無料ブログはココログ

« G-SHOCK開発秘話 | Main | ノーベル化学賞 2014 »

October 07, 2014

ノーベル物理学賞2014

今日はノーベル物理学賞一色である。
ニュース番組がニュース番組の役割を成していない。
(アマサイはそもそも見てないけど)

ノーベル物理学賞に赤崎勇氏 天野浩氏 中村修二氏 10月7日 18時58分

ことしのノーベル物理学賞の受賞者に、青い光を放つLED=発光ダイオードの開発に成功し、フルカラーの大型画面の実現などさまざまな応用への道を開いた、名城大学教授の赤崎勇さんと、名古屋大学大学院教授の天野浩さん、カリフォルニア大学教授の中村修二さんの日本人研究者3人が選ばれました。

赤崎さんは鹿児島県出身の85歳。
京都大学を卒業後、当時の松下電器の研究所を経て、昭和56年に名古屋大学の教授になり、現在は、名古屋市にある名城大学の教授を務めています。
天野さんは静岡県出身の54歳。
名古屋大学を卒業したあと名城大学理工学部の教授を経て、平成22年から名古屋大学大学院の教授を務めています。
中村さんは愛媛県出身で60歳。
徳島大学大学院で半導体の研究を行ったあと、昭和54年に徳島県の化学メーカーに入社し、14年前からはカリフォルニア大学サンタバーバラ校で教授を務めています。
3人は、LEDの中でも製作が技術的に難しく、20世紀中の開発は無理とさえ言われた青色LEDの開発に取り組みました。
当時、結晶の素材としてほとんど見向きもされていなかった窒化ガリウムに注目し、赤崎さんと天野さんは昭和61年に、青い光を出すのに必要な高品質の「窒化ガリウム」の結晶化に世界で初めて成功しました。
さらに中村さんが平成5年、独自に開発した装置を使って、極めて明るい青色LEDの開発に世界で初めて成功し、世界中の研究者を驚かせました。
3人の成果によって赤・緑・青の光の3原色のLEDがすべてそろい、組み合わせによってあらゆる色が出せるようになりました。
このため、フルカラーのディスプレイなど、さまざまな分野でLEDの実用化の可能性を広げました。

受賞理由とかその背景とか受賞者の人となりは、その分野の人がいくらでも解説しているであろう。

ここはアマサイと一番縁の深い?中村修二氏がこのブログで初めて登場(っていうか?)記事を転載しよう。


http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2004/11/post_7.html

中村修二 に私は会ったことがある。 講演会でね(^^;)。 5年前くらいのEmbedded Technology:組込み総合技術展。 http://www.jasa.or.jp/et/ 技術系以外の人には何のことだかわかないであろう。 昔はマイコン・システム&ツールフェアと言っていたんである。 要するにマイコン、超小型コンピュータ技術の展示会なんである。 使用範囲が広がったんでこう呼ぶようになった。 情報処理試験も昔はこの分類のことをマイコン技術と読んでいたのだが、今はエンベデットシステムっていうんだなあ。

そこの無料カンファレンスに申し込んだら行けたんである。

そのころの私は前職場で鬱々とした生活送っていた。幸い自己啓発みたいな感じで技術展示会とかは勤務時間中にいくことが許されていた。中村氏の講演を聞きに行くとは言わなかったが。

彼の話の内容は、その前後に出版された著作やメディアのインタビューや記事と同じだ。
(bk1で調べたら中村センセの著作は10冊以上ありました)

電気屋さんだったのに化学会社に入った理由、青色ダイオードの誕生秘話、前社長のときは比較的自由だったが、現社長とは軋轢の連続だったこと、そして、米国大学に引き抜かれるまで。

私は感動した。仕事も経歴も全く違うが、一言でいえば、やればできる、ということを身をもって示した体験だからだ。技術者は海外を目指すべきだと言われても、私は純粋な意味の技術者ではないし、海外やっていける体力も知力もない。でも、自分も何かできるんじゃないか、そんな気にさせられるのである。そういう意味で彼は話もうまいのだろう。

鬱々とした生活に少しばかり元気を与えてくれた彼には今でも感謝しちゃってるのである。

今考えてみれば、その場にいた人、技術者だけではないだろう、みんなが何かを得て帰ったのではないだろうか。彼は20世紀最後の日本の偉人、スーパーサラリーマンなのである。

ってなことを組み込み展が始まると思い出しちまうのである

彼に対するアマサイの視点は今もこんな感じである。

ノーベル賞とっちゃったのはアマサイの中ではちょっと微妙な感触。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« G-SHOCK開発秘話 | Main | ノーベル化学賞 2014 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/60440517

Listed below are links to weblogs that reference ノーベル物理学賞2014:

« G-SHOCK開発秘話 | Main | ノーベル化学賞 2014 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30