無料ブログはココログ

« April 2014 | Main | June 2014 »

May 29, 2014

医療ロボ発進!

オリンパス カメラ、企業向け強化医療ロボに60億円投資
2014.5.29

 オリンパスの笹宏行社長は28日までに、産経新聞のインタビューに応じ、平成27年3月期に医療用ロボットの技術開発などに60億円を投資し、主力の医療用内視鏡に次ぐ柱に育成していく考えを明らかにした。また、27年3月期で5期連続の営業赤字を見込むカメラ事業は、国内外で大都市圏に的を絞った効率的な販売策を強化するなどして、28年3月期に黒字転換を目指す。

 医療用ロボットの技術開発は、ロボットの手や腕にあたるマニピュレーターの小型化や操作性を高めた小型手術支援ロボットなどのさらなる進化を追求。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などと開発を進めており、実用化を急ぐ。

 また、カメラ事業は、一般消費者向けだけでなく企業向けも強化する。笹社長は「例えば、自動車メーカーに対し、イメージセンサーなどのコア技術が生かせる。すでに持っている産業分野の販売網も積極利用し、新規分野を開拓してきたい」とした。

全ては医療分野のパイ取り合戦へといくんですなあ。

ここで勝負せんと先がないですからなあ。

カメラ事業部に関しては出遅れた感があります。産業分野に入っていける余地はあるのでしょうか。


こういう事業で拡大してくれないとアマサイの商売も上がったりです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 28, 2014

三次元デバイス続々と?

出典は日エレの昨年のものです。ご注意ください。

メモリ・セルを縦に積む 有留 誠一
出典:日経エレクトロニクス、2013年9月16日号
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20140522/353465/?rt=nocnt

プレーナ型NANDフラッシュ・メモリの後継技術として期待を集めているのが、3次元構造のNANDフラッシュ・メモリ(以下、3次元NAND)だ。メモリ・セルを3次元方向に積層することで大容量化する技術である。

 3次元NANDの開発は以前から進められていたが、コストを下げにくいという問題があった。それを克服する技術として2007年に東芝が開発したのが、「BiCS(Bit Cost Scalable)」である。

BiCSは縦型のチャネルを備え、電荷蓄積部にSONOS(silicon-oxide-nitride-oxide-silicon)構造を採用する。BiCSの技術的なポイントは、その製造手法にある。BiCSでは制御ゲートを何層も積層した後、その上層から下層までを貫く穴(スルー・ホール)を開けてチャネルを作る。1層ずつ下から積み上げる従来の3次元NANDに比べて、製造工程数を大幅に減らせる。結果として、プロセス・コストを劇的に低減できる可能性がある。

3dcell_kakusha

 BiCSのコンセプトが低コスト化に有効だったため、その後、韓国Samsung Electronics社や我々など多くの企業が3次元NANDの開発に取り組むようになった。垂直ゲート型などさまざまな方式が提案されたが、ここにきて主要メーカーの選択は垂直チャネル型に統一されつつある(図6)。東芝の「P-BiCS」やSamsung社の「TCAT(Terabit Cell Array Transistor)」、我々の「DC-SF(Dual CG-Surrounding FG)」や「SMArT(Stacked Memory Array Transistor)」がこれに当たる。我々は浮遊ゲート型のDC-SFセルとチャージ・トラップ型のSMArTセルの両方を開発した。以下では、この二つの3次元メモリ・セル技術を紹介しよう。

Fuyugatecell

SMArTセルには以上のような長所があるものの、3次元セルでは一般に書き込みディスターブが大きくなりやすいという課題がある。ブロック内に同じワード線(WL)とビット線(BL)につながる複数のストリング(メモリ・セル列)が存在し、選択トランジスタでストリングの選択/非選択を制御しなければならないからだ。この結果生じる書き込みディスターブ・モードは、プレーナ型セルにはなかった動作モードである。

 この新しい書き込みディスターブ・モードでは、BL/DSL(ドレイン選択線)電圧がともに0Vであり、8V程度のチャネル・ブースト(channel boosting)電圧をビット線にリークさせないようにしなければならない。ところがDSLはサブスレッショルド領域でのリーク電流が多いため、書き込みディスターブが起こってしまう。この問題に対しては、DSLのVtを高い値に設定し、DSLとセルの間にダミー・セルを置いてチャネル・ブースト電圧のリーク電流を抑制することによって、劇的に改善できた。

