無料ブログはココログ

« October 2014 | Main | December 2014 »

November 29, 2014

ビッグデータと機械学習

エンベッテドテクノロジー展、行きたかったなあ。

Pepperが大規模展開される理由はビッグデータによる「知性」の獲得~「Pepper」の狙いをソフトバンクロボティクス林要氏が「ET2014」で講演

すなわち2040年には知識を自動集積し、知恵を自動生成できる学習型コンピュータができるのではないかと考えられていた。だがその後、知識の自動集積はアルゴリズムの自動生成や知恵に近いものだと分かってきた、と林氏は最近の話題に触れた。

1997年にディープブルーはスーパーコンピュータでチェスチャンピオンに勝った。だが2013年には遥かに探索空間の大きい将棋において汎用PCで計算機がプロ棋士に勝つことができるようになった。計算能力はそこまで上がってないにも関わらずである。そのギャップを超えられた理由は過去の大量の譜面を使って学習したことにある。単に計算能力が上がるのを待っていただけでは勝てなかったギャップを学習で超えたのだ。大量のデータを使うと「知性らしくふるまう」ことができるのだ。機械学習は今や様々な局面で用いられており、精度がどんどん上がっている。

ビッグデータと機械学習

構造化されたデータがあるところから機械学習は伸びている。次に何が伸びるのかはデータ次第、どんなデータを集められるかにある、と林氏は語った。

いま、購買データや行動データは取れるようになってきた。だが人のコミュニケーションのデータはあまり取れておらず、人のことを分かっている人工知能はまだない。故にPepperは、人と共存することで人のことが分かっていくようになるためのプラットフォームだという。だから大規模展開する必要がある。

人は少ない情報から学習・予測が可能だが、機械学習は大量の情報を必要とする。だが、安定して未来を予測することができる。いっぽう進化を経て学習・予測能力を獲得した生物の場合は、変化に強く、少量の情報で予測を行うことができる。

やはり時代は機械学習ですかね。
アマサイもその当たりを研究ターゲットにしようとしているのですが。

家庭にあるパソコンでもうまくいくかなあ。


研究テーマは○○なのですが、まだ確定してません。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 25, 2014

データサイエンティスト

ビッグデータ時代の迷える仔羊アマサイです。

データサイエンティストって何なのさ。

2015年のデータサイエンティスト像

 私なりの意見を言わせていただければ、専門職としてのデータサイエンティストはより上流の工程を担う形でしぶとく生き残る、と予測している。データ分析の大衆化や機械学習の進歩で、「データ分析要員の不足」というボトルネックは解消する。一方で、ビッグデータの利用に伴うセキュリティやプライバシー保護の問題が、新たなボトルネックとして浮上しており、この点を解決できる人材が求められているためだ。

 こうした次世代型のデータサイエンティストには、先に挙げた5つのスキルに加え、新たなスキルセットが求められる。セキュリティ、プライバシー保護の双方に精通し、全社員が気兼ねなく使えるデータ収集・分析基盤を設計できることだ。

 まずセキュリティの視点からは、データの漏洩を防ぐことと、社員がデータを自由に利活用する、という2つの矛盾した要件をうまく両立させたシステムの設計力が求められる。

 2014年7月に逮捕されたベネッセ情報漏洩事件の容疑者は、事業会社のマーケティング部門の要望に応じて、顧客DBからデータマート(分析用に切り出したデータのサブセット)を手動で作成する業務を手がけていた。顧客DBと事業部門の「接点」に容疑者がいて、そこがセキュリティの穴になった形だ。

 仮に、ベネッセが個人情報をマスクしながら顧客DBを自在に分析できるITツールを用意できていれば、そもそも事件は起こらなかった可能性がある。

 プライバシー保護の視点からは、データの収集や分析が予期せぬプライバシー侵害を起こさないよう、システムの設計段階から配慮する必要がある。世界共通のデータプライバシー保護原則である「プライバシー・バイ・デザイン」を、具現化する技術力が問われる。


