無料ブログはココログ

« July 2014 | Main | September 2014 »

August 31, 2014

発明王エジソン展

今日は夏休み最後の日ですね。

エジソン展に行ってきました。
 東京富士美術館

Edisonten

エジソンの伝記は子供時代に誰もが読むでしょう。

発明史を紐解いてみるとエジソンは単なる努力家ではなく、盗作疑惑もあり、成功のためには策略も厭わなかったとあります。児童向きの伝記とはあまり違うその人柄に嫌悪もありましたが、これだけ発明品(レプリカも含む)を並べられたら圧倒的存在を感じます。

映画フィルムはついこないだまで使われた形式ですし、電球に至っては原型そのままです。

スマフォもテレビもエジソンが元祖と言われても納得ができます(スマフォは特に蓄電池の効用を謳っています)。

じっくりみたかったですが、さほど時間もなかったのでざっくりでした。

夏休みに合わせたので、この時期だったのですね。

なぜか、バンダイのおもちゃ今昔をかざってありました。

ああ、夏休みだからか。


今年はいい夏でした。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 25, 2014

プリンタが動くですと?

ルンバだけでない、プリンターも“自走式”の時代に

文書を紙に印刷する通常のプリンターなのだが、なんとロボット掃除機「ルンバ」のように、自ら部屋の中を移動するのだ。  多忙な現代のビジネスパーソンに向けて、印刷物を律儀に席までデリバリーしてくれる、賢いロボット型プリンターなのである。  場所は、東急不動産が運営するノマドワーカーなどに向けた会員制のサテライトオフィス「ビジネスエアポート青山」。ライブラリーやWiFiなどが設置されたフリーアドレス型のラウンジに70席ほどが用意されており、その席の間を縫うようにロボット型プリンターが徘徊する。  PCなどから文書の印刷指示を出すと、ロボットが印刷物のデリバリーに向けて自動的に移動を開始。席を立たずとも、会議や商談を続けながら印刷物を受け取れるのが売りだ。  最近では、米アマゾン・ドット・コムが小型の無人ヘリ(ドローン)を宅配に利用する計画を打ち出すなど、自ら動くロボットを顧客満足度向上に役立てようとする動きが活発になっている。今回のロボット型プリンターも、屋内環境限定とはいえ、“自走型”の価値を探る動きといえるだろう。 次世代のワークスタイルに向けて 開発したのは、複合機メーカーの富士ゼロックスだ。  スマートフォンやタブレットの普及により外出先でも一定程度の仕事をこなせる環境が整いつつあるが、プリンターメーカーである同社は「取引先に手渡す資料や契約書など、紙が必要とされる局面は依然として多い」(開発を主導した富士ゼロックス コントローラ開発本部の山本訓稔氏)とみる。「モバイルワーカーの業務を支援し、モバイル時代ならではの紙へのニーズを探る」(同氏)との目的で、このロボット型プリンターを開発した。

タブレットが普及しても紙は減らないと思います。特許公報を何種類も画面で読むわけにいきませんからね。

紙を使うのはもったいないとかいう職場は碌なもんじゃありません。誤字脱字は印刷しないとわからないってのは未だに不思議ですけれど。

でもプリンタが動く必要があるのかなという気もしますね。

プリンタの居場所まで歩けよ。


この発明だけはいただけません。FAXがビルに1つの時代じゃあるまいし。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 22, 2014

知財に日本が救えることもある。。。

再建進めるBlackBerry、先進技術向け事業部を立ち上げ

カナダBlackBerryは8月18日(現地時間)、新規事業として「BlackBerry Technology Solutions(BTS)」の立ち上げを発表した。これは、車載など組み込み市場で利用されているQNXなど先進技術にフォーカスした事業部となる。

BlackBerry Technology Solutions(BTS)は組み込みソフトウェアのQNX、モノのインターネット(IoT:Internet of Things)プラットフォームの「Project Ion」、暗号化アプリケーション「Certicom」、RFアンテナチューニング技術「Paratek」などの技術ポートフォリオを含む。なかでも、QNXは同社が2010年に買収した組み込みOSで、車載システムとしての導入事例も多い。

新規事業の立ち上げにあたり、同社は無線、電気、半導体などの分野で研究開発、製品開発、知的所有権(IP)の開発とライセンスなどの経験を持つSandeep Chennakeshu氏を起用、BTSのトップに任命した。

Chennakeshu氏は73件の特許開発に携わっており、無線通信技術のスウェーデンEricsson、Ericssonとソニーの合弁会社Sony Ericssonなどで幹部を歴任した。IEEE(米国電気電子学会)のフェローを務める。同日より、BTS担当プレジデントとしての任務を開始した。

