのかな。コカ・コーラの工場の方がうるさかった気がする。

今は携帯電話のカメラとかあるから、撮影は厳禁だろうね。

自動車産業はまだ日本にも勝ち目があるからがんばってほしいものです。


金属工学もおおまかに言うと化学なんだよね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

February 14, 2014

「曲がる」有機EL照明パネル

コニカミノルタ、「曲がる」有機EL照明パネルの世界最薄品を試作

コニカミノルタは、2014年3月30日~4月4日にドイツ・フランクフルトで開催される照明・建築の見本市「Light + Building 2014」において、フレキシブル型の有機EL照明パネルとして世界最薄を実現した試作品を初公開する。基板にガラスではなく、プラスチック・フィルムを使うことで「曲げられる」ようにした照明用途の有機ELパネルで、厚さを70μmに抑えたことが特徴。写真フィルム事業で培った成膜技術を生かして薄型化に成功したとしている。

 また、フレキシブル型の有機EL照明パネルとして初めて調色機能を付加した試作品も展示する。ディスプレー方式とは異なる層構成を採用し、調色しながら均一に発光できるようにしたとする。

 コニカミノルタはこれまでにもフレキシブル型の有機EL照明パネルを試作し、各種展示会などで披露してきたが、現時点では実用化に至っていない。建築物の円柱などの曲面での採用を狙う他、基板が薄く軽いため、飛行機や自動車などの移動体にも向くとしている。展示を通して潜在顧客の反応を見たり、見る人に使い方をイメージさせたりしながら事業化の道を模索していく。

Konicam_irodori


≪世界で初めて調色機能を備えたフレキシブル型の有機EL照明パネルを使った展示「Irodori」。パネルをクジャクの羽根のように重ね、ゆっくりと回転させる≫

イルミネーションとしてはきれいですね。
ペーパーディスプレイはいつ実用化できるのでしょうか。
もう展示会に行けば試作品は見られるのかな。
CETECもディスプレイ展も3年は行っていないからな。

今年は各種展示会に行きたいな。

なんと言っても「テレビ乙女」ですから。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

February 11, 2014

FPGAとスマホ

「スマホにFPGAを載せられたのは、競合の後追いから脱却したから」、Lattice Semicon社長が語る 2014/02/04

FPGAにスマホが搭載されたのは、Billerbeck氏が推進した戦略が当たったからと言える。同氏は2010年11月に社長兼CEOとしてLatticeに入った。以前のLatticeは、大手2社の後追いのような製品が多かった。同氏が進めたのは、大手2社とは異なる製品で異なる市場を狙う戦略である。「競合2社はハイエンドの通信装置を狙う高価で消費電力も大きなFPGAに主軸を置いている。一方、我々は、競合があまり興味を示さないミッドレンジやローエンド製品をすべていただくことにした」(同氏)

 「ローパワー、小型、コスト効率の高いFPGAが必要ならば、Latticeに来て欲しい」を合言葉に、競合とは異なる製品の開発と提供に注力した。最初は、「ECP3」と呼ぶ製品で、ヘッドエンド市場で成功を収めたいう。ECP3は低消費電力がウリモノで、ルックアップテーブル(LUT)数が同等規模の競合他社品に比べると,消費電力は約1/2だとしている。「ヘッドエンドの機器は大規模ASICと複数のFPGAで構成されることが一般的で、そのFPGAにECP3を使ってもらった」(Billerbeck氏)。

 続いて、コンピューティング市場でも成功を収めたとする。この市場では、「MachXO」をマイクロサーバー向けに売り込んだ。ハイエンド・サーバーではなく、マイクロサーバーに狙いを定めたという。「MachXOは通信・ネットワーク市場向けに開発したが、低消費電力や小型パッケージに収めたことなどが功を奏して、コンピューティングや産業、医療などの市場でも受け入れられた」(Billerbeck氏)。

Lattice3_4


素人考えだと、どこでも導入できるのがFPGAのいいとこじゃん、と思ってしまいますが、そんなことはないのですね。

競合他社がどの方向の向いているのか、要はマーケティング思考がないと商売しちゃいかんですな。


日本の大手電機メーカーもそこいらへん考えないといかんのと違うかな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

February 10, 2014

りんごちゃんの量子ドットディスプレイ

Appleが量子ドットディスプレイの実用化で三つの特許を出願
2014年2月7日

USTPO(合衆国特許局)が今日(米国時間2/7)発表した特許出願情報によると、Appleはまた新たに三つの特許を出願している(AppleInsiderによる)。三つとも量子ドットディスプレイの利用に関連していて、この新しいディスプレイ技術により電子製品のスクリーンにさまざまなアドバンテージがもたらされる。それらは、よりリッチで鮮明な色、より広い視野角、そしてこれまでのLCDよりも優れたユーザ体験、とされている。

