無料ブログはココログ

« February 2014 | Main | April 2014 »

March 27, 2014

CNT細胞培養シート

細胞培養シート内にCNTを使った電気の通路の作製に成功
東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)
2014年03月25日


再生医療や組織工学を支える技術として、立体的に細胞‐細胞間接着、細胞-マトリクス間接着を促す足場材料の開発が重要性を増しています。中でも、生体適合性を持ち、水分子を大量に含むハイドロゲルを用いて、細胞結合性の生体分子や光架橋性分子を複合化した多機能性バイオマテリアルの開発が盛んに行われています。研究グループはこれまでに、ゼラチンメタクリレート(GelMA)ハイドロゲルとカーボンナノチューブ(CNT)を組み合わせたハイブリッド材料を提案し、既存のハイドロゲルに較べ導電性と機械強度に優れた足場材料の開発を行ってきました。本研究では足場材料中に電気の通り道を作ることにより、電極と筋細胞間の接続を改善できると考え、GelMA ハイドロゲルシート中にCNTを垂直方向に並べることを試みました。

Tohoku_140325_01


図1 誘電泳動を応用したCNT垂直配列化ハイドロゲルシートの作製法。(A) 誘電泳動力を印加する前後のCNTの画像。(B)ハイドロゲルシートに対し垂直に配列化したCNTの写真。(C,D) 筋細胞をハイドロゲルシート上に配置した場合の電場のシミュレーション結果。各位置の電圧を色表示し、矢印により電流密度を表した。2本の電極間に電圧を印加した場合に、CNT垂直配列化ハイドロゲルシート(D)の場合は、ハイドロゲルシート単体(C)と比べて、ゲル上に位置する筋細胞近傍の電流密度が増大した。A,B図中のスケールは50μm。

再生医療ではシート状の物質を立体構造にすることが大きな課題のようですね。

NHKで以前放映したものの発展系だろうか。

日本人が開発したカーボンナノチューブが役立っているとはうれしいことです。

実際この発明により患者さんが救われることを切に望みます。


脚光をあてるべきはこういう技術だと思います。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

March 24, 2014

放送大学fb卒業オフ会

先週21日は、放送大学卒業式でした。
そのあとFacebookのお仲間と上野御徒町でオフ会をしました。

アマサイは卒業生ではありませんが、在校生として参加しました。

Twitterで有名なオバケこと岡部学長も参加。

修士課程修了生の方が妹さん作のカレッジガウンをみんなで着まわして学長と2ショットで撮ったり、あれやこれやで楽しい時間を過ごしました。

北は北海道、南は九州までネットでしかお話していない方々とリアルでお話できるのは嬉しいものです。

上野公園付近の桜、何さくらなんだろう、でみんなで集合写真を撮りました。

またオフ会来たいな。

Sakura140321


アマサイもそろそろ上の学位を取らんと。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

March 21, 2014

ウエアラブル

Googleが「Android Wear」を発表、Androidをウエアラブル機器に広げる


米Google社は、スマートフォン向けOS「Android」をウエアラブル機器向けに広げるプロジェクト「Android Wear」を発表した。まず「最も慣れ親しんだウエアラブル機器である腕時計」(同社 SVP, Android, Chrome & AppsのSundar Pichai氏)型の端末から始める。

 Android Wearを搭載した腕時計型端末によって、(1)適切なタイミングでユーザーに適切な情報を提示する、(2)発話での操作を受け付ける、(3)身体の健康状態を詳しく監視する、(4)スマートフォンやテレビなどの他の機器を操作する、などの実現を狙う。SNSの更新やメッセージの到着を通知したり、ユーザーが音声で入力した質問に回答したり、テレビに好きな映画を表示させたりといった作業を腕時計型端末で行えるようにする。

 Google社は今回、開発者向けのプレビュー版「Android Wear Developer Preview」の公開を始めた。Androidのソフトウエア開発ツール内で、ウエアラブル端末のエミュレーターを使ってAndroid Wearに表示する通知画面を開発できるようにするものである。エミュレーターは正方形のものと円形のものを用意する。このプレビュー版では、通常の通知に追加画面を表示する機能、複数の通知を重ねて表示する機能、表示した通知に対するユーザーからの音声での返答を受け入れる機能を利用可能にしている。Google社は数カ月のうちに、新しいAPIや機能を搭載した正式版の「Android Wear SDK」を公開する予定。