アマサイは無料開放特許とか休眠特許は「使えない、使えなくなった特許が宝の山のわけないじゃん、バルクじゃん」と普段は毒づいております。

しかし、このブラックベリーの場合は違うんじゃないですかね。ちゃんと製品やサービスの核となる特許を取ってきたからそれなりに実のあるものが多いと思う。

「ニーズ⇒シーズ」より「シーズ⇒ニーズ」の方が活用しやすいと言われています。

シーズを徹底的に分析にしてニーズをさぐるならば活用できると思います。

日本の休眠特許なるものも精査していけば生きる特許になりますね。


一昨日書いたこととは逆ですが本質は同じです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 20, 2014

知財で日本は救えない

目に見えない物流業のサービス「知的財産は無縁か」

社長は何より、「形のない財産を築き上げてきた」と自負する。食材を個包装するラッピング業務では、見栄えが良くなる袋詰めの方法、ラベルをどの位置に貼るとスーパーで手にした客の目を引くのか。また、このような手作業をいかに手早く行うか。発送現場では荷崩れや破損のない箱の積み方といった細部にまで気を配った。時には荷主の意向と食い違う提案もしてきたが、物流現場の改善、なにより売り上げに結びついているという既成事実を根拠に苦い提案も採用されてきた。

 しかし今春、コンサル機能を前面に出す営業で進出してきた大阪の物流会社に取って代わられた。「作業込みの物流費が抑えられる」と荷主経営陣から聞かされた。社長は、「数年前にこの荷主は売り上げがピークアウトしている。その経営陣が考えるのが目先の採算なのだろう」と話す。

 作業上で得たノウハウを、申し訳なさそうに聞きに来る荷主の現場担当者に「自分らで考えろ!」と一喝したこともあったが、契約関係を超えた関係をちらつかせる担当者に対し、「次の手」まで考慮せざるを得ない社長としては断ることもできない。社長は、「いっそのこと、裁判ですっきりとできれば」と、〝営業上のノウハウ〟という財産を保護する法制度を求めている。

 営業秘密の持ち出し禁止に関しては、「不正競争防止法」が民事上の差し止め請求のほか、一定の形式で営業秘密を持ち出した場合の刑事罰を規定している。ただ、これらの規定は既に持ち出された秘密を止めることのできる権利ではあるが、不承不承に自ら出すことを決定した秘密を保護する体裁にはなっていない。つまり、不正競争防止法は、知的財産の観点からは劣勢の立場の事業者を保護するものではない。

つまり、この会社はカイゼンで事業力を高めてきたと。素晴らしいことじゃないですか。コンサル系とやらのが本当に目先だけだったらこの社長の会社の顧客が戻ってくるんじゃないですかね。またこれからも勝ち抜くために営業力も必要なんでしょうね。

どの業種もどの会社の営業のノウハウは存在するでしょう。それは主に人に蓄積されるのでしょうね。だからどんな組織でも人を大事にして育てていかないと先はないです。

何か知的財法で権利を守ってもらい、あわよくばそれで利益を得ようなどというのはナマクラな考えですな。

そういうナマクラな輩が特許権などを争って裁判を起こすわけであります。

結局地道な努力でしか長期的利益はあり得ないのです。


知財人とはそのナマクラの手助けをしているだけです、自虐的。。。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 18, 2014

量子コンピュータ最前線

驚愕の量子コンピュータ 基礎技術は日本で生まれた

D-Waveマシンが使う超伝導回路による量子ビットは1999年、当時NECの研究所に所属していた蔡 兆申(ツァイ・ツァオシェン)氏と中村泰信氏が世界で初めて実現した。現在は理化学研究所に所属する蔡氏は、「D-Waveの量子ビットは、我々が開発したものと同じ仕組みだ」と語る。

 量子力学の現象はそもそも、原子の中といったミクロの世界でしか発生しない。蔡氏と中村氏が開発した量子ビットは、「量子重ね合わせ」という量子力学の現象を超伝導回路という原子よりもずっと大きい物体で発生させたという点で、画期的な技術だった。

 現在は東京大学の教授を務める中村氏によれば、「D-Waveは元々、超伝導回路を使って何かビジネスができないかと考えていた会社。私がNECにいるころにも、何度か彼らと議論したことがある」と語る。NECはD-Waveに大きな影響を与えた1社だった。


