無料ブログはココログ

« 機械学習の大切さ | Main | トヨタ特許開放 »

January 08, 2015

曲がるあいぽん

「曲がるiPhone」を実現する技術の特許をAppleが取得

現地時間の2015年1月6日にAppleが「Flexible electronic devices(自由に曲げられる電子機器)」の特許を取得しました。ディスプレイやケースだけでなく、内部パーツまで曲げられるという、かなり画期的な内容になっています。

Apple wins extensive patent for foldable, flexible iPhone with force gesture controls

米国特許商標庁のデータベースによると、Appleが取得した特許には「ディスプレイやハウジングおよび内部パーツが柔軟であり変形可能」という内容が含まれており、デバイスの外側だけでなく、バッテリーや基板まで曲がるという内容になっていました。Appleはこれまでにも曲がるディスプレイやハウジングなどの特許を取得していましたが、とうとう内部パーツを含む全てを統合した「曲がるデバイス」の特許を取ったというわけです。

もし曲がるiPhoneがリリースされるとなると、柔軟なOLEDディスプレイが使われたり、ケースがアルミニウムではなくプラスチックやファイバー素材が使われたりと現在と仕様が全く異なったものになるはず。一般的に考えるとプラスチックやシリコンでケースが作られた場合は内部のパーツをネジやはんだ付けで強く固定することが難しくなりますが、ネジやはんだ付けなど従来の技術を使いつつも柔軟さを保つシャシーがあれば、曲がるiPhoneを実現できるとも考えられます。

特許内容によると、柔軟な基板の中にもCPUなど重要なパーツを保護するための固い部分は存在するようです。

また「曲がるiPhone」であれば、今までになかった新しいユーザー・インターフェースを開発することも可能。例えばiPhoneに力センサーを搭載し、本体をギュッと握ることで電源をオンにしたりアプリを起動する、ということもできるようになります。

さらに、以下の図で示されるように、デバイスは財布のように折りたたむことも想定されています。1990年代に曲げたり伸ばしたりができるバンド「スラップ・ブレスレット」が流行しましたが、Appleは当初、折り曲げられるデバイスの技術をスラップ・ブレスレットのような時計タイプのデバイスとして適用する予定だったとのこと。

114844384150106flexiblel


ペーパーディスプレイがいつになったら汎用化するのか、アマサイも気にしています。

ここ3年くらいディスプレイ展示会は行っていないのですが、実機はもう普通に展示してあるのでしょうか。

特許は以前から出ているので早く安価に売り出してほしいものです。

曲がるiPhoneなんて買ってやらないけどな。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。


« 機械学習の大切さ | Main | トヨタ特許開放 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/60940906

Listed below are links to weblogs that reference 曲がるあいぽん:

« 機械学習の大切さ | Main | トヨタ特許開放 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30