Wearable

図案は出てましたが実機の写真は初めてじゃないですかね。

どれだけ普及しますかね。

アマサイは腕時計しないんで買わないかな。

40年以上前のウルトラセブンに出てきたウルトラウォッチにはまだ到達しないようですが。


アマサイは到底技術の進歩についていけそうにありません。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

March 18, 2014

スピンの流れ⇒エネルギーデバイス

導電性高分子中で磁気の流れを作り出すことに室温で初めて成功
-次世代の省エネルギーデバイス実現へ前進-

 慶應義塾大学理工学部物理情報工学科の安藤和也専任講師らは、電気を流すプラスチック「導電性高分子」の中で磁気の流れ「スピン流」を作り出すことに成功し、この性質を世界で初めて明らかにしました。
 電子は電気と磁気両方の性質を併せ持っています。従来のエレクトロニクスが電気のみを利用してきたのに対し、磁気(スピン)の流れ「スピン流」を利用することで超低消費電力デバイスや量子コンピュータの実現が可能となるため、これまで金属や無機半導体といった材料でスピン流に関する膨大な研究が行われていました。しかし、フレキシブルかつ印刷が可能で更に安価であるといった優れた特徴を持つ次世代のエレクトロニクス材料である導電性高分子中にスピン流を作り出すことは困難であり、その性質はほとんど理解されていませんでした。
 今回、磁気のダイナミクスを利用することで導電性高分子中にスピン流を作り出すことに成功し、これまで未解明であった有機材料中のスピン流の特異な性質を明らかにしました。この発見は、他の物質と比較して著しく長いスピン情報保持時間を示す有機材料の特長を利用した次世代省エネルギー電子技術への大きな推進力となることが期待されます。

Spintronics

スピントロニクスとスピン流。電流は電子の電気的性質の流れであり、スピン流は電子の磁気的性質の流れである。スピントロニクスは、スピン流を利用することでこれまで実現困難であった高機能・低電力な次世代電子デバイスを目指している。

流行りのスピンエレクトロニクスってやつですかね。

スピン流ってすごいことなのかな。

まあ、これくらいの宣伝は許されると思います。

グループに女性がいたら間違いなくリケジョ扱いでしょうね。


スピントロニクスとスピン流。電流は電子の電気的性質の流れであり、スピン流は電子の磁気的性質の流れである。スピントロニクスは、スピン流を利用することでこれまで実現困難であった高機能・低電力な次世代電子デバイスを目指している。

スピンエレクトロニクスには興味があります。それは見抜かないとね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

March 16, 2014

技術流出には気をつけよう

STAP細胞に関してはね、理研広報が「新万能細胞の一里塚」ってプレスリリースすればよかったんだよ。理研上げて「リケジョの星」とかやっちゃうからこんなことになるわけ。あそこの広報チャライからさ。

こっちの方が問題として深刻だと思うよ。

「刑事告訴は事実」と東芝、NANDフラッシュメモリー技術流出の報道で2014/03/13

東芝のNANDフラッシュメモリーの研究データを韓国企業に不正に渡したとして、東芝と業務提携していた半導体メーカーの元技術者の男性(50歳代)について、警視庁が不正競争防止法違反(営業秘密開示)容疑で逮捕状を取ったと、2014年3月13日付の読売新聞などが報じた。「捜査にかかわる内容なので現時点ではコメントできないが、(当該男性を技術漏洩に関して)刑事告訴したのは事実」(東芝 広報)という。

 複数の報道機関が報じているのは次のような内容。捜査対象となっている福岡県在住の元技術者は、東芝とNANDフラッシュメモリー事業で提携する企業(米SanDisk社)の社員だった2008年ごろ、東芝 四日市工場で「営業秘密」にあたるNANDフラッシュメモリーの大容量化に関する研究データを記録媒体にコピーし、転職先の韓国SK Hynix社に提供した疑いがあるという。

【追加情報】  報道各社は3月13日午後、警視庁がSanDisk社の元技術者、杉田吉隆容疑者(52)を不正競争防止法違反(営業秘密侵害)容疑で逮捕したと報じた。[2014/03/13 20:30]

この人、韓国の会社に転職したんじゃないんだ、単純に営業秘密を売ったんだ。

バッカじゃねーの。

そりゃ訴えられちゃうよね。

会社に恨みがあったんだろうけど。

大した技術者じゃなかったのかもね。

東芝の秘密管理はしっかりしていたのかな。それも大問題だね。

でも基本、技術者を大事にしないといくらでもこういうことはあると思うよ。

私ならそれを条件に就職するけどね。まあ、人じゃなくて情報がほしいだけの会社だろうね。それは見抜かないとね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

March 12, 2014

しゃくとりむしデバイス?!