量子コンピュータの基礎が日本で生まれたとは知りませんでした。

超伝導と量子コンピュータに関連があるとも思いませんでしたね。

ITpro驚愕の量子コンピュータ

D-Waveマシンの中で「量子力学の焼きなまし現象」、つまりは量子アニーリングがどのように実行されるのか。実際の実験の様子を説明しよう。

「横磁場」を加えてゆっくり減らす

図1●D-Waveの内部で発生する量子アニーリングの図解

Dwavezu


量子コンピュータについては何度か記事に取り上げていました。その度にいつまで「一里塚やねん!」と毒づいてきましたが、一般化には着実に近づいているようですね。


どこまで汎用化するかは問題ですが。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 17, 2014

富山ミニ紀行

昨日は前泊して富山の法事に行って来ました。父方の叔父の一周忌、祖母の33回忌です。富山県は4歳まで暮らしていて、小学生までは毎夏休みに帰っていました。祖母は私が小さい頃富山で同居していて、その後弟の面倒をみてもらうために東京に来てもらったこともあります。親戚の中でも縁深い人です。

法要は浄土真宗でお経が終わったあと、坊さんの説教を聞きました。「今はiPS細胞とか研究されとる。そうすると肝臓とか心臓とかがよくなったりするがやけど、実用化はまだ先やろね。人間にはみんな寿命というもんがあんがやちゃ。これは避けられなん。・・・早くお迎が来てほしいという人がおるかもしれんけど、生きてる間はまあ、辛くても一所懸命やらんといけません。なむあみだぶつと毎日唱えるがいいやけども、忙しくてそんな暇ない人も多いやろね、そういう時は心の中で思い出したときでも唱えてください」
坊さんもいろいろ勉強してるな、とか感心しました。

1日滞在しただけですが、従姉妹や叔父、叔母と語らい楽しいひとときでした。小学生の頃の私しか知らない人ばかりでしたが、みんな覚えてくれていました。

年を取ると故郷というのは大事なものです。来年は北陸新幹線も通るらしいので、これからも時折帰郷したいと思います。

Toyama1408_01

途中下車した越後湯沢。花火をしていたようだが、雨がふってってもやっとしてる。


Toyama1408_02

富山駅着23:30


Toyama1408_04

富山県人の知的ツール『富山新聞』


Toyama1308_03

帰りの車窓から見える立山連峰。よくわからないかもしれない。


富山市内に別荘買うかな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 14, 2014

機械は文芸を生み出せるか?

人類は「機械が生み出す知財」にどう向き合うべきか――SF作家・藤井太洋氏がゲストの「ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!」第19回

話が混沌としすぎていてどっからつっこめばいいかわからない感じ。
ソフトウエア、ネット社会の拡大によって著作権法は過渡期である、ってことは同意できるかな。

「機械が生み出す知財」っていうんなら「コンピュータが誰も感動する小説を書く」っていうことを恐れるべきじゃない?(もしかしたらアマサイが読み落としているかも)。

知財関係者で時々話題になるのは、人工知能によって「特許申請書」が書けるようになるんじゃないかということ。

大方はそれが出来る前に人類は滅亡してるんじゃないかと思ってるんじゃないかな。

小説にしても、特許申請にしても、「不具合」があることで成立しているとアマサイは思う。

テレビの『ルパン三世』第一シリーズにルパン×コンピュータみたいな話がある。
コンピュータがルパンの逃亡先をたちまちのうちに計算して追い詰めるというものだ。それに対してルパンは「気まぐれ」で対抗する。コンピュータに人間の「気まぐれ」は計算できないということだ。

70年代の話だけれどよく練られたプロットだと思う。

今だとそれさえも複雑系解析やスーパーコンピュータによって予測可能だと言われるだろう。

ならば、松本清張の『砂の器』のような小説をスパコンに書かせてみてくれ。

話はそれからだ。


わざと「特許申請」と記載したんだからね、つっこみどころはそこじゃないよ>知財関係者の皆様。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 11, 2014