何か最近3次元デバイスの情報がないと思ったら各社で着々と製造しているわけですね。

汎用はまだ先かしら。

ああ、日エレ読んでおけばいいって話?あと展示会とか。

しかし、こんな図面はなかなか見られませんな。

三次元プリンタで作れたりするのかなあ。
まあ、とにかくがんばってほしいです。


半導体で稼ぐとしたら三次元デバイスとアマサイは思っているのですが。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 27, 2014

車載用液晶パネル

先週は横浜パシフィコで「人とくるまのテクノロジー展 2014」だったようですね。忙しくていけませんでした。


1億枚超え確実の車載用LCD市場、スマホ・タブレットに次ぐ第3の柱に浮上早瀬 宏=NPDディスプレイサーチ 中小型FPD部門統括 バイスプレジデント2014/05/23

「液晶パネルの標準化とともに海外液晶パネルメーカーが台頭」といえば、パソコンやテレビ市場と同じ道(コモディティー化による低価格化の加速と需要の飽和)をたどる予感を禁じ得ないが、車載用TFT液晶パネルに関しては同じ道を歩む可能性は極めて低い。自動車市場では価格・用途・性能・嗜好・規制を含めて極めて多様な要求が出続けており、加えて人命に対し直接的に影響を与える面で安全性・信頼性に対する要求が極めて高い。

 確かにCID用の液晶パネルは、独立したユニット設計が多く標準化が進めやすい上に、直接的に自動車の運転動作に影響を与えないことから、参入障壁が低いとみることもできる。一方、自動車の電子制御が一段と進む中で、今後インパネ(クラスター)内の多機能モニター用としてTFT液晶パネルの搭載がますます加速していく。

 クラスターのデザインは車種ごとにデザイナーの指向の影響を大きく受け、仕様面でより多彩な要求が出てくるため、液晶パネルに対するカスタム性がさらに強まる可能性もある。加えて、高級車のように多モデル少量生産の車種も多い。また、クラスター内の表示は安全性に関わるため、重要安全部品としての保証が必要となる。保守部品としての供給保証期間も極めて長い。国内液晶パネルメーカーの存在感が今後も大きな位置を占めるアプリケーションであるともいえる。

 車載用TFT液晶パネル市場は、CID、クラスター以外にもさらにその用途を拡大しようとしている。欧州ではHUD(ヘッドアップディスプレー)に搭載車に対する保険の優遇、米国ではバックモニターの義務化、省エネ対策としてサイドミラーの電子モニター化と、用途の広がりに対して追い風となるような動きが相次いでいる。

 これら様々な要因を需要予測に積み上げると、車載用TFT液晶パネルの需要は2017年には1億枚に達し、さらにその数量を伸ばしていくと予想される。また、その用途や機能に応じて様々な液晶パネルメーカーが自身の強みを生かした製品を供給し、その数量を伸ばしていく可能性も期待できるといえよう。


テレビ用ディスプレイは頭打ちのようですが、車載用がありましたね。
小型中型は得意ですし。

しかし、日本企業がどのくらい入っていけるのかな?

車には最新高画質っていらないと思うけどね。

車業界はかろうじて景気がいいようですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 25, 2014

著作権の深くて黒い溝

著作権保護は「死後70年」にするべきか--JASRAC都倉会長に聞く


一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)の都倉俊一会長は、5月21日に開催された定例の年次記者会見で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉に参加する日米など12カ国が、著作権の保護期間を死後70年に統一する方向で調整に入ったとする一部報道についてコメントした。

 日本では原則、著作権の保護期間は作者や作家の死後50年と定められている。都倉氏は、保護期間が死後70年で統一される可能性が高まったことについて、「報道以上の情報はないが、お互いの理解を得そうなところまできていると聞いている。雲が晴れ、霧が薄くなってきたという段階」と評価した。

 この一方で、通常の著作権保護期間に戦争期間分を加算する“戦時加算”の動きについては「(著作権保護期間が死後)70年に延長されたからといって、戦時加算が10年加えられて80年になるというのは承服できない」とし、一括して解決されるべきとの考えを強調した。

 また、死後の著作権保護期間の延長に関するネガティブな意見について、菅原瑞夫理事長は「誤った認識のもとで意見が出されている」と指摘。「50年から70年に延長されると、一度消滅した権利が復活するかのような意見がでているが、条約・法律は批准後・施行後から効果を発揮するのが原則であり、明らかに誤った認識」(菅原氏)と、反対のための意見が出回る現状について懸念を示した。