Appleが量子ドットディスプレイの特許を出願したのは、2013年の12月だが、そこではこの技術を既存のディスプレイ技術に応用して色の制御を改良する方法が記述されていた。そこでAppleのタームとしては、 quantum dot displayではなくquantum dot-enhanced display(量子ドットで高性能化したディスプレイ)が用いられている。今回の三つの特許は、MEMSによるシャッター制御、プリズムなどを使って行う量子ドットに分散する光の制御、正しい色を維持しながらバックライトを弱くする技術など、量子ドット技術のディスプレイへの応用に関連している。
(中略)
この種のディスプレイを使った製品は、すでに大手テレビメーカーが手がけている。たとえばSonyは、2013年1月に、新製品のフラットスクリーンテレビの一部に量子ドット技術を使うと発表して、その先鞭を切った。

なんだソニーがやってんじゃん。

そもそも量子ドットディスプレイって!
と思ったら去年取り上げてたよ(-"-)

量子ドットカラーディスプレイ
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2013/05/post-cfc7.html


その前にサムスンが研究してたよ。

量子ドット層の転写印刷技術確立によるディスプレイ試作

 量子ドットディスプレイでは、発光層の可視光領域の材料として硫化カドミウムやセレン化カドミウムなどが使用され、選択画素のみを発光させる。これまでモノカラーディスプレイは試作されていたが、光の3 原色であるRGB の塗り分け技術が確立されていなかったため、フルカラー表示が実現していなかった。  2011 年2 月、韓国サムスン電子社・ソウル大学・英国ケンブリッジ大学の共同研究グループは、転写印刷法によるRGB3 色の塗り分け技術(図表)を確立し、4 インチフルカラー量子ドットディスプレイを試作したと発表した。まず、Si 基板上に密着層を形成し、量子ドット懸濁液をスピンコート後、モールドに転写し、さらにディスプレイ用基板上にRGBを順次ストライプ状に印刷する。その後、熱処理とプレス処理を施すことで、緻密な量子ドット層が得られ、電気特性も改善される。  デバイス構成はITO(透明電極)/ PEDOT/TFB/ 量子ドット層/ TiO2 /Al(電極)/ 基板で、PEDOT / TFB が正孔輸送層、TiO2 が電子輸送層になる。電界を印加することで両側の電極から電子と正孔が注入され、輸送されて量子ドット層で再結合し、バンドギャップの波長に対応した色が発光する。また、画素のON/OFF 素子として、電流安定性の高いハフニウム?インジウム?亜鉛の酸化物の薄膜トランジスタを採用した。発光輝度はそれ ぞれ、R : 16380, G : 6425, B : 423 cd / m2 であった。  この研究で確立された転写印刷法では、インクジェットなどに比較してクラックのない緻密な膜が形成できる。基板はガラスのほかに、曲げられるプラスチックを用いることも可能である。転写印刷法は、低コストで大面積化が容易であるため、量子ドットを用いた照明や太陽電池にも応用できる。


Qd_display

アップルがほんとに作れんのかなという疑問はある。

どっかに売るのかな。


訴訟ネタのにおいもする。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

February 06, 2014

真っ赤に燃えた~2つ太陽?

経済がらみの工学話で心が荒んできました?のでアストロアーツを見て

2つの太陽をもつ惑星は、元の場所から動いてきた

【2014年2月4日 ブリストル大学】 映画「スター・ウォーズ」シリーズに登場するタトゥーイン星のように、2つの太陽を持つ惑星はどのようにして形成されたのだろうか。シミュレーション研究により、こうした周連星惑星は連星からもっと離れた場所で形成され、移動してきたらしいことがわかった。 ---------------------------
2つの恒星がペアを成す連星の周囲を公転する「周連星惑星」は2011年に初めて見つかったばかりで、まだその発見例は少ない。理論のうえでも、連星周囲の重力環境では惑星の材料となる岩石の小天体がぶつかりあい粉々になってしまうので、惑星形成が難しいとされる。

英・ブリストル大学物理学科のZoe Leinhardtさんらによる最新のコンピュータシミュレーション研究でも、同様の結果が出た。2012年に発見されたケプラー34bをサンプルに、およそ100万個の小天体の衝突過程を精密にシミュレーションしたところ、ケプラー34bの現在の軌道で惑星まで大きく成長するのはやはり難しいことがわかった。つまり、ケプラー34bは中心の連星からもっと離れた場所で形成され、その後今ある場所に移動してきたとするほうが妥当だということである。

Kepler34b

2つの“太陽”を持つ周連星惑星(提供:David A. Aguilar, Harvard-Smithsonian Centre for Astrophysics)

2つの「太陽」って2つの「太陽」って意味じゃないんだ。「2つの恒星がペアを成す連星の周囲を公転する」っていうこと?まだ見つかったばかりというからこれからの研究なんだ。

