無料ブログはココログ

« テスラモーターズ | Main | ドイツ・イノベーション・アワード »

June 19, 2014

量子コンピュータ商用化?

[量子コンピュータ1]突然商用化した夢のマシン 2014/06/18

東京工業大学理学部長を務める西森秀稔教授。彼こそがNASAやグーグルが注目する日本人研究者だ。2014年3月下旬には、NASAとグーグルが米国に西森教授を招き、意見交換をしている。

 「西森教授が提唱した理論『量子アニーリング』が、カナダD-Wave Systemsが量子コンピュータを実現する上で、大きな役割を果たしたからだ」。西森教授を招いたNASAエイムズ研究センターのルパック・ビスワス探索技術担当副ディレクターはこう語る。

組み合わせ最適化問題の代表例に、セールスマンが複数の都市の全てを訪問する場合に、最も距離が短くなる経路を探し出す「巡回セールスマン問題」がある(図1)。

 巡回する都市が少ないと、都市の組み合わせの数が少ないので最短経路は比較的簡単に見つけ出せる。しかし都市が増えるに従って巡回経路が爆発的に増加するため、理化学研究所のスーパーコンピュータ「京」を使っても、現実的な時間で最短経路を見つけられなくなる。

Photo


 そのため現在は、数学者やコンピュータ科学者が様々なアルゴリズムを考案して、組み合わせ最適化問題の「近似解」を出そうとしている。例えば巡回セールスマン問題では、「最短距離よりも最大1.4倍以内の経路を見つけ出せるアルゴリズム」などが存在する。

興味深いのは、D-Waveマシンが実現した背景に、日本の研究や技術の貢献があったことだ。冒頭に述べたとおり、D-Waveマシンは東工大の西森教授が考案した「量子アニーリング」を基に開発された。また、D-Waveマシンで使われている「量子ビット」などの部品の多くが、日本で発明された。

 それだけではない。現在、日本の国立情報学研究所(NII)の山本喜久教授の研究チームが、「レーザーネットワーク方式」と呼ぶD-Waveを上回る可能性がある新型量子コンピュータを開発している。来たる量子コンピュータの時代においては、日本こそが、その開発の中心地になる。

このあいだまで一里塚、一里塚と言われていたのに、なんで急に商用化なんでしょう。

ほんとなんでしょうかね。

もちろん、現スパコンとは違ったことができるというのはわかりますが。

量子ビットなんかほんとに動くんでしょうか。

日本が先駆者となれればそれはいいことでしょうが。

これまで「実用化まであと一歩」的な報道をたくさん見てきたので俄かには信じられませんな。

量子コンピュータは実現してほしいですが。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな。【押す】≪応接室、ちょっと不具合が出ています。少々お待ちください≫

« テスラモーターズ | Main | ドイツ・イノベーション・アワード »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/59843841

Listed below are links to weblogs that reference 量子コンピュータ商用化?:

« テスラモーターズ | Main | ドイツ・イノベーション・アワード »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30