RIKENはSTAP細胞ばかりやっているわけじゃありません。

生きている材料@理研ニュース3月号


心臓のように拍動する、シャクトリムシのように自ら一方向へ移動する、生体膜のイオンポンプのように物質を出し入れする
─そのような、まるで“生きている材料”をつくり出すことを、石田康博チームリーダーは目指している。液体でも固体でもないゲルや液晶などの軟らかい物質を用いて、自ら動く材料を開発する研究を紹介しよう。


ヒドロゲルの中で化学反応を起こす
 続いて2013年7月、石田TLたちは光を使って情報を書き込んだり、別の物質に接着したりする、新しい機能を持つヒドロゲルを発表した。「私は以前から使ってみたい物質がありました。それを粘土の替わりにヒドロゲルの網に埋め込むことで、新しい機能を実現しました」
 それは物質・材料研究機構の佐々木高義フェローたちが開発した酸化チタンのナノシートだ。「佐々木先生はナノテクノロジーの第一人者で、酸化チタンをはじめとする無機物を、厚さ1~数nm、幅が数μmというナノシートにする技術を確立しています」
 酸化チタンは光触媒機能を持つ物質として知られ、紫外光を当てるとその表面が強い酸化力を示すようになる。石田TLは、粘土の替わりに酸化チタンナノシートを用い、さらに網(ポリマー)をつくる材料であるモノマーを水に溶かし込んだヒドロゲルをつくり出した(図4)。
 そこに紫外光を当てると、酸化チタンナノシートの光触媒作用により水から活性酸素(ヒドロキシルラジカル)が生成され、その影響で水に溶けたモノマーが次々とつながる重合反応が起きる。その結果、紫外光を当てた所だけに新しい網ができる。
 この現象を利用して、情報を書き込むことができる。また、そのヒドロゲルとプラスチックの境界に紫外光を当てる。

Riken201403

こんなもんできましたがな、という話でまだ何に応用するかまでは決まっていないようです。類似の事例にゲルや液晶が出ているので、電子材料として活用できるかもしれませんね。

リケジョなんて持ち上げるからあんなことになるんじゃないかな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

March 10, 2014

理学部と工学部の共存

日本を支える「2つの化学科」
【化学者から見た元素戦略 京都大学・北川宏教授】

北川 私自身は「元素戦略=化学」というスタンスです。幸いなことに、現在、日本の化学産業は非常に活発ですが、化学というのはサイエンスと産業とが直結している面があって、たとえば、プラスチックや電気製品の中の部品、半導体をつくるにも化学の成果を使っています。化学産業がダメになると、その国全体の産業がダメになると言ってよいと思います。

一番典型的な例はイギリスです。イギリスにはICI(Imperial Chemical Industries)という世界的な化学メーカーがありましたが、2008年にオランダの化学メーカーの傘下に入りました。業績が悪くなった理由の1つは、イギリスの場合はサイエンスを重視し、エンジニアリングを軽視しすぎる傾向があったことです。

ところが、日本はちょっと特殊で、大学には理学部系の化学科と、工学部系の応用化学科がありますね。なぜ2つの化学科があるかというと、理学部系はもともと旧文部省(現文部科学省)が、工学部系は旧工部省(現経済産業省)がつくったという経緯があるからです。もちろん、最終的には現在の文部科学省が大学を管轄することで統合されましたが、「2つの化学科」が存在することは世界的にも珍しいことです。おかげで、理学部系ではベーシックな基礎化学・純粋化学をやり、工学部系ではエンジニアリングを担当するという、非常にうまい棲み分けが伝統的にできています。エンジニアリングというのは、化学工学とかプラントづくり、コンビナートなどの実用に役立つ化学のことです。