 また、クラウドなどを活用した新規ビジネスにおいて著作権が障壁という風潮が広まっていることについて「実態として多くのビジネスが我々を含む権利者との契約に基づいて進展する中、権利が邪魔でビジネスができないというのは事業者が役割を放棄し、自らの利益のみ追求しようとしているようにしか見えない」と強く批判。今後の議論において冷静に話を進めていくべきとの考えを示した。

都倉さんに著作権全般のことを聞くってそもそも違うと思いますがね。
飽くまで、作曲者・作詞社・歌手の利益だけでしょう。

失礼ながらあんまりITには強くなさそうだ。クラウドには漠然とした恐怖があるでしょうね。

だってCDって形で売れないんだから。
音楽TV番組だってそう多くはないし。

広くクリエータの意見を募り、法律の専門家で話し合うべきと思いますよ。

たぶん、結論でないけど(^▽^;)。


コメでも肉でもなくてTPPのスタックイッシュ―は知財権だけ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 23, 2014

仮想画像でグリグリ

「仮想物体を持ってクルクル回せる」、東大とzSpaceが共同開発


東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授の石川正俊氏らの研究グループと米zSpace社は、3次元(3D)ディスプレーに表示した仮想物体を手でつかむようにして操作できるシステムを共同開発した。石川渡辺研究室が開発したジェスチャー認識システムを、zSpace社のインタラクティブな立体視システムの入力として利用できるようにした。「ユーザーの手の動きを検出して3D表示に反映するまでの遅延時間が最小27msと短いのが最大の特徴だ。人が知覚できない水準の遅延であり、手の動きと仮想物体の動きが一体のものであるかのように感じられる」(東京大学の石川氏)。

 zSpace社の立体視システムは、偏光方式の23.6型3Dディスプレーと、3D映像の描画を行うコンピューターで構成する。3Dディスプレーの筐体には、偏光メガネやスタイラスの空間上の位置や向きを検出するための複数のカメラも備える。偏光メガネをかけたユーザーの視点に追従しながら仮想的な3D空間を描画し、ユーザーはスタイラスによって3D空間内の物体を操作できる。「2年前に発売し、教育やトレーニング、医療などの市場に提供してきた」(zSpace社 Chief Technology OfficerのDavid Chavez氏)。1920×1080画素の映像を、右目用と左目用にそれぞれ毎秒60フレームで表示している。

 外光の影響を抑えるために、赤外LEDを並べた発光部をディスプレーの近くに設置し、カメラは赤外光を500フレーム/秒で撮影している。今回のシステムでは、(1)指を1本立てた状態、(2)手を広げた状態、(3)手を握った状態、の三つを識別するとともに、(1)での指先の位置などを計算している。

Dsc05609_2


石川研究室は3次元画像処理のいろいろな研究をしているところですね。
書籍をパラパラして読み取るのを作ったのも石川先生ですね。

◆特開2012-253721
【発明の名称】書籍読み取りシステム及び書籍読み取り方法


これが発明の一部かな。
◆特開2013-040932
【発明の名称】画像ベースの位置決定
【課題】プラットフォームの位置を識別するための方法および装置を提供する。
【解決手段】プラットフォームが動いている間、プラットフォームに関連するカメラシステムによって生成された一連の画像内の特徴が識別される。カメラシステムのパースペクティブの移動が、一連の画像内の特徴の位置の移動から識別される。プラットフォームの位置の変化が、パースペクティブの移動に基づいて識別される。

2013040932

森山さんのページで動画が見れます。


図のように医療に役立つといいですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな.
【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 21, 2014

赤毛のアンとJFKと

『赤毛のアン』に思い入れのある人は多いようだ。女子にはこの他に『小公女』とか『ジェーン・エア』とか『風と共に去りぬ』とか、その後の人生の指針となる十代向きの書物が多い。


はて、それでは男子は何を「一書」とするのだろう。『トム・ソーヤの冒険』か『一五少年漂流記』であろうか。『シャーロック・ホームズ』でもおかしくないかもしれない。どちらかという少年マンガに原点を求める男子が多いかもしれない。


