無料ブログはココログ

« 第35回 2015 年猿橋賞受賞者 鳥居啓子 | Main | 教養こそ大学の使命 »

June 24, 2015

量子ドットカラーディスプレイ、仁義無き戦い?

量子ドットカラーディスプレイならばアマサイブログで記事にしていたではないか。
なんと便利なアマサイブログ!(自画自賛w
http://page-only-one.cocolog-nifty.com/imotora7/2013/05/post-cfc7.html

量子ドットが巻き起こす色域拡大競争

 (1)の量子ドット材料に関するセッションでは、量子ロッドと呼ばれる棒状の材料についてドイツMerck社とイスラエルQlight Nanotech社が発表した。両社は、高い色純度をアピールするだけでなく、偏光光を発光させることで新たな機能を持たせられる可能性を示した。

 (2)のフォトルミネッセンス量子ドットは、液晶ディスプレーに応用されているモードである。量子ドット材料メーカーのトップ3社である英Nanoco社、米QD Vision社および米Nanosys社(米3M社と共著)が、それぞれの材料の特徴と液晶ディスプレーへの応用について発表した。このセッションでの論点は、Cdに対する是非である。Cdフリーを推進するNanoco社に対して、Cdを使っている他の2社は「Cdを使う利点」と「Cdを含む量子ドット材料の安全性」を強調した。Cdを使うことで、より優れた色域や電力効率が得られることをアピール。また、Cdは安全規制範囲内の微量であり、製造時に慎重な取り扱いをしていることから、安全性は確保できているとした。

 (3)のエレクトロルミネッセンス量子ドットは、有機ELを使わずに、印刷法で自発光デバイスを作製できるという期待が持たれている。課題は材料の発光効率だが、その改善が着実に進んでいる状況を、各講演者が報告した。さらに、ディスプレーの表示カラーに関する他のセッションやポスターセッションでも、量子ドットに関わる数件の内容があった。

世の中で期待されている新技術(例えば、酸化物半導体TFT)に対して、既存技術でも十分に競争力を持つ製品が実現できることを示したことは、新技術の開発と事業化の議論に一石を投じるものである。期待を集める量子ドットという新技術の導入においても、実績ある従来技術で着実に改善を図っていく勢力との競い合いが、今後しばらくは続いていくことを示唆している。

P1

図1 Nanosys社がCd材料の有無による性能差を比較展示

左は従来の白色LED、中央は同社の量子ドット、右は同社が開発中のCdフリーの量子ドットを用いた液晶テレビの画質比較。中央はRec.ITU-R BT.2020比で90%の色域が得られるのに対して、左は60%以下にとどまる。右のCdフリーは、電力効率が低下することに加えて色域も75%程度であり、まだ十分な性能が得られていない。


実用化はまだ先なのかな。これ以上画面の色域が広がってどうすんじゃい。
と思うアマサイであった。

またディスプレイの特許出したいなあ。人気blogランキング・自然科学にぷちっとな【押す】。ご意見ご要望は新掲示板にお書き込みください。家主が確認の上、公開いたします。

« 第35回 2015 年猿橋賞受賞者 鳥居啓子 | Main | 教養こそ大学の使命 »

「自然科学・工学」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61116/61788054

Listed below are links to weblogs that reference 量子ドットカラーディスプレイ、仁義無き戦い?:

« 第35回 2015 年猿橋賞受賞者 鳥居啓子 | Main | 教養こそ大学の使命 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

更新情報

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31