無料ブログはココログ

« 電子立国は凋落しない。 | Main | グーグルコンタクトレンズ »

April 12, 2014

ぐにゃりボード

ぐにゃりと曲がる触覚センサー、ロボットハンドや介護マット向けに日本メクトロンが出展
日経デジタルヘルス2014/04/10

日本メクトロンは、フレキシブル基板(FPC)を用いた「フレキシブル触覚センサー」を「MEDTEC Japan 2014」(2014年4月9~11日、東京ビッグサイト)に出展した。触覚を持つロボットハンドや介護用の圧力検知マットレス、モバイル機器の入力インターフェースなどの用途を見込む。サンプル品を特定顧客向けに提供中で、2014年度中に製品化する考え。

 このフレキシブル触覚センサーは、FPCに圧力センサーの機能を内蔵したもの。2枚のポリイミド膜の間に、「感圧膜」と呼ぶ薄膜と電極を挟んだ構造を取る。ポリイミド膜の間に圧力が加わり、感圧膜が電極に触れると、その圧力に応じた抵抗変化が生じる。これを利用して圧力を測るという仕組みだ。2~3kg/cm2までの圧力を測定可能で、全体の膜厚が約200μmと薄いため、曲面に貼り付けて使うことができる。感圧膜の材料は明らかにしていない。


MEDTECというくらいですから医療工学の展示会ですね。
行けばよかった。

しらなかったけどフレキシブル基盤で有名な会社みたいですね。

■特開2014-036131
【発明の名称】フレキシブルプリント基板及びその製造方法
【出願人】日本メクトロン株式会社
【出願日】平成24年8月9日
【要約】
【課題】フレキシブルプリント基板とバスバーとの接合強度を高めて、振動や熱伸縮に対する耐性を向上させるフレキシブルプリント基板及びその製造方法を提供する。
【解決手段】溶接前に、フレキシブルプリント基板25の接続端子(銅箔部)23にハトメ26を固着し、銅箔部23とハトメ26がバスバー21に接触するようにセットする。次いで、バスバー21の接合面側に一対の電極27,28を配設し、一方の電極27でハトメ26をバスバー21に押し付けるとともに、他方の電極28をバスバー21に接触させる。この後、電極27,28間に配設したプッシュロッド29で銅箔部23をバスバー21に押し付けながら、電極27,28間に通電することで、バスバー21とフレキシブルプリント基板25との接合強度が向上する。

2014036131

やはり問題は接合部分みたいですね。
ここがうまく通電するかが問題なのかな。

この技術が成功するといろんな分野が発展して楽しいですね。
アマサイ的にも期待しています。


ペーパーディスプレイはまだ手にすることができたいのでしょうか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« 電子立国は凋落しない。 | Main | グーグルコンタクトレンズ »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/59457964

Listed below are links to weblogs that reference ぐにゃりボード:

« 電子立国は凋落しない。 | Main | グーグルコンタクトレンズ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31