アマサイはそのどちらでもないな。アマサイの原点は偉人伝である。講談社から出ている偉人伝シリーズを全部読もう、と思ったけれど、実際は半分ちょっとだろう。ベイブ・ルースとかあんまり興味ないし。


記憶に残るのは、豊田佐吉、ライト兄弟、エジソン、キュリー夫人、ウォルト・ディズニーなんかでなぜかみんな理系よりのクリエータである。


間違ってもキュリー夫人のような女性科学者になろうとは思わなかった。学生時代は貧しくパンと水だけで過ごした、という記述を見るとアマサイには耐えられない、お菓子も肉も生きていく上で必要である。それに、結構若くして未亡人になるんだよ。なんか偉大な業績より、女性としても不幸せを感じてしまうなあ。


別方面で影響を与えたのはJFKである。この一冊で11歳にしてすっかりアメリカかぶれになってしまった。就任演説を日本語で覚えた。なんつーか、言葉で人を動かすのってすごいなと思ったのである。それは日本語じゃなくて英語である。英語への興味も湧いたな。


アメリカの国旗を飾りたかったが、どこで売っているのかもしらんかった。アメリカ全土の地図がほしかったが、高いので首都ワシントンの地図でがまんした。


これが大学生になると急速にさめていった。電子工学専攻だったので「留学する理由がない、日本で勉強できるから」である。海外旅行にもあまり興味はなかった。


英語学習意欲は冷めなかったのは幸いだ。現在までずっとやっていたわけじゃないが、起点がJFKであったことに変わりはない。


で、今朝ドラでやってる『花子とアン』も翻訳家・村岡花子がどのように形成されていったかという観点で見ている。毎朝楽しみである。


「英語」はおいらの人生の基本かな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】





May 19, 2014

AppleとGoogleとSamsungと

アップル関係の訴訟結果が連続して出ましたね。


AppleとGoogle、特許訴訟を終結 だがクロスライセンスは締結せず 2014年05月18日

 GoogleとAppleは5月16日、スマートフォンが関連した係争中の特許訴訟についてすべて取り下げることで合意したと発表した。だが特許クロスライセンス締結を結んでの和解ではない。両社はまた、共同で特許システムの改善に向けて取り組みを進めるとも語っている。

 2社の特許訴訟は2010年に、Googleに買収される前のMotorola MobilityがAppleを提訴したことに端を発する。その後AppleがMotorola Mobilityを提訴、米国をはじめ複数の場所で多数の特許訴訟を展開している。その数は20件以上となる。

 Googleは2012年にMotorola Mobilityを買収、2014年始めにLenovoに売却することで合意したことが発表されている。なお、GoogleはMotorola MobilityをLenovoに売却する条件として、同社の特許については維持する計画であることを明らかにしている。

 同日発表した共同声明文で、「AppleとGoogleは2社の間で直接進行中のすべての特許訴訟を取り下げることに合意した。現行の特許の一部分野の改正について、共同で取り組みを進めることにも同意した」と述べている。一方で、特許取り下げの合意は、締結によりお互いの特許使用を認める特許クロスライセンスではないことも明言している。

 なお、AppleはGoogleの開発するAndroidをベースとしたスマートフォンを製造するSamsungと激しい特許訴訟を繰り広げており、最新の訴訟ではハードウェアのデザインよりもソフトウェアなどの機能面が焦点となっている。ここで陪審員はSamsungに対し1億1962万ドルの支払いを言い渡したが、これはAppleが求めていた22億ドルを大きく下回るものとなっている。

ソフトウェアはAndroidが関係してくることから、Googleをターゲットにしていると見る向きも多かった。この過程で、GoogleがSamsungの訴訟費用の一部を支援したことが明らかになった。

Googleさんとは適当な着地点があるのでしょうね。Androidつぶしてもいいことないし。独禁法に触れないためにもそこそこ共存共栄でいくのでしょう。


サムスンに995万円のみ請求権 アップル訴訟で知財高裁 2014/5/16 日経新聞

 スマートフォン(スマホ)などに関する韓国サムスン電子の特許を巡り、同社と米アップル日本法人が争っている訴訟の控訴審判決で、知的財産高裁(飯村敏明裁判長)は16日、「サムスンによる損害賠償請求は、ライセンス料相当額を超える部分では認められない」との判断を示した。

 損害賠償請求権をすべて認めなかった一審・東京地裁判決を変更し、ライセンス料相当額として995万円だけの損害賠償請求権を認め、サムスンはアップル側にそれ以上は請求できないとした。