AstroArtsはタイトルがすごいから要注意だな。

しかし、しばし現実を忘れ宇宙のかなたに誘われた。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

February 04, 2014

IBM⇒Twitter 特許の大安売り

昨日の記事、意味ありげに終わってますが、
えーと、何を書こうと思ったんだっけなw

たぶん時系列これだったかな(^_^;)


TwitterがIBMから900件以上の特許を購入、クロスライセンス契約も 2014/02/03

 米IBMは、2013年12月に米Twitterに900件以上の特許を譲渡し、クロスライセンス契約を結んだことを、現地時間2014年1月31日に明らかにした。ただし、詳細な契約条件や金額については公表していない。  TwitterのBen Lee法務担当ディレクターは、「特許の購入とライセンス契約により、より優れた知的財産保護を実現し、我々のサービスを利用している全ユーザーのための革新に邁進できる」と述べている。  また、IBM知的財産部門担当ジェネラルマネージャーのKen King氏は「今回の契約締結は、特許権のある当社発明の価値と、幅広い当社特許ポートフォリオへのライセンスを供与する取り組みを示すものだ」とコメントした。  IBMは、2013年に6809件の米国特許を取得し、21年連続で取得数1位の座に立っている(関連記事:米国特許取得ランキングはIBMが21年連続首位、トップ10に日本企業が4社)。 Twitterは2013年11月、IBMから特許侵害の通知を受けたことを、当局への提出書類で明らかにした。IBMは、広告表示やURL取得、連絡先検索などに関する少なくとも3件の同社保有の米国特許をTwitterが侵害しているとして、交渉に応じるよう働きかけていた(米InfoWorldの報道)。なお、譲渡された900件余りの特許に、これら3件が含まれているかは定かではない。

レボノは元々IBMの事業だったから私の頭の中でつなげっちゃったのかな。
そんな気がする。

IBMが特許売りたかったのか。

まあ、Win-Winのライセンス契約だったのかな。

日本生れのIT企業って知財意識が異常に薄いんだが、大丈夫なんだろうか。

あそことか、あれとか、あっちなんて法務部あるのかさえ疑う。


クリエイティブなことじゃなくてそれが問題なのかな、日本のITって。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

February 03, 2014

レボノがモトローラを買ったわけ

レノボのモトローラ買収、マイクロソフトには支援にならず

米マイクロソフトは同社製スマートフォン(スマホ)向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズフォン」のために得られる味方はすべて必要だ。米グーグルのOS「アンドロイド」と競争するウィンドウズフォンの搭載割合は、販売される新品のスマホ100台中、4台未満にとどまっている。中国のパソコン大手レノボ・グループが29日に、米グーグルの携帯電話端末部門モトローラを買収すると発表したことで、マイクロソフトは将来の強力なパートナーを奪われた可能性がある。

 モトローラ事業を買収し、グーグルのアンドロイド特許ライセンスに合意することで、レノボは同社の携帯電話の将来をアンドロイドに賭ける姿勢を明確にした。これにより、パソコン世界最大手のレノボがウィンドウズフォン搭載スマホを製造する可能性は一段と低くなっている。

 ABIリサーチのアナリスト、ニック・スペンサー氏は「マイクロソフトは、新たな主要ウィンドウズフォンメーカーを確保するのにパソコン事業での(レノボとの)関係を活用できると考えていた可能性がある」と述べた。しかしそうではなく、レノボによるモトローラ買収は「アンドロイドへのレノボの確約を強固にしている」と続けた。

レボノってそれなりにブランド力を強化したのだろうか。
PC購買者としては、もうIBMじゃないかならな、って感じだけど

これには前段階があり、2012年当時、グーグルがモトローラ・モビリティを買収したという経緯がある。

レノボはなぜモトローラが必要だったのか(石川温氏寄稿)
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/197/197826/

 振り返ってみれば、グーグルとしては、モトローラ・モビリティを買収した当初は、特許取得だけでなく「メーカーになりたい」という願いがあったのかも知れない。当時、グーグル関係者に「なんで、モトローラ・モビリティを買収したのですか」と話を聞いたところ「OSで成功を収めたので、ハードをつくりたくなった」と語っていたことがある。しかし、2013年3月にアンディ・ルービン氏からChrome OSを担当していたスンダール・ピチャイ氏がAndroidの開発統括を兼務するようになった。その後も、Nexusシリーズは継続されているものの、GALAXY S4やXperia Z UltraのGoogle Play Editionが出るなど、Nexusシリーズの役目を終わらせようとしている感がある

確かに、確かに。IT企業がHWも作れる企業になりたいというのはよく聞いたね。


ここ1年でパソコン、スマホ、タブレットの市場が入り組み整理しきれない風になっているのは感じるね。レボノ買収はその一環ってわけかい。

買収話はここではおわらない次項に続きます。


M&Aのポートフォリオはややこしくてかなわんよ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« January 2014 | Main | March 2014 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31