無料ブログはココログ

« ノンアルコール、ジュースと違うの? | Main | 音と色の商標 »

March 23, 2015

曲がるスマホ

3月はなかなか忙しくて更新できません。

もう多くの人が取り上げ、次のステージに入っている気がしますが。

サムスン、「折り曲げ可能な端末」の特許を正式に取得公開日 : 2015年3月14日

Android Authorityは13日(現地時間)、韓国サムスンによって出願されていた ”折り曲げ可能(bendable)な” ディスプレイに関する特許が、米国特許商標局(USPTO)によって、今月上旬に正式に認可されていたことが判明したと伝えています。

Sumgsum_phone

上図は、今回USPTOによって公開された当該特許の図。これを見る限りでは、この特許はフレキシブルディスプレイではなく ”端末を折り曲げることを可能にする特殊なフレーム構造” に主眼が置かれている模様です。

小さなブロック状に分かれたサイドフレームをいくつも連結させることで、端末に高い柔軟性を与えることを狙っているようですが、バッテリーに関してはどのような工夫が施されているかが気になるところ。単純に折り曲げ可能なタイプのものを採用しているのか、それともフレーム同様にいくつかのブロック状に分割させているのでしょうか。

なお、凸方向にも凹方向にも大きく折り曲げることが可能になったことで、これまで以上に高い耐久性を獲得しているため、おそらくこの特許の技術はトレーニングや過酷な使用環境向けのデバイスに実装されることになるものと思われます。

先日には、サムスンから2015年中にも「折り畳み可能(foldable)」なディスプレイが市場投入されるとの噂も伝えられていましたが(過去記事)、特許を取得した技術が必ず製品化されるという訳ではないので、あまり期待し過ぎないでいた方が賢明かもしれません。


ここまでしてスマホあるいはタブレットを折り曲げ式にする必要があるんでしょうか。

競合他社に対抗するための特許でしか、ないと思います。

アップルだったらこんな不細工なデザイン絶対出さないよね。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« ノンアルコール、ジュースと違うの? | Main | 音と色の商標 »

「知的財産」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/61326228

Listed below are links to weblogs that reference 曲がるスマホ:

« ノンアルコール、ジュースと違うの? | Main | 音と色の商標 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31