記事を読んでみても、結局データサイエンティストがどういうものかわかりませんでした。

情報漏えい事件をデータサイエンティストが関係ないとまでは言いませんが、そりゃ、情報セキュリティの専門家ということではないでしょうか。

統計学を駆使して何か結果をだせば、それは即ち、、、ということなんじゃないかな。

あるいはSEに何かプラスαでまとまる気もします。

データサイエンティストという言葉だけが踊って結局何もないんじゃないかな。


ビックデータを解析する部門に居る人と言えば定義は簡単。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 23, 2014

映画『紙の月』

『紙の月』を見てきました。

http://www.kaminotsuki.jp/index.html

Kaminotuki

1994年。梅澤梨花(宮沢りえ)は、子どもには恵まれなかったものの夫(田辺誠一)と穏やかな日々を送っている。契約社員として勤務する「わかば銀行」でも、丁寧な仕事ぶりで上司の井上(近藤芳正)からも高評価。支店では、厳格なベテラン事務員の隅より子(小林聡美)や、まだ若くちゃっかり者の窓口係・相川恵子(大島優子)ら、様々な女性たちが梨花と共に働いている。だが一見、何不自由のない生活を送っている梨花であったが、自分への関心が薄く鈍感なところのある夫との間には空虚感が漂い始めていた。ある夜、梨花の顧客で裕福な独居老人の平林(石橋蓮司)の家で一度顔を合わせたことのある孫の光太(池松壮亮)と再会した梨花は、何かに導かれるように大学生の彼との逢瀬を重ねるようになる。(中略)学費のために借金をしているという光太に梨花は「顧客からの定期の申し込みがキャンセルになった」と200万を渡す。さらに顧客から預かった300万を自分の通帳に入れ、自宅で定期預金証書や支店印のコピーを偽造する……。やがて横領する額は日増しにエスカレートしていくのだった。


半年前の原田知世主演の同原作テレビドラマをやっていました。
梨花がだんだんと壊れていく様が恐ろしかったです。

映画にすると、梨花がなぜ光太にのめり込んでいったのかが薄い気がします。
ドラマの満島くんの方がかっこよかったし。
梨花の二人の同級生との関係をばっさり切って登場させなかったのは仕方のないことだったかな。
その代り、同僚の大島優子と小林聡美を出したので梨花の人間像がくっきりと描かれていました。

映画では事件が明るみに出て詰問されるとこまでやっていたので、テレビドラマのような不燃焼感はありませんでしたね。

学生のとき、恵まれない子供に寄付したエピソードが伏線として活きていたのは良い感じ。

「紙の月」というタイトルは角田光代の思い入れがあったはずですが、宮沢りえと小林聡美の言葉で解説されていたのは残念な気がします。なんというかなあ、作品全体から醸し出されて視聴者がそれぞれの紙の月を思うような、そういう形がいいのではないのかな。

男に貢いで女子銀行員が横領、最近は聞きませんが古くからある事件を現代的にアレンジされてよい作品だったと思います。

しかし、劇中で、1994年、1995年と表示されるのは何の意味があったのか、バブル崩壊後だと示すことに重要性があったのか、少々疑問を感じました。

まあ、噂にたがわず面白い映画でした。


原作が文庫になったので読み始めています。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 17, 2014

次世代自動認識

物体に照射した光からスマホでID情報を取得、富士通研究所が開発
2014/11/17

 富士通研究所は、ID情報を埋め込んだ光を物体に照射し、スマートフォンのカメラで物体を撮影すると、ID情報を読み取れるようになる技術を開発した。店舗内の商品の情報配信や、展示物のガイド、歴史的建造物の説明といった用途に向けて、2015年度の実用化を目指している。