化学科&応用化学科というより、明治から工学部というのを確立していたことが最大の特徴でしょう。物理を一通りやってから応用ではなく、いきなり電気工学、電子工学を勉強できちゃったのが日本をエレクトロニクス大国にした理由でしょう。理系を身近にしましたね。

アマサイ、化学分野のことはてんで疎く、高校化学は好きだったけど、化学科なんか出たらプラントで重労働させられるんじゃね?なんて思っていました。実験も朝から晩までやるほど好きじゃないし。バイオ関係の人なんかなんであんな長時間ラボに居られるのかな。

とアマサイがシカトしてる隙に純粋化学と応用化学はそれぞれ太い幹を持ち枝葉が伸び、日本の産業界にたくさんの実りをもたらしているのであります。

ノーベル化学賞も何人も輩出し、日本人は化学が得意とまで言われる(自分たちで言っている)今日なのであります。

化学工業はいろんな分野に関わっているから絶えることはないし、化学がダメになったらそれこそ日本がダメになるときでしょうな。

がんばってください、日本の化学者さんたち。

「産」なんのか「学」なのか「産学」なのかってのはどうでもいい話ですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

March 06, 2014

量子電池ですと?!

量子電池なんてできるんか?と思ったらPCTで出てるんやな。


■繰り返し充放電できる量子電池
公告番号 WO2013065093 A1
出願番号 PCT/JP2011/075011
公開日 2013年5月10日
出願日 2011年10月30日
優先日 2011年10月30日
特許出願人 株式会社日本マイクロニクス

 本発明は、簡単な構成により大容量の二次電池を実現するために、導電性の第1電極と、絶縁性物質で覆われたn型金属酸化物半導体を光励起構造変化させることによりバンドギャップ中にエネルギー準位を形成して電子を捕獲する充電層と、p型半導体層と、導電性の第2電極とを積層して構成される二次電池である量子電池を対象としている。
 この量子電池においては、積層された充電層とp型半導体層とを電極で両側から挟んだ構造となっており、電極材料として金属材料を使用している。このような積層構造では、電池の製造時における熱工程での発熱により、一方の電極に充電層を形成する際や、P型半導体層の上に他方の電極を形成する際に金属電極が酸化し、充電層やp型金属酸化物半導体層との密着性を低下させ、著しい場合には電極が剥がれる等の問題がある
 本発明は、n型金属酸化物半導体を光励起構造変化させることにより、バンドギャップ中に電子捕獲準位を形成し、この捕獲準位に電子を捕獲することにより充電する量子電池において、製造中の熱工程で電極が剥がれる問題を解決し、長期に亘り使用可能な量子電池を提供することを目的としている。
 本発明による量子電池は、第1の金属電極と、絶縁性物質で覆われたn型金属酸化物半導体を光励起構造変化させることによりバンドギャップ中にエネルギー準位を形成して電子を捕獲する充電層と、p型金属酸化物半導体層と、第2の金属電極とを積層して構成され、第1の金属電極と前記第2の金属電極のいずれか一方が、酸化防止機能を有する金属電極であることを特徴とする。

Ryousidennti01

Ryousidennti02


特許があるからと言って実施できるとも限らんし。
それこそ、量子コンピュータ、量子通信なんて何度「一里塚」を迎えたことか。
最近ウォッチしとらんが、どうなっとるんやろ。

(不勉強を承知で掲載しています。あまり突っ込まないように)


量子電池は化学電池と違う、違うのか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

March 03, 2014

OCRシステム

一回資料請求したらしく、メールのお知らせがたまに来ます。

ハンモック、独自開発OCRエンジン「WOCR」の特許を取得 特性の異なる2つのOCRエンジンを活用し、5シグマのOCR認識品質を実現


株式会社ハンモック(本社:東京都豊島区、代表取締役:若山 正美、以下 ハンモック)は、独自に開発したOCRエンジン「WOCR(ダブルオーシーアール)」の特許を取得しました。
この「WOCR」は、ハンモックが販売するOCRソフト「TeleForm」に標準搭載しています。
■「TeleForm」に搭載の「WOCR」特長
「WOCR」に読み込ませる原紙の画像とノイズ除去などの修正を加えた画像を、特性の異なる2つのOCRエンジンで読み取り、認識結果が同じかつ信頼性が高い場合のみ、確定データを生成します。
認識結果が異なる場合や、結果が一致しても信頼性が低い場合にはオペレーターによる確認処理に回します。これにより誤読データの生成を未然に防ぐことができます。

