無料ブログはココログ

« バイオセンサの時代へ | Main | 書談;『知財、この人にきく 丸島儀一』 »

April 29, 2014

インフレーション宇宙

4月13日付の日経新聞に「宇宙の急膨張の裏付け」という記事がありました。
元はこれのようですね。

宇宙背景放射に刻まれたインフレーションの痕跡


ハーバード・スミソニアン天体物理学センターなどによる「BICEP2プロジェクト」では、南極に設置した望遠鏡を用いて「宇宙マイクロ波背景放射」(CMB)の観測を行っている。

CMBとは、宇宙誕生から38万年後に放たれた光がマイクロ波として現在の空の全方向に観測されるものだ。宇宙誕生の瞬間からわずか10-30秒以内に起こった「インフレーション」により、最初から存在したわずかな密度ムラが大規模に広がり、CMBに見られる模様として反映されている。こうした密度のムラが、天体や宇宙の構造が作られる種ともなったと考えられている。

プロジェクトの観測から、このCMBにBモード偏光(偏光:電磁波の振動方向の偏り)が見出された(画像)。Bモード偏光は、インフレーション由来の原始重力波(注)が時空をゆがめることにより生じるとされるパターンで、3年間にわたるデータの精査から間違いなく原始重力波によるものと判断された。

Bmode

インフレーションからの重力波が、CMBの偏光に「Bモード」と呼ばれるかすかなねじれパターンを生じさせる。黒い線がCMBの偏光方向を示し、ねじれの程度に応じて色付けがされている。(提供:The BICEP2 Collaboration)


AstroArtsは、すげー大発見もちんまい観測も並列に記載してるので何が重要かイマイチわかりませぬ。

これによって佐藤勝彦先生が提唱した「インフレーション宇宙」の強い証拠となったようです。

宇宙誕生時にインフレーションが起こってそれによってビッグバンが起きたとされています(インフレーションとビッグバンが前後する説もあるようです)。

勝彦先生もノーベル賞とれるかしらね。


宇宙論の進歩は急激にきますね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« バイオセンサの時代へ | Main | 書談;『知財、この人にきく 丸島儀一』 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/59553817

Listed below are links to weblogs that reference インフレーション宇宙:

« バイオセンサの時代へ | Main | 書談;『知財、この人にきく 丸島儀一』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31