 LED照明から発する光の色を、人の目に見えないレベルで変化させてID情報を付加している。30フレーム/秒程度のスマートフォンのカメラでも情報を読み取れるように色を変化させている。2~3秒間、動画を撮影してID情報を読み取る。通信速度は10ビット/秒である。これまでの可視光通信では、高速で光を点滅させてデータを送信していたため、スマートフォンに搭載のカメラには対応していなかった。

 ID情報を埋め込んだ光は、物体で反射してスマートフォンのカメラに到達する。物体に光の一部が吸収された場合でも対応できるように、スマートフォンで補正処理を実施した後に、ID情報を復元する。完全に黒い物体(完全黒体)ではない限り、黒い紙などに反射した光からでもID情報を読み取れるとする。

Kw20141117fuji02

これはバーコードやICカードなどと同様、自動認識の技術ですね。

なかなか興味深いです。

それこそ商品管理や展示場の案内説明などに使えますね。

QRコードをしのぐ、シンボル技術になればいいですね。

自動認識はお手軽なのが一番です。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 15, 2014

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星にて

 史上初の快挙、フィラエが彗星表面に着陸

13日(日本時間)に探査機「ロゼッタ」から投下され、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P)の地表に到達した着陸機「フィラエ」から、着地点周辺の景色を写した初の画像が届いた。360度のパノラマ画像から、フィラエの現在地の周囲は平坦ではなく凹凸の多い環境であることがうかがえる。  フィラエは最初のタッチダウンを果たした後に大きくバウンドし、およそ2時間後に小さなバウンドをともなって再着地したことがデータ分析からわかっている。最初の着陸地から約1kmほどずれた位置にあり、周囲を撮影した画像からはクレーターの縁にいる可能性が高いと推測されるが、正確な現在地は不明だ。日陰が多く日照時間が想定より短くなるため、太陽電池で動くフィラエの活動への影響が懸念される。また、3本の脚のうち1本が宙に浮いた不安定な体勢ともみられている。

Comet141114

一般ニュースにも結構載ってましたね。

太陽電池で動くなんて、なんか風頼りのヨットみたいですね。

効率的な太陽電池が開発されたからできることなんでしょうね。

これからの活躍に期待したいです。


案外鮮明な画像が取れるもんですね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 11, 2014

テラヘルツカメラ

NECがテラヘルツカメラを高解像に、「テラヘルツギャップ」にも対応
日経エレクトロニクス 2014/11/11

 NECは2014年11月11日、周波数が1THz前後の電磁波(テラヘルツ波)で映像を撮影できるテラヘルツカメラの解像度を4倍に高め、しかも感度を従来の10倍に高めた製品を開発したと発表した。  テラヘルツ波を用いた天文学、食品検査や各種の非破壊検査、違法物検知、医療や創薬などに向けた撮影性能が大きく高まったとする。既に受注活動は始めている。  テラヘルツ波は、波長が0.3mm前後で、赤外線とミリ波の中間的な性質を備える。この電磁波を用いると、薄い紙などは透過し、封筒を開封せずに中身を調べることができる。1THz前後の波は、各種の分子と共鳴しやすいため、材料解析などにも利用できる。錠剤中の薬剤の分布なども検査可能である。  NECは以前から、室温で動作するテラヘルツカメラを開発し、販売していた。従来のカメラは解像度が320×240画素で、3THz前後の周波数で感度が最大になるように設計していた。  今回は、解像度を640×480画素と4倍に高めた。しかも、0.5T~0.6THzという比較的長波長のテラヘルツ波の感度を、従来の10倍以上に高めた。この周波数帯のテラヘルツ波は、「テラヘルツギャップ」と呼ばれ、対応する送受信デバイスが少なかった。

Terahz_necz2

新しいテラヘルツカメラの画素構造。SiNから成る誘電体層によって、光学的距離が長くなり、より長波長のテラヘルツ波の感度が高まった。

テラヘルツって何?と思ったら天文に使うやつなんですね。

でも非破壊検査にも使うんですね。

中身を透視すると。それだったら応用範囲が広そうです。

広義のカメラは日本のお家芸ですからがんばってほしいですね。

技術ニュースを見ていると仕事にも役立ちます。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 09, 2014