 訴訟の対象はアップル製のスマホ「iPhone 4」などに使われているサムスンの通信技術。サムスン側が求めていたアップルの販売の差し止めについては「権利乱用になる」として、請求を却下した一審判決を維持した。

サムスンが主張しているのはもう前のバージョンだから、アップルには痛手にならない。一千万円のはした金で済めば安いもんです。

サムスンとアップルは徹底抗戦するのかな。各国の弁護士儲けさせて何が楽しいのかね。

知財記事が賑わうのはよいことであーる。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 15, 2014

訃報:中山茂先生

長年私淑している中山茂先生がお亡くなりなりました。

「パラダイム」を紹介した中山茂さん死去


 「パラダイム」という言葉を日本に紹介した科学史家の中山茂(なかやま・しげる)さんが10日、肝細胞がんで死去した。85歳だった。通夜は15日午後6時30分、葬儀は16日午後1時から東京都杉並区和泉2の8の6の公益社明大前会館で。喪主は妻宗子(もとこ)さん。後日、しのぶ会を開く。

 「パラダイム」は米国の科学哲学者トーマス・クーンが用い、中山さんが著作を翻訳。時代の転換を示す「パラダイムシフト」など、一般にも使われるようになった。

 兵庫県生まれ。広島の旧制高校時代に原爆に遭った。ハーバード大で科学史を学び、1995年に「通史・日本の科学技術」で毎日出版文化賞特別賞を受賞した。朝日新聞の書評委員も務めた。


アマサイの放送大学の卒論がクーンの『科学革命の構造』であるからにして、中山先生と私の人生は切ってもきれないのである。

今は無き『科学朝日』でトーマス・クーンが来日していた記事が載っていた。
「パラダイムの転換」何か素晴らしい概念のように思えた。
また、その記事ではクーン自体が魅力的だった。
(ただの禿げてるオジサンじゃない!)
そのクーンの学生だったのが中山先生である。
当時の中山先生の英語力はイマイチだったので、クーンに相談したところご自分の講義ノートを貸してくれた。

「これは私にとっても大事なものだ、丁寧に扱ってほしい。」

ここでの訓練が日本でのパラダイムブームを作ったのでる。

『科学革命の構造』の訳書は科学史・科学哲学関係者にとっては酷く評判が悪い。

私も伊藤笏康先生から
「テーマとしてはよいのだが、日本語版は訳がよくない。自分で訳して論文にするのも一考だよ」
と言われた。


アマサイはそんな先輩方の意見もわかるのだが、中山訳だからこそ、「パラダイムシフト」は日本に流布したのだと思う。

翻訳者としては一流なのではないか。

(アマサイは最新哲学書や科学論の訳者を学者がしてしまうために、専門外の人に理解されないのではないかと思う)

お体が悪いは人づてに聞いていたが亡くなられるとは。

感謝と哀悼の意を表します。


一度お会いしてお話したかった。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 13, 2014

ドロシー・ホジキン

昨日のGoogle画像のドロシー・ホジキンって何者だろうと思って調べてみました。
っていってもwiki見ただけだけど。

Photo


ドロシー・クローフット・ホジキン(英語:Dorothy Crowfoot Hodgkin、1910年5月12日 - 1994年7月29日)は、エジプト王国カイロ生まれ、イギリス国籍の生化学者、化学者、結晶学者。X線回折法による生体物質の分子構造の決定により1964年にノーベル化学賞を受賞した。旧姓はドロシー・メアリ・クローフット(Dorothy Mary Crowfoot)である。

1935年に1930年代の分子生物学に於けるX線結晶構造解析の第一人者であったジョン・デスモンド・バナールと共にペプシンの結晶で回折パターンを見出し、X線回折法によりペニシリン、ビタミンB12、インシュリンなどの構造を決定したことでも名高く、1947年には女性初の王立協会会員に選ばれ、1965年には女性として二人目のメリット勲章をエリザベス2世から叙勲された。また、1976年には王立協会よりコプリ・メダル、1982年にはロシア科学アカデミーよりロモノーソフ金メダルが授けられ、イギリスの化学者マックス・ペルーツはホジキンを「彼女は偉大な化学者で、聖人だ」と述べている。