テラヘルツ通信


テラヘルツ光の研究・応用は新しいステージへ

「テラヘルツ光は、電波と光の両方の性質を持っています。電波のようにプラスチックや繊維などさまざまな物体を透過し、光のように高分解能で物体を観察できるのです。テラヘルツ光を社会で使えるようにするのが、私たちの役目です」とテラヘルツ光源研究チームの南出泰亜チームリーダー(TL)は言う。「テラヘルツ光に魅せられています」と南出TL。テラヘルツ光は電磁波の一種だ。電磁波は周波数によって分類され、0.1~100テラヘルツ(THz、テラは1兆=1012)の電磁波をテラヘルツ光、またはテラヘルツ波という。テラヘルツ光のいったい何が、南出TLを魅了するのだろうか。テラヘルツ光とは、電波と光の中間の周波数の電磁波である。電波と光の両方の良い性質を併せ持っていることから、非破壊検査やセキュリティーチェック、通信などさまざまな分野に応用可能であるとして、注目されている。しかし、社会での応用利用はまだ限られた用途にとどまっている。そうした中、テラヘルツ光源研究チームでは、テラヘルツ光を高出力で発生できる光源と、常温で動作する高感度リアルタイムテラヘルツ光イメージングシステムの開発に成功。「いよいよテラヘルツ光の本格的な応用利用を進める準備が整いました」と南出TL。電波や光を室温で発生・検出する技術には優れたものがある。しかしテラヘルツ光は、電波の技術で扱うには周波数が高過ぎ、光の技術で扱うには周波数が低過ぎる。

Terrahz

図2 高感度リアルタイムテラヘルツ光イメージングシステム
緑色レーザー光(波長532nm)を非線形光学結晶KTPに入れてパラメトリック発生によって異なる波長の二つの近赤外光を発生させる。それらの近赤外光を非線形光学結晶DASTに入れて、差周波発生によってテラヘルツ光を発生させ、試料に照射する。試料を透過してきたテラヘルツ光と、別のKTPで発生させた励起光をもう1個のDASTに入射し、差周波発生によりテラヘルツ光を近赤外光に変換させる。フィルタで励起光を分離し、近赤外光だけを室温で動作する近赤外光カメラ(インジウムガリウムヒ素カメラ)で捉え、テラヘルツ光によるイメージング像を得る。

次世代通信に興味を持っています。周波数には限りがありますから使える帯域が広がれば応用も聞きますよね。

一番興味があるのは量子通信ですが、交差点があるでしょうか。

こういう基礎研究をもってしてNTTなどが実用するのですから、南出チームの動向は押さえておく必要がありますね。


理研は解体しても研究に影響はないと思います。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 10, 2014

村岡花子展

スヌーピーin銀座の帰りに教文館書店によりました。

村岡花子展をやっていたからです。

当時の書物が見れたり村岡花子のラジオ放送が聞けたり充実していました。

展示は撮影禁止でしたので、書籍の陳列のみです。

Hanako01

Hanako02

Hanako03


特に「赤毛のアン」のファンではありませんが、読書が唯一の趣味だった自分の幼少期を思い出しました。あの頃の児童書は良き作家良き翻訳者に恵まれていました。

今の子供たちにはたくさん本を読んでほしいです。あの紙の手触り、装丁の美しさを感じてほしいですね。

村岡花子が生きた時代はなぜか懐かしいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

スヌーピーin 銀座2014

恒例のスヌーピーin銀座です。

Snoopyginza2014

すごい人でした。会計であんなに並んだのは初めてです。

毎年、ファン心をくすぐるえぐいものが陳列されています。



大江戸すぬー品もほしかったのですが、がまんです。

今回の取得品です。




ピーナツ大相撲のTシャツがほしかったのですがクリアファイルで我慢です。実用性を重視しました。

今年のすぬー用品はこれで間に合わせます。


一回思う存分買ってみたいなあ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 09, 2014

バレートロニクスとは?

バレートロニクス結晶中の電子スピンの直接観測・制御に成功 ―新たな原理に基づく電子デバイスの実現に道-:量子相エレクトロニクス研究センター 岩佐 義宏教授
2014/08/05

東京大学大学院工学系研究科附属量子相エレクトロニクス研究センター・物理工学専攻の岩佐義宏教授(理化学研究所 創発物性科学研究センター 創発デバイス研究チーム チームリーダー)率いる研究グループは、同研究科物理工学専攻 石坂香子准教授、理化学研究所 創発物性科学研究センター 計算物質科学研究チーム 有田亮太郎チームリーダー、広島大学放射光科学研究センター 奥田太一准教授らと共同で、グラフェンに続くシート状の構造を持つ物質として着目されている二硫化モリブデンが、バレートロニクスと呼ばれる新しい低消費電力デバイス用の材料として非常に有力であることを実験的に証明し、新たな原理に基づくエレクトロニクスに向けて大きく貢献しました。