■特開2010-73201
【公開日】平成22年4月2日
【発明の名称】OCRシステム
【出願日】平成21年8月19日
【出願人】株式会社 ハンモック

本願発明によれば、以下のような効果を有する。
(1)読み取った電子画像フォームを性質の異なる2種類(以上)のOCRエンジンでOCR認識し、不一致点を修正する極めてシンプルな構造であり、OCRシステムの精度(認識率)を向上させる実用的かつ効率的な技術を提供できる。
(2)すなわち、性質の異なる2種類以上のOCRエンジンに、誤認識を共通にしない或いは共通にすることの少ないOCRエンジンどうしを使用することで、OCR結果に混入している誤認識を効率よく検出する割合を示す「誤り検出率」を可能な限り100%に近づけていくことができる(誤認識を共通にするものであれば、双方で同じ誤認識をすることで認識結果の一致を招き結果として誤認識を検出することができない)。これにより、複数のOCRエンジンを使って「保守的な結論」を導き、充分に信頼性の高いデータには「お墨付き」(人間の確認不要)を与え、そうでない「札付きの当てにならないデータ」は人間に確認させることによって、OCR結果を二重にチェックする方法に比べて飛躍的に作業効率を改善できる。
(3)画像読取手段は、データの記入されたフォーム(帳票)を電子画像フォームとしてFAX受信機で読み取ることができるので、FAX-OCRにも対応できる。
(4)データベース保存手段は、認識結果が一致しない文字又は信頼性が低い文字についてオペレータによる確認後に修正文字を受け入れる文字修正機能を有することで、認識できなかった文字又は信頼性が低い文字を確実に修正できる実用的かつ効率的な技術を提供できる。
(5)OCRエンジンには「画像補正」に優れたものもあり、このOCRエンジンの「画像補正」を利用することで、より精度の高いOCR認識を実現できる。
(6)OCRエンジンにはそれぞれ最適な「OCR認識領域」があり、電子画像フォームから最適な「OCR認識領域」を切り出すことで、より精度の高いOCR認識を実現できる。

201073201

確か自動認識展で見たのですがOCRは主力製品だったのか。

何人くらいで開発してんのかなあ。特許はそんなに出していないみたいだけど。


広告メールが来ると何気に読んでしまいます。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

March 01, 2014

医療業界拡大は単なる流行りか?

実際の発表は1ケ月以上前なのですが、今年度発表されたということで引用することにします。

東芝、“病院の外側”でどれだけ稼げるか 2014/02/21

 東芝は昨日(2014年1月20日)、「第3の柱」と位置付けるヘルスケア事業の戦略について発表し、2015年度に6000億円、2017年度に1兆円の売上高を目指す考えを示しました(関連記事)。同社の具体的な取り組みについては、2014年3月18日に開催する「デジタルヘルス・サミット ~デジタルヘルスの未来2014~」(主催:日経デジタルヘルス)においても講演が予定されています。

 昨日の戦略発表で示されたのは、(1)予防、(2)診断・治療、(3)予後・介護、(4)健康増進、の4分野に渡る幅広い事業を推進していくことです。一方、事業規模としては当面、これまで同社(東芝メディカルシステムズ)が強みを持っていたX線CT装置などの画像診断装置が中心となります。2015年度に目指す売上高6000億円のうち、約5400億円を画像診断装置などの既存事業で見込んでいるようです。
 2017年度の売上高目標である1兆円を実現するためには、言うまでもなく、現行の画像診断装置以外の事業の売り上げを大きく伸ばしていく必要があります。つまり、今回発表した4分野のうち、主に(1)(3)(4)といった“病院の外側”の事業を大きくしていく必要があるわけです。

医療に活路を見い出しているのは東芝だけではありません。メーカー各社同様にと言っても過言ではありません。医療に目を向けない企業などないのではないでしょうか。

少し前まではIT企業が自動車製造に加わったり(現在進行形)したものですが。

コンシューマー製品が伸び悩んでいる(微動はあるでしょう)現在、市民誰もが関心のある分野を受け入れないわけはありません。

しかし、一市民としては、この競争を実際に人々の健康に役立つように指向してほしいと願うばかりです。

医療分野が流行るのは大いに結構です。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« February 2014 | Main | April 2014 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30