夫は歴史学者のトーマス・リオネル・ホジキン(英語版)で、1937年に結婚して3人の子を設けた。

邦訳でホジキンのことがわかるのは以下の2冊だそうです。

・シャロン・バーチュ・マグレイン著、中村久子訳『お母さん、ノーベル賞をもらう―科学を愛した14人の素敵な生き方』(工作舎、1996年)

・小山慶太著『肖像画の中の科学者』(文春新書、1999年)

94年まで生きたそうですから長生きでしたね。

結晶の解析パターンを見い出すとは確かに偉業です。
化学賞、医学・生理学賞になると全くわからなくなります。
物理学賞ならすべてわかる、わけではないですが。


生誕104年という中途半端さはなんなんだろうか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 12, 2014

ドラマ・森光子

「森光子を生きた女」をみました。

http://www.fujitv.co.jp/morimitsuko/

Morimituko


森光子 ・・・仲間由紀恵
柳田武春・・・ケンドーコバヤシ
吉永祥子・・・三倉佳奈
岡本愛彦・・・藤木直人
桂木コハル・・久本雅美
菊田一夫・・・石坂浩二

だいぶ以前から宣伝していたので楽しみにしていました。
仲間ちゃんがどうやって森光子を演じるのだろうか。
喜劇女優として舞台デビューしてから、ラジオ、テレビ、そして『放浪記』の主役を得て確固たる地位を築くまでを描いています。

私も含め多くの人はテレビでお母さん役をしている森光子しか知らないでしょう。
その方にこんなドラマがあるとは。

菊田一夫に誘われて東京に来たんですね。
テレビが流行り始めたころとは言え、まだドラマの主流は映画や舞台でした。
今は若い人でも簡単に「座長」になるみたいですが、あのころの座長というのは本当の看板女優じゃないとできなかったんですね。

林芙美子は生前「私が死んだら私の作品はほとんど忘れ去れるかもしれない。しかしこの『放浪記』は若い女性を元気づけることができるだろう」と瀬戸内寂聴に言っていったようです。

『放浪記』は森光子という女優をつくった大事な作品でもあったのです。

昔50年前近くにも「離婚記者会見」ってあったんですね。
岡本との交流、生活がこんなにも赤裸々に描かれるとは(飽くまでもフィクションと断りを入れていました)。

森光子の生涯ではなく核となった部分を描いた、と冒頭のナレーション(黒柳徹子)で言っていました。その狙いは当たり、私のように大女優森光子の成長に自分を重ねた人は多かったと思います。

多くの女優さんのように森光子は伝説上の人物となり、その姿をテレビを通してですが、いくつも見てきた私たち世代は幸せですね。


同じ時間にやっていた天海祐希の『お家さん』もちゃんと見たかったな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 09, 2014

映画『テルマエ・ロマエⅡ』





レディースデーに『テルマエ・ロマエⅡ』を見てきました。
消費税便乗値上げで1000円⇒1100円になってました。
前売り券はいくらなんだろう。もうレディースデーにしか映画を見に行けなくなってしまう。
(-_-;)

噂通り前作よりバージョンアップしていました。
平和の道は風呂によって作られる、という壮大なテーマです。
北村一輝が病人役と聞いてましたが、健康体のときと疫病にかかったとき、両方やっていてたいへんそうでした。役者根性ですね。

どれも日本人キャストは顏が濃い!
阿部ちゃんよりも北村の方が濃いな(^_^;)

コロッセムでグラディエーターの戦いの場面もあってお金もかかっていますね。

原作者の日本への慕情とローマ帝国の敬愛がよく出ている作品でした。

欧米人にも理解されるといいですね。


阿部ちゃんのお尻よかったsmile人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 07, 2014

BASIC50歳、おめでとう!

BASIC誕生から今日で50年、万人にコンピュータをありがとう。
20130502


誰でも使えるやさしいプログラミング言語BASICをダートマス大学教授2人が発表して、今日でちょうど50年。

なんでもできる、画期的言語。BASICは「Beginner's All-purpose Symbolic Instruction Code」の略。初心者がどんな目的の命令でも記号で書ける命令コード、という熱い思いが込められています。

BASICが登場するまでプログラミングは複雑極まりないものでした。初代メインフレームのプログラミングはアセンブル式で、無限に回答があるジグソーパズルを組み立てるようなもの。全部ピースをつなぎ合わせないと思うような結果は引き出せませんでした。

