無料ブログはココログ

« ソフトウェアはなぜ著作権法で守られるか | Main | ジョブズ最後の発明か? »

September 20, 2014

ヘッドマウントディスプレイ

ソニーがメガネ型端末「SmartEyeglass」を開発、SDKを提供開始

 ソニーは、メガネ型のヘッドマウントディスプレー(HMD)「SmartEyeglass」を開発したと、2014年9月19日に発表した。同時に、多様なアプリケーションの開発を促すために、ソフトウエア開発キット(SDK)の提供を開始した。SmartEyeglassは両眼透過式のHMDである。スマートフォンと連携し、テキストや画像などの情報を視界に重ねて表示できる。 (中略)  「グラッソン」は、例えばマラソン大会に参加しているランナーに対して、通過時刻やタイム、通過時の順位、友人がTwitterに投稿した応援メッセージなどを表示する。また、日々のランニングでは、走行時間や走行距離、消費カロリーを表示できる。「いつもNAVI for SmartEyeglass」は、目的地まで、文字や画像によって案内してくれる。「Localive」は、SNSに投稿された情報を基に、自分がいる周りや指定した場所で起きている出来事を表示する。

 SmartEyeglassの開発試作品は、屋外でもテキストが読みやすいように、輝度1000cd/m2の明るさを確保した。表示は緑色単色の256階調である。明るさと低消費電力を両立するために、単色表示にしたとする。画素数は419×138。重量は、メガネ部が約77g、コントローラー部が約44g。メガネ部には、表示のための光学モジュール、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、カメラが搭載されている。また、コントローラー部には、マイク、電池、タッチセンサー、スピーカーがある。スマートフォンとの接続は、Blewtooth v3.0およびIEEE802.11b/g/n。

 表示のための光学モジュールは、光学エンジンと独自開発のホログラム導光板から成る。光学エンジンは、緑色LED光源とマイクロディスプレイ(液晶パネル)を中心に構成されており、プロジェクターのように機能する。光学エンジンからの光はホログラム導光板によって反射され、その光を目で見る。ホログラム導光板は光透過率が85%と高い。視野を遮るハーフミラーを使わないため、明るく視認性の高い表示を実現しやすいという。

特許公開はこれのようです。

●特開2014-143520
【発明の名称】ヘッドマウントディスプレイ、表示装置及び入力装置
【出願人】ソニー株式会社
【特許請求の範囲】
【請求項1】
ユーザに画像を提示することが可能に構成された表示部を有し、ユーザの頭部に装着可能に構成された本体と、
長手方向が第1の軸方向である操作子を有し、前記操作子に対する前記第1の軸方向に沿った第1の操作を静電的に検出し、前記操作子に対する前記第1の軸方向と直交する第2の軸方向に沿った第2の操作を検出することがそれぞれ可能であり、前記本体に配置された入力操作部と
を具備するヘッドマウントディスプレイ。
【請求項2】
請求項1に記載のヘッドマウントディスプレイであって、
前記入力操作部は、
前記第1の操作を静電的に検出する第1の検出素子と、
前記第2の操作を検出する第2の検出素子とをさらに有する
ヘッドマウントディスプレイ。
【請求項3】
請求項2に記載のヘッドマウントディスプレイであって、
前記操作子は、前記第1の軸方向に延在し前記第1の軸まわりに回転可能に構成される回転子を含み、
前記第1の検出素子は、前記回転子上に配置され、
前記第2の検出素子は、前記回転子の回転に基づいて前記第2の操作を検出する
ヘッドマウントディスプレイ。
【請求項4】
請求項2に記載のヘッドマウントディスプレイであって、
前記操作子は、歪み変形可能に構成され、
前記第2の検出素子は、前記操作子の歪みに基づいて前記第2の操作を検出する
ヘッドマウントディスプレイ。
【請求項5】
請求項4に記載のヘッドマウントディスプレイであって、
前記操作子は、弾性部材であり、
前記第1の検出素子は、前記弾性部材に配置され、
前記第2の検出素子は、前記弾性部材に配置され前記第2の軸方向に沿って配列された複数の歪みセンサを含む
ヘッドマウントディスプレイ。
【請求項6】
請求項4に記載のヘッドマウンディスプレイであって、
前記本体は、前記第1の検出素子が配置される操作領域をさらに有し、
前記操作子は、
前記操作領域に支持される第1の端部と、前記第2の軸方向に曲げ変形が可能な第2の端部とを有する梁部を含み、
前記第2の検出素子は、前記梁部の曲げ量に基づいて前記第2の操作を検出する
ヘッドマウントディスプレイ。
(後略)


Headclass01
Headclass02

こういうのは以前からありますが、製品は見たことがありません。
通販とかで売っているのかしら。
いくらするんでしょうね。
手頃な値段ならほしいな。

ソニーはこんな「おもちゃ」作ってる場合なのか?。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« ソフトウェアはなぜ著作権法で守られるか | Main | ジョブズ最後の発明か? »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/60345026

Listed below are links to weblogs that reference ヘッドマウントディスプレイ:

« ソフトウェアはなぜ著作権法で守られるか | Main | ジョブズ最後の発明か? »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31