無料ブログはココログ

« OCRシステム | Main | 理学部と工学部の共存 »

March 06, 2014

量子電池ですと?!

量子電池なんてできるんか?と思ったらPCTで出てるんやな。


■繰り返し充放電できる量子電池
公告番号 WO2013065093 A1
出願番号 PCT/JP2011/075011
公開日 2013年5月10日
出願日 2011年10月30日
優先日 2011年10月30日
特許出願人 株式会社日本マイクロニクス

 本発明は、簡単な構成により大容量の二次電池を実現するために、導電性の第1電極と、絶縁性物質で覆われたn型金属酸化物半導体を光励起構造変化させることによりバンドギャップ中にエネルギー準位を形成して電子を捕獲する充電層と、p型半導体層と、導電性の第2電極とを積層して構成される二次電池である量子電池を対象としている。
 この量子電池においては、積層された充電層とp型半導体層とを電極で両側から挟んだ構造となっており、電極材料として金属材料を使用している。このような積層構造では、電池の製造時における熱工程での発熱により、一方の電極に充電層を形成する際や、P型半導体層の上に他方の電極を形成する際に金属電極が酸化し、充電層やp型金属酸化物半導体層との密着性を低下させ、著しい場合には電極が剥がれる等の問題がある
 本発明は、n型金属酸化物半導体を光励起構造変化させることにより、バンドギャップ中に電子捕獲準位を形成し、この捕獲準位に電子を捕獲することにより充電する量子電池において、製造中の熱工程で電極が剥がれる問題を解決し、長期に亘り使用可能な量子電池を提供することを目的としている。
 本発明による量子電池は、第1の金属電極と、絶縁性物質で覆われたn型金属酸化物半導体を光励起構造変化させることによりバンドギャップ中にエネルギー準位を形成して電子を捕獲する充電層と、p型金属酸化物半導体層と、第2の金属電極とを積層して構成され、第1の金属電極と前記第2の金属電極のいずれか一方が、酸化防止機能を有する金属電極であることを特徴とする。

Ryousidennti01

Ryousidennti02


特許があるからと言って実施できるとも限らんし。
それこそ、量子コンピュータ、量子通信なんて何度「一里塚」を迎えたことか。
最近ウォッチしとらんが、どうなっとるんやろ。

(不勉強を承知で掲載しています。あまり突っ込まないように)


量子電池は化学電池と違う、違うのか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« OCRシステム | Main | 理学部と工学部の共存 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/59248096

Listed below are links to weblogs that reference 量子電池ですと?!:

« OCRシステム | Main | 理学部と工学部の共存 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30