無料ブログはココログ

« コンピューティングを自動車で語る | Main | 暗号性に優れたRFIDタグ »

September 07, 2014

発明は誰のものなのか

誤報も含めて話題になりましたので取り上げますかね。

特許庁、発明者「報奨」義務付けへ-特許法改正案に盛る
掲載日 2014年09月05日

 

経済産業省・特許庁は職務発明に関する特許の出願権を企業などに帰属させるに当たり、発明者が発明の報酬となる「報奨」の支払いを、所属する企業などに請求する権利を法令で認める方向で検討する。企業には発明を手がけた従業員に一定水準の報奨を支払う仕組みを、ルールとして整備するように法令で義務付ける。今後、報奨の水準について、妥当性をどう担保するかなどを専門家らの委員会で審議し、職務発明制度の見直しのため2015年の通常国会に提出する特許法改正案に盛り込む方針だ。

 特許出願権の帰属先を発明者本人でなく、発明者が所属する企業などに変えるための制度改正を具体化するに当たり、発明に対する報酬または奨励金に当たる報奨を発明者が請求する権利を法令で認め、研究開発に対する意欲が削がれる事態を避ける。雇用主である企業などには、一定水準の報奨を支払う仕組みを雇用契約などで定めるように義務付ける方針だ。

現在は従業員の発明はほぼ自動的に会社のものになっています(これ、言葉だいぶ省いてますからね)。出願した時と特許になったとき報奨金なるお小遣いが発明者に出ます。

お小遣いも会社やその発明の重要度によって異なります。
いくらか忘れたけど、青色ダイオードを発明した中村修二さんが1万とか2万とか言ってましたよね、まあ、大体の発明はそんなもんです。

中村さんは俺の発明は200億円の価値があると裁判を起こしたわけです。

そういう人がいるとおっかなくてメーカーは開発できないじゃないか、というわけで企業のものとしたいというのが経団連のご意見なわけです。

・第8回特許制度小委員会 配付資料

アマサイは現行職務発明がベストだと思いますがね。
対価が不服で裁判を起こす人なんかそんなにたくさんいるわけじゃないんですから。
企業側は随分弱気ですね。裁判起こすなら起こせ、くらいの態度どうして取れないのかね。

企業のガバナンスが低下したことを自ら認めることじゃないかな。

それより「俺様の発明を会社に使わせてやっているんだ、ガハハハハ」
という技術者が減ることの方がデメリットじゃないのかな。


いやいや、日本は科学技術立国にするんじゃないですかね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« コンピューティングを自動車で語る | Main | 暗号性に優れたRFIDタグ »

「知的財産」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/60278043

Listed below are links to weblogs that reference 発明は誰のものなのか:

« コンピューティングを自動車で語る | Main | 暗号性に優れたRFIDタグ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31