近年、低消費電力エレクトロニクスに向けてさまざまな試みが行われていますが、その中で最も基盤的なものは、電荷の流れ(電流)ではなく、電荷をもたない“何か”の流れを情報担体として用いることにより、熱の発生を最小化するという考え方です。例えば、“何か”をスピンに選び、スピン流を制御する技術の確立を目指す試みはスピントロニクスと呼ばれています。その他にも“バレー”と呼ばれる新たな量子力学的自由度を工学的に応用する試みとして、“バレートロニクス”を提案されています。

今回、研究グループは、二硫化モリブデンと呼ばれる、グラフェンと同じ蜂の巣格子の結晶構造を持つ物質を対象に、スピン・角度分解光電子分光法、発光スペクトルの2つの実験を行うとともに、第一原理に基づいた理論計算を組み合わせることによって、二硫化モリブデンが、バレーに依存したスピン分極など、バレートロニクスの基本となる特殊な性質を持っていることを証明しました。本成果をもとに、二硫化モリブデンを用いた新しいバレートロニクスの原理研究が加速され、低消費電力エレクトロニクスへの礎となることが期待されます。

Photo


本研究成果は、英国科学雑誌『Nature Nanotechnology』(7月28日電子版)に掲載されました。

「グラフェンに続くシート状の構造を持つ物質として着目されている二硫化モリブデン」と書いてありますね。初耳ですが。伝導性が高いのでしょうか。バレートロニクスというのも初めて聞きました。グラフェンにより見込みがあるのでしょうか。

早く実用化されるといいですね。

ノーベル物理学賞のネタになるでしょうか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 04, 2014

雑音除去特許

マイクの雑音除去特許侵害で米会社がレノボや東芝を提訴@新華ニュース

7月29日付の情報によると、米マイク大手のAndrea Electronics社は雑音除去技術に関する4つの特許を侵害されたとして、ニューヨーク地裁にレノボ、東芝、エイサーを提訴した。

Andrea Electronics社は東芝グループ、東芝アメリカ社、東芝アメリカ情報システム社、聯想集団(レノボグループ)、聯想控股(レノボ・ホールディング・カンパニー)、Lenovo United States、宏碁(エイサー)、Acer Americanを相手取って訴訟を起こした。

Andrea社によると、上記3社が米国で発売したデスクトップパソコンとノートPCのマイクは、雑音除去に関する4つの特許を侵害するという。4つの特許の特許番号は米国特許庁に記録された6483923、5825898、6363345、6049607だった。Andrea社は東芝、レノボとエイサーに関連製品の販売停止と賠償金の支払いを請求する。

Us6483923

US6483923の代表図

まだ内容は読んでいません。

音響機器の会社なんですかね。最後の一噛みという気がしないでもありませんが。

和解金払って収めるのかな。

いくら払うのかな。興味深いな。

ノイズキャンセラーなんていくらでも裁判起こせる気がするが。

これは特許の有効活用というのでしょうか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

August 02, 2014

有機ELの新会社ですと?

ソニーやパナソニックなど4社、有機ELディスプレイ開発で統合新会社JOLED設立
(2014/7/31)


 産業革新機構(INCJ)とジャパンディスプレイ(JDI)、ソニー、パナソニックの4社は31日、有機ELディスプレイパネルの量産開発加速と早期事業化を目的とした、統合新会社JOLEDを設立すると発表した。ソニーとパナソニックが持つ有機ELディスプレイパネルの研究開発の機能を統合する形となり、2015年1月の発足を予定している。

 ソニーとパナソニックなどが持つ有機EL成膜技術、酸化物半導体技術、フレキシブルディスプレイ技術などのリソースを結集し、JDIが培ってきたディスプレイ技術と融合する事で、「有機ELディスプレイ分野におけるリーディングカンパニーとなることを目指す」という。ソニーとパナソニックは、有機ELディスプレイパネル事業に関する人員や資産(装置や関連特許含む)を、吸収分割により、JOLEDに承継させる会社分割を行なう。

 JOLEDの議決権は、INCJが75%、JDIが15%、ソニーとパナソニックが各5%ずつ保有する予定。開発に一定の目途が立った時点で、本格的な量産を見据えたパイロットラインを構築するため、INCJとJDIからの追加出資を含めた支援も予定されている。

ジャパンディスプレイってどっかとどっかの合弁会社でしょ。

産業革新機構って何?
http://www.incj.co.jp/
「“オープンイノベーション”の考え方に基づき、次世代の国富を担う産業を創出するため、」って怪しくないですか。

なんでちゃんとした会社作んないのかな。
いや、ちゃんとした会社だろ、という意見もありましょうが。

こんなことで有機ELうまく回るんですかいな?

国際競争力はあるんでしょうか。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« July 2014 | Main | September 2014 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31