映画『柘榴坂の仇討』

先月「柘榴坂の仇討」を観てきました。
http://zakurozaka.com/

Zakurozaka


井伊直弼に仕える志村金吾。あの雪の降る桜田門外に警護にあたります。防寒の重い合羽を羽織り、刀の鞘にもカバー(?)をつけます。先頭を率いる金吾の元に直訴状を持つ侍が現れます。その訴状を受け取る金吾。その隙に水戸脱藩者たち十数名が井伊の行列を襲います。金吾は訴状の者を追います。その間に警護の者、井伊も惨殺されます。生き残ったのは、金吾のみ。金吾は捕えられていない暗殺者の首を取れと命じられます。それから金吾の長い旅が始まります。

井伊直弼を演じた中村吉衛門が物語に重厚感をもたらしています。
幕末から明治にかけて末端の武士たちがどう生きたか、これを見るまではほとんど知らずにいました。新政府の警察関係にうまく就職できた人もいたみたいですが、大部分は今のリストにあったサラリーマンと変わらないわけですね。昔はハローワークもないし。

今の世の中に通じる部分が多々ありました。

武士の忠義とは違うけれど、新しい世の中に馴染まないで苦しんでいる人は多いでしょうね。皆、理不尽さを噛みしめて生きている。

終盤、金吾と敵の十兵衛が出会う柘榴坂の場面は手に汗握ります。そして互いに思いを語り、生きることを選びます。

他の時代劇とは一味違っていました。浅田次郎の原作のものはおもしろいですね。


阿部ちゃんがかっこよかったのは言うまでもありません。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 07, 2014

小型深宇宙探査機「PROCYON」

東大とJAXA、11月30日打ち上げの小型深宇宙探査機「PROCYON」の機体を公開富岡 恒憲=日経テクノロジーオンライン2014/11/05

 東京大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、北海道大学、東京理科大学、明星大学、立教大学などと共同で開発した約63×55×55cmと小型の深宇宙探査機「PROCYON」の機体を公開した。同探査機は、2014年11月30日に小惑星探査機「はやぶさ2」を打ち上げる予定の液体燃料ロケット「H-IIA」に相乗りという形で搭載される3基の小型ペイロードのうちの1つ。地上局との通信や軌道決定、軌道制御といった機能を有する世界で初めての50kg級深宇宙探査機だ。 (中略)

 東大によれば、PROCYONの開発がスタートしたのは2013年9月のこと。それから、わずか1年ちょっとで開発した。これほどまでの超短期開発が可能となったのは、ほどよしプロジェクトのリソースを有効活用したからだ。ほどよしプロジェクトの開発機器を活用して新規開発を必要最小限に抑えたり、ほどよしプロジェクトの開発環境を利用したりすることで、スケジュール超過のリスクを減らしたのだ。

 例えば、新規開発は、深宇宙用の超小型X帯(アップリンク7.1GHz、ダウンリンク8.4GHz)通信系、イオンエンジン・コールドガスジェット統合推進系、小惑星の撮影に使う望遠鏡などの撮像システム、水素大気の分布を観測するためのジオコロナ観測装置(LAICA)など一部に限定。一方で、搭載計算機、電源系、姿勢・軌道制御系、および通信系の一部は、主にほどよしの開発機器を利用したという。PROCYONの開発費は、約1年で約5億円としている。

Tansaki_fig2_500

信州大学?もこんなことやっていたような。
有人飛行じゃなくても宇宙開発はできるよね。
でも、4つの大学と連携って簡単じゃないような。
うん?でも研究者がJAXAに行けばいいだけか。