そんなコンピュータを門外漢の凡人でも使えるようにしたのが、ダートマス大学数学・コンピュータサイエンス学部教授のジョン・ケメニー氏(ホロコーストを逃れてハンガリーから移住したユダヤ系数学者)とトーマス・カーツ氏です。

「我々が思い描いたのは、キャンパスの学生が誰でもコンピュータにアクセスできて、教員が誰でも教室でコンピュータが使えるような世界ですよ」とケメニー氏は1991年のインタビューで昔を振り返っています。

が、それは途方もない目標でした。実現のためには、当時あったFortranやALGOLより、もっと直感的に使える言語が必要だったのですね。

アマサイの今のパソコンライフがあるのはBASICのおかげと言っても過言ではないでしょう。大学でのFORTRANの授業はめくるめく時をすごしてあっという間に終わってしまい。はて、プログラミング実習というのはなんであったか。

その後自分で中古のパソコンを入手しDISK-BASICに雑誌のプログラムもぺこぺこと打って、動いた、動いたと喜んでいたことが懐かしい。そこでBASIC言語をマスターしたのかは定かではないが、今もJavaやHTML5に挑戦しているのも、「プログラムは勉強しさせすればアマサイのような情報処理おちこぼれでもマスターできるものだ」という信仰があるからだ。プログラムは動けばうれしい、動かないとどこでミスしたのか見つけなくはいけないので苦しい、でもそれを含めてコンピュータプログラミングの楽しさがある(職業プログラマを除く)。

それを教えてくれたのはBASICである。
ケメニーさん、カーツさん、ありがとう(ついでBASICをPCにうまく移植してくれたゲイツくんもありがとう)、

50歳の誕生日おめでとう。


今のアマサイがあるのはBASICのおかげかもしれない。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 04, 2014

IGZ0商標

日経新聞 2014年4月21日(月) P.15 法務面
『IGZO 商標無効の恐れ』=ブランド戦略に影響=

シャープはこのほど、同社が液晶ディスプレーなどに使う「IGZO(イグゾー)」の登録商標を無効とした特許庁の審決を不服とし、知的財産高等裁判所に提訴した。業績改善に貢献している目玉技術の名称を独占的に使い続けられるかどうかは、シャープの事業戦略にもかかわるだけに、訴訟の行方が注目されている。

 商標問題が起きたのは、IGZOに関する特許を保有する科学技術振興機構(JST)が昨年7月、登録商標の無効審判を特許庁に請求したのがきっかけだ。シャープはJSTからIGZO特許の利用許諾を受けて技術を使っており、2011年11月に「IGZO」の商標を登録していた。特許庁は審判を行い、今年3月に商標を無効とする審決を出した。

 こうした争いになった背景には複雑な事情がある。審決などによると、IGZOの名称はもともとは物質名だ。インジウム、ガリウム、亜鉛からなる酸化物で、1985年に当時の科学技術庁無機材質研究所の君塚昇氏が結晶の合成に初めて成功した。

 さらに東京工業大学の細野秀雄教授らが2004年、液晶ディスプレーに利用できることを示した。細野教授らの成果はJSTの支援事業で生まれたものだ。関連特許は複数成立しており、JSTが一括してライセンスしている。

 JST側は、すでに知られている物質名のIGZOが学会などで研究者が自由に使えないことを危惧。「商品の原材料名などを表しているだけの商標は認められないという商標法の規定に抵触している」と主張している。

イグゾーは物質名、ふむふむ。
去年のアマサイブログでも引用してました。

「May 27, 2013 問題は電源なのね」

今回の「SID 2013」では、フレキシブル有機ELディスプレイの発表が多い。一部はフルHD(1920画素×1080画素)相当など高精細化、大型化へ進み始めた。また、InGaZnO(IGZO) TFTは今回発表のすべてのパネルで採用された。  パナソニックは、フルカラーの4型フレキシブル有機ELディスプレイを開発した(講演番号18.4L)。素子構造はトップ・エミッション型で、駆動にはアモルファスのIGZO(a-IGZO) TFTを用いた。画素数は224画素×224画素×RGB(赤色/緑色/青色)で、精細度は80ppi(pixels per inch)である。基材はPEN(ポリエチレンナフタレート)で、曲率半径10mmまで曲げられる。
InGaZnOがIGZOなのか、それは問題ですなあ。

