無料ブログはココログ

« 唐沢寿明主演「イン・ザ・ヒーロー」 | Main | ノーベル物理学賞2014 »

October 06, 2014

G-SHOCK開発秘話

30年経った今だから話せる、初代G-SHOCK開発秘話――エンジニア・伊部菊雄さん

――ちょっと待ってください。G-SHOCKの発売って、83年の4月ですよね。

伊部 はい。"Gravity"のGを取って「G-SHOCK」という名前にすることと、発売時期(83年4月)については、この時点でほぼ決まっていました。「これで大丈夫」という確信がまだない状態だったけど、外堀は完全に埋まっていたんです。その状態で、(基本的な部分も決まらないままで)苦しんでいるということを周りに言えなかったんです。実はこの時点でも、何1つ上司に報告していなかったんですよね。ましてや「何にもできていないから、発売日を伸ばしてほしい」なんて言えるわけもなく……。

――よく予定通りのスケジュールで発売できましたね! 6月から1年以上実験していたということは、製品発売日の半年前になっても、まだ基本構造の部分が解決したかしていないかっていう状態だったということになりますが。

伊部 これはもう時効だから話せることですが……1つだけ今も日付けを覚えているのが、(82年の)最終出社日だった12月28日に、「これが最後の設計図面変更です」といって上司の承認をもらったんです。本来なら承認が出た図面は、会社(カシオ)から実際に組み立てをするメーカーさん(の工場)に回るんです。実は私は、承認だけもらって実際の変更をしていなかったんです。28日の時点で、まだ寸法が決め切れていなくて。最終出社日だから、この日までしか上司の承認が取れないし、もう年内は工場は稼働しないことも分かっている。発売日が決まっているから、変更するとしたらこれが最後のタイミングになる。なので、図面をコピーして家に持ち帰って、自宅で相当悩んで、(12月)31日にようやく寸法を決めて、その図面をメーカーさんに渡せたんです。メーカーさんは年明けから稼働するので28日にもらっても31日でも変わらないから……もちろんそんなこと、許されないですよ。でも、最後の最後に決めた方の寸法で正解だった。たしか、ベゼルの部品の変更だったと思います。

Gshock


80年代は世の中に熱と力があふれていたんですね。
今の時代にこんなインパクトのある発明ができるのかな。

腕時計を補強してひたすら3階から落とすってなんだか技術開発って地味だね。
(^_^;)

すごい人がひらめきですごい製品をつくるってないんだね。

見果てぬ夢を追い続けるってそういうもんなのかもしれない。

天才だけが時代を作るんじゃないってちょっと安心した。


Gショックの安い奴、一個買おうかな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« 唐沢寿明主演「イン・ザ・ヒーロー」 | Main | ノーベル物理学賞2014 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/60435372

Listed below are links to weblogs that reference G-SHOCK開発秘話:

« 唐沢寿明主演「イン・ザ・ヒーロー」 | Main | ノーベル物理学賞2014 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31