今後の活躍を期待しています。

こういう小型装置って日本人得意だよね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 06, 2014

万能細胞とシリコンの関係

幹細胞は次代のシリコンだ
木下 喜夫氏 東京エレクトロン コーポレート次世代戦略企画室 室長大下 淳
2014/11/06

 半導体製造装置で世界大手の東京エレクトロンは2014年10月初旬、英国のオープンイノベーション拠点であるStevenage BioScience Catalyst(SBC)に「幹細胞テクノロジーセンター(STC:Stem Cell Technology Center)」を設立した。産官学連携を通じ、臨床レベルの細胞品質を実現する幹細胞の自動培養・検査技術を開発し、その標準化を目指すという。同社は2012年9月から、先端医療振興財団(神戸市)と共同で幹細胞の自動培養・検査技術に関する研究に着手しており、STCではその取り組みを発展させる。 (中略)

――再生医療にオープンイノベーションをもたらし、コスト低減につなげる。それによって東京エレクトロンの本業である設備産業を生み出す、というシナリオですね。

 半導体業界に身を置く我々にとって、オープンイノベーションは慣れ親しんだ方法です。そしてその経験から、イノベーションを生み出すにはエコシステムの構築が重要だということを学んできた。

 半導体業界では、エコシステムというのはいわば当たり前の仕組みです。半導体製造に使う装置や材料、プロセスについては、SEMI(国際半導体製造装置材料協会)がさまざまな基準(スタンダード)を定めている。出発材料であるSiウエハーについても、その仕様や品質基準が厳格に決まっています。つまり、how to makeの基礎となる部分を業界全体で標準化し、オープンにしている。半導体では米国SEMATECHなどのコンソーシアム活動も活発ですが、実業では競争相手となるプレーヤーが集まり、how to makeのオープン化を推し進めているわけです。

 ところがこうしたやり方は、他の業界では決して当たり前ではありません。例えば、メガファーマ(大手製薬会社)が何社も集まってオープンイノベーション拠点を作るということは、ちょっと考えられないですよね。そもそも、再生医療は既存の医薬品ベースの医療を置き換えていくポテンシャルを秘めており、製薬会社にとっては現在のビジネスを危険にさらす存在でもあるわけです。

 半導体業界が培ってきたイノベーティブなアプローチを、我々が先頭に立って細胞医療分野に広めていく。これが今回のプロジェクトの狙いです。ES細胞やiPS細胞などの幹細胞は、分化してさまざまな組織に育っていく出発材料ですよね。半導体でいえばSiウエハーに当たる。そうした基幹材料の標準化に取り組めるチャンスは、めったにあるものではないでしょう。

アマサイも半導体製造はライフサイエンスに活きると思っていたであるよ!

とっくに実践されていると思っておったのに、まだ成功した例はあまりないのですね。

そのまま応用できるというわけでなく、かなり集中してやらねばいけませんね。

成功するとブレークスル―になるはずなのでがむばってほしいです。


本業の半導体産業も復興してほしいです。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 05, 2014

アマサイブログ10周年

忘却の彼方になっていましたが、アマチュアサイエンティストブログも十年を越えたようです。2004年の10月になにげに始めようと思ったのでした。
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2004/10/index.html

ブログの方針とかどういう内容にするとか全く考えずに始めました。リアル友達に「ブログを始めたよ」と言っただけでキーワードで上位ヒットさせようとかも考えていなかったですね。人気ブログランキングに登録したのは大きかったです。それでいろんな人がみてくれるようになりました。それでオフ会とかしてネットを通した友達が徐々に増えていきました。今はTwitterメインのようになってしまいましたが、そのTwitterもブログを見ていてくれた人が
フォローしてくれて今の形態になりました。コンピュータネットワークを活用している部類に入るでしょう。