でもアマサイの記事だけでIGZOは4つ、シャープ=IGZOは確かに定着しております。

これからどうなるんでしょうね。


商標登録の無効審判について

 商標登録の無効審判とは、利害関係人が法定の無効理由を有することが判明した場合、その商標登録を特許庁の審判手続きによって無効とする制度である(46条1項各号、68条の38)。  商標法は、取引秩序の維持を通じて健全な産業の発達を図るため(1条)、登録主義(18条1項)及び審査主義(14条)を採用し、登録要件について審査して、場合によっては出願人には拒絶理由を通知して意見書提出の機会を付与する(15条の2)等、審査の適正化を図りながら登録し、商標権を発生させる。  しかし、審査官の審査にも一定の限界があるため、審査が常に完全であるとはいえず、過誤により瑕疵ある商標権が発生する場合がある。かかる瑕疵ある権利を放直することは、商標権者を不当に保護し、第三者に不当な不利益を与えることになり妥当でない。  そこで、かかる過誤登録を無効にして瑕疵ある商標権を遡及的に消滅させるべく、商標登録の無効の審判を設けた(46条)。すなわち、特許庁が審査のうえなした商標登録という行政処分を特許庁自身が再考する機会を設けた自省作用であるといえる。
商標の問題は難しいよ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

May 02, 2014

中国、プリント基板大国へ?

スマホ市場の波に乗る、中国プリント基板メーカーの戦略
趙 祖佑=台湾工業技術研究院 IEKシニア研究員 2014/05/02

 中国では、産業チェーンの川下分野となる電子機器の製造拠点がクラスター化している。このため、世界最大のプリント基板生産基地としての座は当分揺るがないだろう。2013年の世界全体に占める中国のシェアは44.4%。2017年には45.6%に上昇する見通しである。これに対し、韓国ではブランド戦略がプリント基板産業の成長を牽引している。生産ラインのほとんどは韓国内にある。2013年のプリント基板の世界シェアは14.8%と台湾の13.6%を上回り、世界第2の生産国・地域に躍進した。台湾企業は、両岸(台湾と中国)で製造をしているが、中国西部での製造比率が高まっており、台湾内での製造を圧迫している。しかし、台湾内における生産額は年率2%で今も成長を続けている (中略)  このような様々な要素を考慮すると、中国現地のプリント基板メーカーによる増産計画では、おそらく既存工場もしくは本社からそう遠くない場所(車で2時間以内)に新たな生産拠点を構築する可能性が非常に高い。その中でも江西省と安徽省は、中国現地のプリント基板メーカーが製造面でのバックアップをしやすいことから、工場建設地として注目されている。このような現象は顧客サービスを提供する上で、川上メーカーと支援産業にとって新たな挑戦になるに違いない。

 以下に、現在の中国プリント基板産業全体の経営環境問題をまとめる。

●さらなるコスト上昇。経営環境に対する不安定要素の増加
 産業環境面では、中国政府による産業の配置や転換要求、長期にわたる人民元高、2つの税(「外商投資企業と外国企業所得税」および内資企業向けの「企業所得税法企業所得税法」)が併存する状況、労働合同法、環保整備要求などの負担。
 メーカーによる経営面では、企業管理コスト、人件費コスト、社会責任コストなどの持続的増加。

●世界経済の大きなうねりの影響
 原材料価格上昇、為替レートの動向、人民元高の圧力など世界的なマクロ経済環境との連動がますます緊密化する。

●同質化競争の激化
 中国プリント基板産業の規模がいっそう拡大し、百家争鳴時代に突入する。新しい製品を生み出そうとするエネルギーが乏しい中で、プリント基板メーカー間での同質化競争がますます激化する。

●プリント基板の世界大手による中国戦略の建て直し
 欧州・米国・日本・韓国・台湾など世界のプリント基板産業を牽引する大手メーカーによる中国戦略の建て直し。重複する分野では中小企業との競争が激化する様相。

どひゃー、って感じですね。
後段に「世界の主要企業には追い付いていないのが現状だ」とありますが、それも時間の問題ではないかと。中国が内製化していくのが主要諸国には困ることではないでしょうか。

プリント基板まで中国につくられっちゃたらねえ。

対中国で考えるのではなくて共存共栄する方法を考えなくてはなりません。


もう電子立国日本は幻なのかもしれない。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« April 2014 | Main | June 2014 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30