今も昔もつまんないことしか書いていないですが、もうブログを書かない生活なんて考えられません。

だって、このブログは私がほしい情報が満載なのですからhappy01

あと十年続けるかどうかわかりませんが(てか、それまでサービスを続けられるのか、ココログ)、これからもどうぞご贔屓に。

掲示板もありますので是非ご利用ください。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 03, 2014

有機ELスクリーンでパノラマビュー

近未来の航空機、窓の代わりに有機ELスクリーンでパノラマビューに?
日経エレクトロニクス2014/10/31

フレキシブルエレクトロニクス関連の製造技術を開発する英Centre for Process Innovation (CPI)は、フレキシブルで大面積の有機ELスクリーン技術を複数のメーカーと共同で開発していることを明らかにした。旅客用航空機の床以外の内壁全面に同スクリーンを壁紙のように貼り、窓の代わりに外部の映像を映す想定だ。

 CPI社によれば、旅客機の窓をなくすことで、強度を保ちながら、あるいは強度を高めながら機体をより薄く、軽くできるとする。その結果として、燃料を大幅に低減できるという。

 窓をなくすことで乗客に閉塞感を与えないようにするため、CPI社は旅客機の内装に大面積の有機ELスクリーンを貼り、そこに飛行中の外部の景色やさまざまな情報を映し出すことを想定している。CPI社が公開したイメージビデオでは、あたかも、壁のない飛行機に乗っているかのような体験ができるとアピールしている。映像の代わりに白色光を点けることで照明代わりにもなるとする。

 CPI社などが開発している有機ELスクリーンは、輝度は100cd/m2でやや暗い。一方、映像の解像度は150dpiで、2万時間の寿命を見込んでいる。現在、ロール・ツー・ロールによる量産技術を開発中で、「向こう約5年で本格的な量産が可能になる見通し」(同社)という。

141031cpip1s

これが出来たら旅客機の概念が大きく変わりますね。

こんなこと実現化できるんでしょうか。

自動車が空中を走るより画期的のように思います。

有機ELパネル市場のクリティカルポイントになると思います。

ディスプレイパネルの進歩は私たちの生活を大きく変化させます。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

November 02, 2014

世界初の特許使用権取引所

米で「特許上場」広がる カード決済や無線LAN
2014/10/25 14:00 日本経済新聞

 【シカゴ=野毛洋子】世界初の特許使用権取引所、国際知的財産取引所(IPXI、本社シカゴ)が事業拡大に動いている。7月に上場したデビットカード関連に続き、無線LAN事業に必要な複数の特許の使用権を一括上場する見通し。日本への進出も検討している。市場取引を通じて特許使用料の透明性や「流動性」の向上が見込め、特許を活用した技術革新を後押ししそうだ。

 IPXIは7月に第1弾としてJPモルガン・チェースが保有するデビットカード関連特許の使用権を上場した。約20件の特許をパッケージにしたもので、上場時にカード47万枚分の使用権が2万3500ドル(約250万円)で売買された。米国では金融危機後、原則として預金残高の範囲で利用できるデビットカードが買い物の決済などでよく使われている。

 現在、無線LAN関連特許が上場候補に挙がっている。上場時期は年明け以降となる公算が大きい。

 ソニー、三菱電機の米国研究所、JVCケンウッド、オランダ電機大手のフィリップス、コロンビア大学など8団体が約200の必須特許を提供し、IPXIがパッケージを組成する。関心を持つ企業や投資家に対して需要を調査し、上場価格を決める。

 上場後は、IPXIの会員企業や投資家は、市場でつく価格をもとに使用権をまとめて売買できる。企業が特許を使った製品やサービスを展開できるほか、投資家は特許の売買で運用益を得ることもできる。

Nnikkei141025ipxi


特許権が証券化するという理解でいいですかね。

これで上場すれば、特許を取るモチベーションも上がるように思います。

これで中小企業が入る余地があればいいと思います。


大企業はなんとかやっていけるはずなので、中小企業のことを第一にしてほしいですな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« October 2014 | Main | December 2014 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30